近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
今月は最後まで酷い月だった。不注意にひいた夏風邪をこじらせ、気管支炎になってしまった。夜になると激しく咳が出て、寝ることすらままならない。喘息の人のつらさがちょっとわかったな。

トム・クルーズがシュタウフェンベルクを演じる「Valkyrie」という映画が現在撮影されている。この前、そのトム・クルーズのドイツ国内での撮影を認めるかどうかで一悶着あったようだが、結局どうなったんだろう。しかし彼がカルト信者かどうかは置いておいても、アメリカ人がドイツ国防軍将校をやるというのは、日本人から見ても変な気分がする。
ところでベックやヴィッツレーベンやスパイデルやカナリスは誰が演じるんだろう?ちょっと検索してみたけどよくわからん。出てこないということは無いだろうね?ちなみにトレスコウはケネス・ブラナーがやるらしい。

val1_910.jpg


8月1日追記
フェルギーベル大将はEddie Izzardという人がやるらしい。
シュタウフェンベルクはパニくったフロムに銃殺されるわけだけど、それは幸運なことだったのかも知れないね。裁判にかけられたヴィッツレーベンたちは、ピアノ線で吊り上げるという滅茶苦茶残忍なやり方で処刑されたのだから。



もう一つ映画について。迂遠なことに、今日はじめて知ったのだけども、岡田資中将を主人公にした映画が撮られているとのことだ。「明日への遺言」というタイトルで、藤田まことが岡田将軍を演じる。岡田将軍といえば、罪を一身に背負って”法戦”を戦い、巣鴨で一番立派な人物だと笹川良一に言わしめた人であり、一方熱心な法華信者で、処刑される直前まで、勧誘活動に精を出していたという。遺著の『毒箭』を読んでも相当強烈な人物である。T條とかは全然思い入れが無いので、どうでも良かったが、岡田将軍は好きな将軍の一人なので、嬉しさよりも不安が先に立ちます。




録画したのを改めて見ながら書いてます。
遂にゴリさんも伊庭三尉も殉職とあいなりましたなあ。平蔵はレゴラスと化してるし。
冷静になってみると、相当無理のあるシナリオに思えるのですが、何となく許せてしまうのは、これまでの積み重ねのお陰でせうか。ああ、それにしてもこの番組見てると、真田主人公の大河が見たくなる。昔やったらしいけど、もう一回やってもいいんでないの?
しかし晴信様は今後ずっとあんなしゃべり方なんでしょうか?さすがに少々疲れるんですが。
大河ドラマを欠かさず見るのは、それこそ小学校低学年のころの中井「武田信玄」以来ではないか。原作引っ張り出して読んでるけど、いきなり青木大膳登場でワロタ。そうか、先週分から原作に沿う形となったわけか。春日弾正忠の初登場の仕方には驚いたが、この人、四名臣のなかでは断然重要な役柄だし、これからも色々ありそう。後は諏訪の姫役が化けてくれることを祈るのみだな。個人的には、勘助の真似をして後を付いて歩き、勘助に嫌われる義信が見たい。
って泣きようもないですわ。公開されて無いんだもの。
Letters from Iwo Jimaを上演してるのは5箇所だけだそうだ。
全米で5箇所だけというのも逆に凄いような気が。
IMDbのボード読んでるけど結構面白い。
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/board/nest/61899688
アメリカ版ネット右翼みたいなのが、日本兵美化すんなやと叫んでる。アメリカのネトウヨと日本の進歩派というのは相性良いんだろうか?
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/board/nest/39731624
ここでは自称日本通が日本の犯罪を論ってる。アイヌとか持ち出すあたり面白すぎ。自分と違う意見をファシスト、レイシスト呼ばわりし、日本人の多くは自分の意見と同じだとか言うあたり、悲しいがまさに日本通外人の一典型であるなあ。

