近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
森久男『日本陸軍と内蒙工作 関東軍はなぜ独走したか』講談社選書メチエ

今日、会社でこの本を読んでいて次の部分にウギャッとなった。

 五月一日、田代皖一郎中将が支那駐屯軍司令官に就任した。佐賀閥である田代は、参謀本部支那課長や中国公使館付武官を歴任した古参の支那通で、八月に同軍参謀長に着任した橋本群少将とともに、中国に対して穏健な考えをもっていた。八月二三日、田代は川越茂大使と会見し、華北工作を差し控える方針を伝達している。
 二七日、板垣参謀長一行は天津に到着した。板垣参謀長は軍司令官官邸で田代軍司令官と会見し、緩遠における視察状況を報告した。二八日、軍司令官官邸で関東軍と支那駐屯軍の合同幕僚会議が開かれ、支那駐屯軍から田代軍司令官・橋本参謀長・河辺正三旅団長・重要幕僚等が参加した。板垣参謀長は華北・綏東の状況と緩遠出張の経過を説明し、橋本参謀長は翼察の現況を説明した。二九日、会議を終えた板垣参謀長一行は天津から飛行機で長春に戻っている。
 当時、支那駐屯軍参謀であった池田純久中佐は、戦後の回想録において、関東軍側の申し入れを次のように紹介している。「今度蒙古が反共を旗幟として独立を策し、反蒋運動を起こすことになった。そのとき傅作義将軍もこれに呼応して反蒋運動を展開することに話がついた。もちろん関東軍はこれを支持するが、天津軍も協力されたい」。この時、池田は「傅作義将軍が反蒋運動に乗り出すことは考えられない」と反論し、田中・花谷参謀等の「”支那通”認識が、いかに低級単純であるかに、いまさらのように驚いた」と記している。しかし、関東軍での勤務経験がある支那駐屯軍の支那通幕僚(和知鷹二・専田盛寿両中佐等)は、支那駐屯軍司令部で対中国強硬意見を唱えていた。

私は勿論この池田の本は持っているし、それだけではなくこの合同幕僚会議については何度かWEB上に書いている。何故なら、このとき関東軍の内蒙工作を否定する池田を支持した支那駐屯軍司令官は多田駿であると書かれていたからだ。池田はご丁寧に「北支駐屯軍司令官多田駿中将(理解ある支那通)も列席した」、「そのとき多田駿中将が『関東軍の言い分はわからんでもない。しかしきょうのところは池田参謀の意見に同意だ』と、断を下し、私に助け舟を出してくれた」とまで書いている。それで私もあまり深く考えずに、多田原理主義者としてこの話に飛びついたのだが、このたび改めて池田の『日本の曲がり角』を読んで、二度ウギャッとなった。彼はこの会議は綏遠事件の数週間前に開かれたと書いている。これが正しいなら、支那駐屯軍の軍司令官が多田の筈は無い。貴重なエピソードが・・・・全く罪だぜ池田さんよ。

しかし田代皖一郎中将も好きな将軍なので、それもまた可か。

 重光公使は、「とっておきのこと」を持ちだす覚悟をして、発言した。
「いま、われわれは上海における軍部と外交の最高責任者として、国家の重大事を相談しているわけである……東京の宮中においては、さぞかし天皇陛下はこのことについて御心配をされておられるでしょう。恐懼にたえません」
 白川大将は、上海に上陸して重光公使に面談したさい、出征にさいして天皇から指示された御沙汰書の内容にふれ、次のように述べていた。
 「陛下は……事態は重大であるから、お前はなるべく早く軍の目的を達して、遅滞なく軍をひきあげて帰って来い。こういうことを特に自分に申された。このことを貴下のお耳にいれておく」
 白川大将が、格別の尊皇心の持ち主であることはよく知られている。その心情にうったえる意味で、重光公使は大将に天皇の御沙汰書を想起させる形の発言をしたのである。
 効果はめざましかった。重光公使の言葉に、白川大将は眼をむき、次いで双眼を閉じて熟慮する様子てあったが、突然、起立すると、明言した。
 「白川は戦争を止めます。停戦命令をだします」
 その口調は、はるか東京の天皇に奏上するかのように荘重であり、大将は、それだけいうと着席した。
 「まことに御立派な御決断だと思います」
 重光公使も粛然と挨拶すると、参謀長田代少将も起立して述べた。
「軍司令官がお止めになるならば、田代もまったく御賛同申しあげます」

