近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
怖くて勘定できない数字ってありますよね。私もいろいろありますが、最近なら本代かな。渡邊錠太郎は給料の半分が丸善への支払いとかいわれた人ですが、元が高けりゃ問題ないですよね・・・

まあそれはそれとして、表題は9月7日の朝日新聞の朝刊、加藤千洋編集委員の記事。地域別でいうと欧州が17人、米加が15人、ロシア9人、アジア9人だそうです。カーネル・サンダース、ルソー、マルクス、エンゲルス、レーニン、スターリン、ニクソン、キッシンジャー。アンデルセン、イプセン、スピルバーグにMJなどなど。

日本からは6人。
・日清戦争を主導した伊藤博文。
・「中国」派遣軍司令官岡村寧次
・日本軍国主義の責任者昭和天皇
・「経営の神様」松下幸之助
・誠心誠意謝罪し日中国交正常化を実現した田中角栄
・著名な映画俳優高倉健
何処の国でも最初と最後やはり印象が強いですね。差し詰め日本ならペリーとマックでしょうか。岡村は最後の支那派遣軍総司令官です。さらに北支那方面軍司令官も務めてましたから、中国共産党としては恨み骨髄といったところでしょう。中国共産党は彼の首を欲しましたが、蒋介石がそれを助けました。しかし日本での知名度ではどうでしょうね。6人の中では段違いに低いんじゃないでしょうか。私のような趣味の人間から見れば超メジャーな人物ですがね。逆にペリーなんかもあんまり高くないんじゃないですかね。まあこれは想像で、未確認ですけど。

ちなみにチャンイーモウによれば、中国における健さんは、日本におけるペを何十倍何百倍にした人気だそうです。「君よ憤怒の河を渡れ」って私は見たこと無いんですが、これが逆に海外から日本への輸入物で、現代日本でヒットしたら、略されて「君憤」ですか。

にほんブログ村 歴史ブログ
スポンサーサイト

クリが丸善はアジアで欲しなかった?

2006.09.08 15:17 URL | BlogPetのクリ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/86-870bc6e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。