しかし我が身を振り返るとどうだろう。日本軍にもかつて支那通と呼ばれる人々がいた。しかし彼等の多くは支那人を蔑視し、時には、これを善導すると称して、彼等の政治に容喙した。支那人からすれば良い気がするはずはない。付き合いというのは難しいけど、自分がされて不快なことはしないが良い。他山の石、他山の石。

こっから本題。”硫黄島からの手紙”ネタバレあり。


しまったなあ。光秀のドラマ今日だったのか。
実は私は戦国武将では光秀が一番好きなんだよなあ。
しかし唐沢寿明と長澤まさみが夫婦というのはちょっとセンセ、どうなの。てっきり玉子だと思ってたよ。

なんだ?終わっちまったよ。左馬之助の湖水渡りは無しか?

春日の局の親父は出た?

しかし光秀一党は実にエピソード豊富。山内一豊みたいに無理しなくても良い。大河ドラマにぴったりでっせ、NHKさん。原作は是非三浦綾子「細川ガラシヤ夫人」でお願い。夫婦もの大好きでしょ。「国盗り物語」も良いけど、あれは昔やってるみたいなんでね。光秀が死んで終わりか、玉子が死んで終わりかで、どっちにしてもバッドエンドに変わりは無いが、別にバッドエンドな大河でも良いじゃねえか!まあ天海という奥の手もあるけど。今年玉子演じたのは長谷川京子でしたよね。実は2年?前の正月ドラマ、向田邦子の「冬の運動会」以来好きなんで、も一回彼女でも良いよ。光秀役で印象深いのは村上弘明かなあ。

話は今年の大河に移る。井上靖はすごい好きな小説家なので、「風林火山」は楽しみなんだけど、勘助が男前では話が根本からワヤクチャではないかと思うんだがのう。でも初めて嵌った大河が藤原正彦氏の親父殿原作の「武田信玄」だっただけに、あれ以来の武田家メインの大河はワクワクするね。やっぱりガキの頃に受けた印象というのは不滅で、北条氏康といえば杉良太郎、武田信虎といえば平幹二郎だもんね、私なんか。”旗盾無しご照覧あれ”とか意味も分からんのに、覚えてた。
書いてたらどんどん思い出してきた。菅原文太の板垣信方、橋爪功の真田幸隆、宍戸錠の原虎胤、村上弘明の高坂弾正etc・・・実に素晴らしかったなあ。
これが今年のキャスト
http://www3.nhk.or.jp/drama/html_news_fuurin.html
うーん・・・
小山田信有が、役者を見る限り、結構出番有りそうなのは新鮮かな。
テレビドラマを最初から最後まで見たのは久しぶりです。再放送だそうですが、私は初見です。後編は明日かなと思いきや、来週のようです。忘れないようにしないと。

事故当時私は小学校に上がったかどうかという年齢でしたが、やはりKさん(伏せるのが無意味なくらい有名になってしまった方ですがやはり一般の方ですし)が吊り上げられる映像は、よく覚えています。あのような事故、亡くなった方は勿論だが、生き残った方もつらいだろう。結婚したとかそんなことまで報道する意味が分からん。

劇中、自衛隊員を一面には持って来れないという次長に、当時の世相を感じますね。レッテルを貼るってのは楽ですよ、実際。人間だけじゃない。音楽でも文学でもそう。カテゴライズしてレッテルを貼って。でも私はだめですね。へそ曲がりだから。

ところで佐藤浩市が”大久保なんちゃら”としきりに言ってましたが、何のことか分からんのでググってみたところ、”大久保・連赤”、つまり大久保清の連続強姦殺人と連合赤軍のリンチ殺人事件を指すそうです。どちらも陰惨な事件ですね。

下のサイトで、実際のヴォイスレコーダー音声が聞けます。
http://popcorn-t.hp.infoseek.co.jp/
事故や天災というのは、なくならないでしょう。しかしせめて、起こってしまってからの対応は、きちんとしたいですね。御巣鷹山と阪神淡路。「なにぶんにも初めてのことですので」って初めてですか?



人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。