児島襄『日中戦争』より


澤地久枝『火はわが胸中にあり 忘れられた近衛兵士の反乱 竹橋事件』岩波書店

角川から出ていたものを、岩波現代文庫が再販した。実に53名もの下士官兵が銃殺された竹橋事件を描いた力作。文庫本ながら千円を超えるがその値打ちはあると思う。まあ岡本柳之助を中心人物とした陰謀論は、後の『雪は汚れていた』を予感させるに十分で、やや苦笑したが、これはもう著者の癖と思うのが良いだろう。

士官で最も重い処罰を受けたのは兵卒たちの不満に理解を示していたと言われる内山定吾少尉だった。内山は無期徒刑の判決を受け、釧路へ流された。彼には当時陸軍士官学校で士官生徒の3期生だった弟がいたが、この弟は常に同期のトップをきって昇進し、そこに兄が受刑者であるという影響は感じられない。弟とは内山小二郎大将である。事件当時定吾は既に銑という女性と結婚していた。内山家では銑を小二郎に配することにしたが、陸軍省がこの結婚を認めなかったため、二人の間の長男は庶子ということになった。これが後の中将内山英太郎である。英太郎が一歳のとき、大赦によって定吾が帰ってきた。銑がその後どうなったのかは分からないが、小二郎は田中綱常海軍少将の娘と再婚している。彼は息子に”英雄豪傑”から一文字ずつをつけたが、少なくともその長男には以上のような事情があった。英太郎は定吾の養嗣子になったと書いているが本当だろうか。これが本当なら彼を内山小二郎の跡取りとするのは間違いとなるが。

英太郎は定吾について「まことに気の毒な人生であった」と常々語っていたそうだ。毎年彼岸に青山の近衛鎮台砲兵之墓に花を手向ける人が居たが、それが途絶えたのは英太郎が亡くなった昭和48年前後のことであったそうだ。謹厳な実父とは対照的な遊び人のぼんぼんと言われた英太郎中将の以外な一側面である。



保阪正康編『私は吉田茂のスパイだった』光人社NF文庫
東輝次氏は大正9年生まれの姫路の人。現役で入隊し、陸軍中野学校を経て陸軍省防衛課附。昭和19年冬にスパイとして吉田茂邸に奉公に上がった。この人物については、畠山清行氏の『陸軍中野学校①諜報戦史』(番町書房)に既に登場しており、最近新潮文庫から出た『秘録陸軍中野学校』にも収録されているが(この編者も保阪氏)、本書の売りはなんといっても東氏の手による「防諜記」という回想手記だろう。

このころの吉田包囲網について東氏は次のように書いている。

箱根某ホテルボーイ二名(O曹長に軍曹)、大・公使館(在日)Y曹長、T軍曹ほか三名、新聞記者のB憲兵軍曹、某会社社員、「クリーニング」屋三名、外人商社五名、駅の改札掛等々、ずいぶんといたけれど、余のように土と水と肥料と闘い、野菜配給をしたり、開墾をしたり、このような肉体労働をしているものはいなかった。

これは防衛課の諜報員であり、ほかに憲兵隊も諜報員を使っていたので、当時の吉田の周りは、文字通りスパイが入り乱れていた。

そんな中、東軍曹は吉田の信頼も厚く、彼を自転車の後ろに乗せて走ったり、重要な手紙を託されたりしていた。手紙は当然開封され、中身がチェックされたが、軍曹自身は、どんどん吉田に惹かれていった。昭和20年4月15日、遂に憲兵隊が吉田を逮捕した。憲兵隊は”近衛上奏文”を探して、家中をひっくり返したが、それは少し前に女中が竈で燃やしてしまっていた。東はそれを見ていたが、既に中身を写していたので、あえてそれを止めることもせず、勿論このたびの憲兵隊に教えるようなこともしなかった。拘引される老人の背中を、彼は複雑な気持ちで眺めていた。吉田の留守中も、彼はそれまで以上に熱心に家の用事をこなした。畑もつくった。スパイには「新聞なん入れられない」という新聞配達夫に、そんなことはないから入れてくれと頼んだ。

「すぐ帰るから」の言葉通り、吉田は一月半で帰ってきた。東は「こんなに早くに釈放するくらいなれば、俺がこんな生活をする必要がなかった」のではないかと思ったという。彼には次の仕事、近衛文麿公爵への「コーゲン」工作が待っていた。そこで引き止める吉田と家族の者を振り切って、退邸した。

