近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
三浦観樹の回想録読んでからこちら、すっかり明治ずいてる。
ただこの時代を扱う本となると、どうしても古い物が多く、手に入れ辛い。芙蓉書房さんやってくれんかな?再刊。





これは西南の役の終結後、宮中に参内したときの諸将。
山田顕義(市ィ)がどれかは説明なしでも分かるでしょう。
山田の後ろは、顔見たら分かると思いますが、大山弥助
山田の右の目つきの悪いのが三浦梧楼です。
その横の髭はどっかで見た記憶があるんですが、思い出せない(谷かなあ?)。
それにしても、30台でこの童顔。そらこの10年前の戊辰の役のとき、西郷どんが、こんな子供に任せて大丈夫かと心配したのもわかるちゅうはなしですわ。





これは、四将軍とか呼ばれながら、三浦の回顧録に最後まで名前の出てこなかった曽我祐準。中々の美形では?
坂本竜馬暗殺の直後に、それとは知らずに、竜馬の下宿を訪ねたそうだ。彼の自叙伝は、解説も含めて中々勉強になる。故司馬遼太郎さんの小説で出てくるネタも散見する。司馬さんもこれ読んだんかなあ?





おまけ。日露の諸将。ひじ付いてタバコの児玉がダンディ。
スポンサーサイト

これはすごい貴重なワンショットだね
右から二番目の人なんかまるでサンダーバードのキャラじゃないかww 時代を感じるよ。
たしかにコダマさんはダンディだね^^

2006.07.24 22:38 URL | ダイビッツ  #- [ 編集 ]

曽我祐準さん、本当に美形かもです!
美形といえば、『沖田宗司』も、『勝海舟』もそうだったんでしょうか?中尉さん、もし機会がありましたら画像アップ、お願いします!(所で気のせいかしら、敷居が数ミリ低く成った様な・・・。なんか親近感が増しました!)

2006.07.25 06:10 URL | ぴーち #- [ 編集 ]

追記:あの~私は別に『美形』好みという訳ではありません。むしろ、顔よりは気持ちが
毅然としていて、何かを求めて一生懸命追求しようと頑張っていている姿に、興味があります。歴史上の人物なら『西郷どん』いいですね~!

あ、何気にダイビさん。サンダーバード、好きですねぇ・・・。(o^^o)ふふっ♪

2006.07.25 19:42 URL | ぴーち #- [ 編集 ]

きのうは心配♪
どんは最後は勉強された。
顕までどんが終結するはずだったの。

2006.07.26 18:25 URL | BlogPetのクリ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/67-3cbeba05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。