近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
 他民族のことはあまり知らないが、朝鮮人ほど面従腹背の民族は少ないのではないかと思う。これは数百年、いやもっと以前から常に強力な民族に圧迫され、李朝五百年の虐政がその人間性を形成させたものと思われる。二人寄れば仲がよい。三人寄ればすぐ喧嘩をする。相手をだまそう、他人にだまされないとの用心が骨の髄までしみこんでいる。それでいて、別の新勢力が出現すればすぐ団結してそれと闘う。闘いが終われば仲間割れをする。

 満州に間島という地方がある。ここには朝鮮人が百万もいるといわれていたが、表むきは農民であり、林業、狩猟などをしているが、夜になると匪賊に化ける。集団強盗である。この匪賊は中国人の匪賊と違って実に残忍な略奪をする。そして中国人に対しては日本人だと威張りちらし、都合のわるいときは朝鮮人にもどる。始末におえなかった。

 戦後、李ラインなどと、公海のまん中にかってな領海をつくり、そこに入って行く日本人漁夫を捕らえて監獄に放り込む。

 竹島など明らかな島根県の一島嶼に上陸してきて、これを朝鮮領土だと主張する。日本の哨戒艇など屁とも思わず、その眼の前で堂々と日本漁船を拿捕する。

 日本のお役所の船は手をこまねいて傍観している。外務省の役人に至っては終始朝鮮人に翻弄されどおしである。

 しかし朝鮮人も権力には極度に弱い。「なに、ふざけるな」と反撃すればひとたまりもなく「哀号、哀号」である。そのかわり弱者と見れば、どこまでもかさにかかってくる。この朝鮮人気質を知らない日本の役人など、彼らの目からは幼児同様である。


以上元朝日新聞記者高宮太平著『昭和の将帥』より抜粋

著者は朝日新聞の陸軍担当で鳴らした人物。朝日を満洲局次長で辞めた後、陸軍嘱託を経て、小磯国昭に朝鮮に呼ばれ朝鮮へ。終戦まで京城日報の社長を務めた。『順逆の昭和史』、『米内光政』、『人間緒方竹虎』といった著作がある。

彼の朝鮮観、どんなもんでしょう?何というか、十年一日の思いを拭えないですなあ。
前半は予想通りの酷い内容。
ソ連の進攻(侵攻?)と関東軍の対応に関する説明も従来どおり薄っぺらい。
通化事件に至っては呆れ果てて開いた口がふさがらない。娘さんも、当時幼かったとはいえ、虐殺された日本人にも一言あっていいんではないか?まあ、口に出さないだけで、心の中ではきちんとわかっておられると思うが。事件の実態を完全にぼやかす編集は残念だ。
いったい、中共の歴史観をそのまま垂れ流す姿勢は、大本営陸海軍発表をそのまま垂れ流していた戦中と何処が違うのか?私は別に修正主義者ではないし、日中友好は結構なことだと思う。ただ公平にやってほしい。片方の主義主張だけを押し付けられて、友好など成り立つものか。

は~受信料払いたいくねえ。CHKにでも名前変えてくれ。

しかし動く本庄大将は初めて見たな。後、舩木さんもまだご健在なんですね。この人の本は2冊(岡村大将小浜大佐の伝記)もってるが、非常にいい本です。


南京攻略の戦車隊長として有名な藤田大佐は、終戦時第125師団の参謀長であった。8月16日、大佐は関東軍総司令部に電話をかけ、「軍命令は聞かない、玉砕あるのみ」と訴えた。が、応対に出た草地貞吾大佐に「軍命令を聞かないなら逮捕令を出しますぞ」と言われ、ようやく「では停戦命令があったということだけは師団に伝えよう」と言って電話を切っている。草地大佐は後に、このとき逮捕令を出していれば、あのような悲劇は防げたのではないかと回想している。

藤田大佐はその後、武装解除を待たず師団を離れ、身を窶し、家族を連れて通化を離れ、石人に落ち着いた。ソ聯と入れ替わりに通化に入った中国共産党は、通化省指導者の粛清を始めた。藤田は、もし自分の居所が露見した場合、匿ってくれた人々にも害が及ぶのではないかと考え、自ら竜泉ホテルの八路司令部に出頭した。八路側もこの藤田の率直な態度に好意を持ち、藤田はすぐに石人に帰ってきた。

当時の通化は、早々に中共に取り入った日本人から成る日解連が好き放題に振舞っており、居留民の反発を買っていた。また正規の八路の軍紀は厳しかったものの、金日成直系の李紅光に率いられた朝鮮人部隊(日本人は新八路と呼んだ)が、「36年の恨」を口にしながら、暴行、掠奪、処刑と残虐な所業で日本人を震え上がらせていた。このような状況下では、「関東軍の軍人が国府と組んで八路を追い出す」というようなデマに人々が飛びつくのも無理は無かった。日本人も国府系の中国人も、この噂を信じたがった。そして藤田大佐こそ、その関東軍の軍人であると考えた。

