近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
テレビドラマを最初から最後まで見たのは久しぶりです。再放送だそうですが、私は初見です。後編は明日かなと思いきや、来週のようです。忘れないようにしないと。

事故当時私は小学校に上がったかどうかという年齢でしたが、やはりKさん(伏せるのが無意味なくらい有名になってしまった方ですがやはり一般の方ですし)が吊り上げられる映像は、よく覚えています。あのような事故、亡くなった方は勿論だが、生き残った方もつらいだろう。結婚したとかそんなことまで報道する意味が分からん。

劇中、自衛隊員を一面には持って来れないという次長に、当時の世相を感じますね。レッテルを貼るってのは楽ですよ、実際。人間だけじゃない。音楽でも文学でもそう。カテゴライズしてレッテルを貼って。でも私はだめですね。へそ曲がりだから。

ところで佐藤浩市が”大久保なんちゃら”としきりに言ってましたが、何のことか分からんのでググってみたところ、”大久保・連赤”、つまり大久保清の連続強姦殺人と連合赤軍のリンチ殺人事件を指すそうです。どちらも陰惨な事件ですね。

下のサイトで、実際のヴォイスレコーダー音声が聞けます。
http://popcorn-t.hp.infoseek.co.jp/
事故や天災というのは、なくならないでしょう。しかしせめて、起こってしまってからの対応は、きちんとしたいですね。御巣鷹山と阪神淡路。「なにぶんにも初めてのことですので」って初めてですか?



人気blogランキングへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/94-43c08213

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。