近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん
以下引用
≪「真実はっきりさせようと思った≫
 照屋昇雄さんへの一問一答は次の通り。
 --なぜ今になって当時のことを話すことにしたのか
 「今まで隠し通してきたが、もう私は年。いつ死ぬかわからない。真実をはっきりさせようと思った」
 --当時の立場は
 「琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員の立場にあった。以前は新聞記者をしていたが、政府関係者から『援護法ができて、軍人関係の調査を行うからこないか』と言われ審査委員になった。私は、島民にアンケートを出したり、直接聞き取り調査を行うことで、援護法の適用を受ける資格があるかどうかを調べた」
 --渡嘉敷ではどれぐらい聞き取り調査をしたのか
 「1週間ほど滞在し、100人以上から話を聞いた」
 --その中に、集団自決が軍の命令だと証言した住民はいるのか
 「1人もいなかった。これは断言する。女も男も集めて調査した」
 --ではなぜ集団自決をしたのか
 「民間人から召集して作った防衛隊の隊員には手榴(しゅりゅう)弾が渡されており、隊員が家族のところに逃げ、そこで爆発させた。隊長が(自決用の手榴弾を住民に)渡したというのもうそ。座間味島で先に集団自決があったが、それを聞いた島民は混乱していた。沖縄には、一門で同じ墓に入ろう、どうせ死ぬのなら、家族みんなで死のうという考えがあった。さらに、軍国主義のうちてしやまん、1人殺して死のう、という雰囲気があるなか、隣の島で住民全員が自決したといううわさが流れ、どうしようかというとき、自決しようという声が上がり、みんなが自決していった」
 --集団自決を軍命令とした経緯は
 「何とか援護金を取らせようと調査し、(厚生省の)援護課に社会局長もわれわれも『この島は貧困にあえいでいるから出してくれないか』と頼んだ。南方連絡事務所の人は泣きながらお願いしていた。でも厚生省が『だめだ。日本にはたくさん(自決した人が)いる』と突っぱねた。『軍隊の隊長の命令なら救うことはできるのか』と聞くと、厚生省も『いいですよ』と認めてくれた」
 --赤松元大尉の反応は
 「厚生省の課長から『赤松さんが村を救うため、十字架を背負うと言ってくれた』と言われた。喜んだ(当時の)玉井喜八村長が赤松さんに会いに行ったら『隊長命令とする命令書を作ってくれ。そしたら判を押してサインする』と言ってくれたそうだ。赤松隊長は、重い十字架を背負ってくれた」
 「私が資料を読み、もう一人の担当が『住民に告ぐ』とする自決を命令した形にする文書を作った。『死して国のためにご奉公せよ』といったようなことを書いたと思う。しかし、金を取るためにこんなことをやったなんてことが出たら大変なことになってしまう。私、もう一人の担当者、さらに玉井村長とともに『この話は墓場まで持っていこう』と誓った」
 --住民は、このことを知っていたのか
 「住民は分かっていた。だから、どんな人が来ても(真相は)絶対言わなかった」
 --あらためて、なぜ、今証言するのか
 「赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と要請があったそうだ。でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される思いだった。玉井村長も亡くなった。赤松隊長や玉井村長に安らかに眠ってもらうためには、私が言わなきゃいけない」
引用終わり

別にこれで日本軍のやったことが帳消しになるわけではないが嘘は嘘
さて飼い犬に手を噛まれたノーベル賞の大先生はどうされるんでしょうかね?元々私は、この人の小説はともかく歴史に関するスタンスが嫌いだったで、同情はしないけど。
しかし書いてるときはいい気分だったでしょうな。弱者(それもかなりの)を助けて軍人を叩くんだから。
この人に限ったこっちゃ無いけど、事実より結論ありきで、そのためなら立ってるものは親でも使うという姿勢が、こういう事態を招くんでしょう。結局戦前とか戦後とか、民主主義とか帝国主義とか関係ない。駄目な奴はいつでもどこでも駄目。しかし右も最近は酷いのが増えてる。他山の石。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

きょうクリは、厚生省で軍隊みたいな証言された!
だから琉球で厚生省でお願いした?

2006.09.01 12:16 URL | BlogPetのクリ #- [ 編集 ]

8月27日サンケイ新聞で、沖縄戦中に起きた渡嘉敷島集団自決に関して、自決が「隊長命令」とされたのは、「捏造」に拠るものであったとされる暴露記事を載せた。

この沖縄側の役人の愚かさは、何をか言わんやであるが…。
記事は、沖縄の役人はわずかな金のために「自決命令書」を捏造する卑小な人間。それを受け入れた赤松元隊長は「自分を犠牲にして十字架を背負った」高貴な人間という印象を与える意図を持っている。

この報道はある種、日本人の「欺瞞性」「狡猾性」を象徴した報道であると思う。沖縄の人間だけが、狡賢く自決命令を捏造したように書いているが、赤松隊長本人と、金を出す側の日本政府厚生省の役人も「捏造の共犯者」なのである。厚生省役人は赤松氏への「捏造」の口利き(斡旋)をしてやっているのだ。

もし、赤松元隊長がその後、自決命令を否定せずに居たなら、彼は沖縄のために、「十字架を背負った」人格高潔な偉人と云う事になっただろう。しかし、彼はずっとマスコミ対して、自決命令を否定しつづけていたのである。渡嘉敷の玉井元村長、琉球政府援護課の照屋職員、及び厚生省との間で「自決命令捏造」を合意したが、世間に向かっては「自決命令」を否定していた。

それを完璧に否定したいのなら、彼自身で「捏造事件」を世間にバラせば良い事ではなかったのか? が、それは自分自身が捏造当事者であることをバラす事にもなるので、とても出来ないことだったに違いない。
赤松氏は、死ぬ直前に自分の名誉回復のため、玉井氏に「捏造」の件を公表するように要求したというが、玉井氏は「遺族」の年金が停止されるという理由で断ったと書かれている。だが、本当はそうではなく、今更それを公表すると、何倍にも重くなった十字架を、今度は玉井氏が背負おう羽目に成るから、受け入れなかったのだと思う。

結局、赤松氏は、沖縄人の為を思って自分を犠牲にする精神よりも、自分の名誉を優先する気持ちの方が強かったのではないか。こう云う人物が「十字架」を背負った評される程の人物とは言えようか。 

自決命令は嘘であったが、渡嘉敷の自決は軍の強制である事に違いはないのですよ。

照屋氏は、大江氏の飼い犬ではなく、サンケイの飼い犬に成った沖縄人です。 

2006.09.05 07:01 URL | セイちゃん #- [ 編集 ]

照屋証言は嘘である。
照屋氏は「玉井村長は・・・・赤松大尉が死亡してしまい、村長も心労のため病気して、まもなく死亡した。」などと「正論」にて主張した。1980年1月13日赤松死亡。
玉井喜八…1921年10月生まれ1953年12月17日33歳で渡嘉敷村長就任。以後32年間1985年12月まで村長の職にあった。2000年8月79歳で没。

以上で照屋証言は死人を利用した捏造であることが明らかです。

2009.02.27 17:16 URL | 和田 #x9c5GV3o [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/84-76a1211c

沖縄第三十二軍将兵は鬼ではなかった
沖縄第三十二軍将兵は、鬼ではなかった。住民救済のため十字架を背負った赤松嘉次大尉は軍神、真相を告白した照屋昇雄さんは義人である。大江健三郎はノーベル賞を返上し、文科省は中学歴史教科書の記述を修正すべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリ

2006.08.28 21:51 | 大東亜戦争の真実を伝えたい何でもそろう便利屋です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。