戦後、再び吉田を尋ねた東は、初めて自分が陸軍省のスパイであったことを告白した。吉田は機嫌よく

「お互い、お国のためと思ってやったんだからよいよ。当時は君が勝ったけれど、今はわたしが勝ったね」

と言って、大笑いした。二人の関係はその後も長く続き、東は警察予備隊に入ったが、代わりに彼の弟が吉田邸の書生となった。
田中光顕『維新風雲回顧録』河出文庫
これも古本祭りで購入した一冊。田中光顕は土佐郷士で司馬遼太郎さん曰く「典型的な二流志士」。しかしこの本(語りおろし)はめちゃくちゃ面白い。京都潜伏中に鳥尾、品川と比叡山に登り、心配した山縣が、帰ってきた3人に激怒した話など良い。ところでこの本の内容の6割くらい(適当)は、『竜馬がゆく』に引用されている。そんな本に前書きを寄せるなど、司馬さんはビッグハートだ。私が大作家なら、「恥ずかしいからそんな本再販すんなや」と圧力かけるけど。
中野不二男『カウラの突撃ラッパ 零戦パイロットはなぜ死んだか』文春文庫
オーストラリアにおける日本軍POW1号にして、カウラ事件で文字通り突撃ラッパを吹き鳴らし、”戦死”した零戦パイロット”南忠男”。彼は本当に事件の首謀者なのか。

著者の丹念な調査は、遂に最後には南の生家まで辿り着く。

この時代に興味のある人なら読んでおいて損は無いでしょう。昨晩読んだ私が言うのも変な話ですが。



坂本龍彦著『風成の人 宇都宮徳馬の歳月』 岩波書店

宇都宮太郎の長男徳馬の生前に出た評伝(?)。東京府立一中から陸軍幼年学校予科に進んだが、幼年学校卒業後、陸士ではなく旧制水戸高校へ進んだ。関東大震災での朝鮮人虐殺や大杉栄の殺害に強い衝撃を受けたからだという。そのとき既に父太郎は病死していた。

徳馬が東京府立一中に入学したとき、太郎はひどく喜び、初めて銀座に連れて行ってくれた。

だがカフェーライオンをレストランと間違えて入り込み、女給のいる薄暗い席で、苦虫をかみつぶしたような顔をして、洋食をご馳走してくれた、という。

徳馬の府立一中合格は、太郎が三・一事件の始末に苦慮していた時期だったが、日記には「万歳万歳万々歳」と書いて喜びを露にしている。しかし太郎の真の願いは徳馬の幼年学校入であり、これまでにも何人もの旧部下を、家庭教師にしている。このとき、いわば総仕上げとして家庭教師を頼まれたのは、歩一時代の部下阿南惟幾大尉であった。

太郎の持論は、「日本人は朝鮮人と結婚しろ」というものであり、これは徳馬も聞かされたことがあった。『ヨボ』という侮蔑的な言葉の使用も厳しく誡めていた。三・一事件のときも、「宇都宮が弱腰だから朝鮮人が付け上がるのだ」という声が支配的であり、同郷の後輩であった真崎甚三郎は、強硬弾圧策を進言するため京城まで来たが、かえって「非常識」だと諭されたという。後に太郎の実弾発砲禁止命令が、国際連盟での日本の立場を有利にしたとき、真崎は初めて太郎の真意が解ったと、徳馬に語った。太郎は原敬内閣のとき、朝鮮総督に擬されたが、これは長州閥の反対で実現しなかったと、徳馬は書いている。

水戸高校から京大に進み、四・一六事件で検挙される。出獄後、トレーダーとして一財産築き、株が縁で妻も貰った。これが駒井徳三の娘であった。駒井は札幌農学校出身の大アジア主義者で、郭松齢が反乱を起こす前に相談をした相手でもあった。満州国の初代総務長官であったが、事志と違い辞任した。東支鉄道の買収も手がけたが、そのときソ連から、「ついでに沿海州も買わないか」と言われて、荒木貞夫にそのことを伝えたところ、「いずれタダでとるからいい」と荒木は嘯いたという。荒木は太郎の親しい後輩であり、そのため徳馬も彼にはそれなりの好意を抱いているが、この件については、

「荒木さんは、世間が考えているよりははるかに常識人で、冗談でいったのだろうが、一般に軍人や力の信者は、戦争の費用や国民の犠牲を無視してかかるから警戒しなければならんよ」

と語っている。荒木については他にも、戦争中に会ったとき、

「英米の捕虜を虐待したり、銀座街頭に英米の国旗を書いて足踏みにする当局のやり方は、ばかげていると攻撃していたので、見直した」

とも言っている。

トレーダーをやめた後は、ミノファーゲン製薬を設立し、戦後は代議士として軍縮にその生涯を捧げた。

三・一事件のときの太郎の態度について、徹底弾圧を企図した総督の長谷川好道に反対し、兵力の増強にも反対であったと朝鮮の史家は書いているそうだが、実際のところはどうだったのか。本人はどう書き残しているのか、日記を見てみたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。