藤田は、このような考えは危険だとして、若い人たちを諌めると称し、11月頃、通化へ向かった。通化での居留民大会は、八路の劉司令出席の元にも関らず、日解連への非難大会となった(ちなみに、この大会で発言した日本人は、後に悉く処刑された)。宮城遥拝と天皇陛下万歳が叫ばれ、最後に藤田が壇上に立った。しかし藤田の演説は、八路との協力の必要性を訴える至極穏健なものであった。この大会の後、竜泉ホテルに呼ばれた藤田は、そのまま監禁されてしまう。これは1月5日頃のことであった。

1月10日、日解連の幹部を含む140名の日本人が八路に逮捕された。そのうちの一人、河内亮通化県副県長は、21日に人民裁判にかけられ、市中引き回しの末、銃殺された。さらに10数人が銃剣で刺したため、死骸は蜂の巣のようであった。通夜の席で、太田協和街班長が「河内君、この仇は、必ず討つぞ」と叫んだ。2月3日の蜂起の計画は、既にこの頃かなり進んでいたと思われる。後押ししていたのは、国民党のスパイであった。彼等は、監禁されている藤田大佐を奪還し、(藤田の意思に関らず)これをシンボルとして使うつもりであった。1月15日、藤田は竜泉ホテルの3階から脱出した。しかしこれは、蜂起に参加するためか、それとも止める為か判然としない。藤田は脱出時に怪我を負い、結局蜂起にはまったく加わらず、八路に逮捕されるまで、民家の押入れにずっと居た。

2月3日午前、電灯の点滅を合図に、一斉蜂起が起った。目的の中には、愛新覚羅溥傑の浩妃殿下救出もあった。しかしこの計画は、事前に完全に八路に漏れていた。当時の通化は国府、八路のスパイが入り乱れ、中には、少しでも日本人を救う為にと、二重スパイになった者も居た。その上、計画の首謀者の一人で大尉を自称していたAが八路に通じていた疑いすらある。そのような状況で、秘密が守られるはずは無かった。碌な武器を持たない日本人部隊は簡単に鎮圧され、苛烈な弾圧が始まった。この間藤田は、前述の通り、民家の押入れに居て、全く蜂起に加わっていない。

1月10日に逮捕された通化の有力者達が囚われていた獄舎を襲撃した佐藤少尉以下日本人は、入り口に据えられていた軽機に射すくめられ全員戦死した。八路はその後、軽機を獄舎に向け、140人全員を射殺した。夜が明けると、八路は各戸別に日本人を襲い、16歳から60歳までの男子を逮捕した。彼等は厳寒の中、狭い獄舎に押し込められ、一人ずつ呼び出されては拷問された。2月3日の蜂起で戦死した日本人はおよそ300人。事件後に殺された日本人は1000人に及ぶという。また女だけの留守宅は、朝鮮の新八路に襲われた(強姦され自決した女性もいた)。

2月5日、藤田も逮捕された。そして処刑よりも惨い処罰を受ける。藤田は、国府のスパイ孫耕暁とともに、3日間に渡り百貨店のショーウィンドーに立たされた。藤田は痩せてやつれた体に中国服をまとい、風邪を引いているのか始終鼻水を垂らしながら「許してください。自分の不始末によって申し訳ないことをしてしまいました」と謝り続けた。心ある人たちは見るに忍びず、百貨店に背を向けた。その後間もなく、藤田は肺炎で急死した。彼の死後間もなく、中共は方針を転換し、寛大政策をとるようになり、通化の治安も劇的に良くなった。そして夏には遂に、日本人に帰国の許可が出た。

著者は、藤田が戦車第一聯隊長だったときに、偶然彼と知り合い、それが縁で永くこの通化事件について調べておられる。この本以前にも2冊ほど藤田大佐と事件に関する本を書いておられるが、その本を読んである女性が著者に連絡してきた。その女性こそ、藤田が竜泉ホテルを脱出してから八路に逮捕されるまで一緒に居た看護婦であった。彼女との出会いが結実したものが本書である。通化事件の決定版と言い得るか。

在りし日の藤田実彦大佐


日本のマスコミというのは本当に不思議だ。
日本軍の与えた被害に関しては嬉々としてこれを報道するが、
逆に関しては、異常なほど抑制的だ。
原子爆弾ですら、ややもすると、早く降伏しなかった日本が悪いというような論調になる。
東京大空襲も、米軍による無差別虐殺であるという文脈でこれを捉える事は殆ど無い。
相手がソ聯や中国になると、この”自己規制”の度合いは一層酷くなる。
現在ロシア大統領が来日し、北方領土問題が話題となっているが、そもそも何故この”北方領土”なるものが生まれたのか、きちっとやるマスコミは全然無い。
北方領土占領は200パーセントソ聯による侵略である。
こんな当たり前のことがなぜ言えないのか。何を憚ることがあるのか。

本書は、8月15日のポツダム宣言受諾以降に起ったソ聯による千島樺太侵略と、制限された状況下でそれに抗した第五方面軍の奮闘を描いた良著である。戦争は8月15日でプツッと終わったわけではないということを、あらためて痛感させられる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。