近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
話題になっているのは、速記とかではなくメモなので、それだけ読むと、松岡と白鳥には気の毒すぎるように思うが、親英米派の昭和天皇らしい発言だと思う。

君臨すれど統治せずが建前の天皇であるが、それでも何度か政治介入しているし、軍人の人事にまで口を出したこともある。2.26事件や終戦時の御前会議は言わずもがなだが、山下奉文石原莞爾の親補職への就任をご裁可されなかったことは夙に知られる。石原は板垣の、山下は同期の阿南沢田の計らいで、何とか2度目のトライでご裁可を得ているが。

昭和天皇の人物の好みの一つとして、何でも細かく嘘をつかずに報告(上奏)してくる人物が挙げられる。故に東條英機は寵愛されたし、松岡などは嫌われただろう。

ここに一つ、一般的にはあまり知られていないが、私個人としては非常に重視している昭和天皇の人事への介入例がある。阿部信行内閣の陸相人事である。次期陸相というのは通常、陸軍三長官の会議で決まる。もっともそこには人事局長なども出ることがあり、厳密に三人だけで決めるというわけではないが。阿部内閣の陸相には、この三長官会議の結果、四人の候補の中から阿部と同じ兵科で、人物に偏りの少ない多田駿が選ばれ、人事局長が牡丹江目指して出発した。

ところが参内した阿部は、天皇から、”陸相には梅津を。それ以外の者は認めない”という思わぬお言葉を聞いて仰天する。梅津は石橋を叩いても渡らないといわれた慎重居士であり、畑もまあ似たようなタイプ。梅津は関東軍司令官になったばかりということで、結局侍従武官長の畑を下げ渡し願い、なんとか組閣した。

しかしなぜ天皇はこのようなことを言い出したのか。独白録でもこのことは触れられているが、理由までは書かれていない。多田よりもう一人の候補だった磯谷を忌避したような感じもするが、それにしてもである。ただいろいろ諸事情を総合すると、やはり君側に入れ知恵した人間がいた可能性が高いと思う。

天皇のお声掛りで陸相となった畑は、就任直後の陸軍省で痛烈に従来の陸軍を批判する演説を行ったが、結局余り為すところ無く、最後は統帥部の圧力に負けて、米内内閣を潰してしまう。

一方寸前で陸相の座を逃した多田は、その後北支方面軍司令官を最後に予備役となった。彼は元々事変初期に参謀次長として、事変の不拡大に注力した所謂不拡大派の親玉であった。しかし、”平和主義者”とされる天皇に彼は忌避された。或いは参謀次長として身近に接し、不拡大を唱えながらもずるずると引きずられていった多田の姿に、頼りなさを感じていたのだろうか。

私がこの人事を重視するのは、下世話な論点だが、多田の人間関係による。彼は当時陸軍において、最も石原莞爾と親しい人間の一人であり、また最も東條英機と仲の悪い人間の一人であった。戦後最も人口に膾炙したIFの一つ、”石原の進出と東條の失脚”は、実は多田の陸相就任によって実現した可能性があるのだ。勿論その結果がどうなったかは分からない。もしかしたら東條の代わりに石原が十三階段を上がっただけかもしれない。まあ、それにしても興味をそそられるIFである。



もっとも今回のメモ、偽者もしくは勘違いの可能性もあるかも?しかし天皇の側近というのは、昔から余り人物がいない。
それと立ってるものは親でも使うマスコミの態度は、みっともない。恥と言う感覚は無いのかねえ?
スポンサーサイト

こんにちは!いつみても思慮深い中尉さんの
記事は本当に敷居が高いですが(悪口ではありませんから)私ごときが、的外れなコメントを書くのは、場違いだと思われるでしょうが

天皇は第2次大戦後、本来アメリカから
抹殺されるはずであったと認識しておりますが、日本から天皇を奪い取ってしまったら
日本は到底、統治されることなど出来なくなると、見込んでかつてのマッカーサー元帥は
天皇の存続を認めたわけですね。そうしないと、アメリカとしても厄介極まりない状態を
作ってしまうし(最初から統治されていれば)、属国としての日本の将来の為には、天皇の存在は不可欠と考えたと思います。本題は、靖国問題ですが小泉さんは、
天皇手記については、個人の自由とのことで
コメントしていましたが、これもまた手記についても謎があるんでしょうが・・・。
靖国参拝はアジア諸国の外交政策において
内政干渉だ!なんやかんや言われていますが
やはり、国際社会の中の日本であるわけなので、A級戦犯が祭られている靖国参拝を
個人で、(といっても一国の総理です)参拝するという建前で続けていくのは、近隣諸国に対する完全なる敵対としか受け取られないのは、しかたが無い事ですよね。

マスコミに踊らされてしまうのは
本当に悔しい事ですが、真実を見極めるのは
難しいですね。今後の展開が気になる所ですが・・。

人間は唯一『うそ』をつける動物ですから
ね。でも、余りに疑心暗鬼な詮索、過度の疑念は自分の体を壊す元でしょうから、
私なんかも、ほどほどにしていかなければ
と、思ったりいたします。

また、愚コメントを書きに伺います!

2006.07.22 18:02 URL | ぴーち #- [ 編集 ]

はじめまして。
私は海軍関連のサイトを持っている者です。
(でも更新を全然していませんが)
中尉さんの陸軍の人事サイトのことは以前より存じ上げておりました。

富田メモですが、天皇のお覚えがよくて、信頼のおける部下と逆に悪い人がいて
ファッショ的な人物や国粋主義的な人を避けていたようですね。
軍の最高幹部の人事には天皇(大元帥)の目が光っていたみたいなことを秦さんの本でよんだことがあります。
特に白川大将や阿南大将などには好意的だったように思います。

で、今の政治家が靖国の参拝がどうこうとか言っていますがそれとこれは違うだろって言いたくなります。

つたない文ですが、これからもよろしくお願いいたします。

2006.07.25 22:18 URL | 樺山かなり #fCYNCpjk [ 編集 ]

はい、ありがとうござりまする。
私も貴サイトは存じ上げております。
これからもよろしくお願いします。

サイトの方は私も全然更新しとりまへん。
旅団長の就任日時アップすると北欧だか東欧だかの某氏(物好きにも程がある日本陸軍マニア)に約束してるんですがね。

宇垣、小磯、山下、石原といったあたりは嫌われてましたね。まあ嫌われるにはそれなりのわけがあるんですが。政治的に動く人はお嫌いだったようで。上記阿部内閣の成立に奔走した有末精三なんかも、それでいたく宮中の不興を買ってます。

2006.07.25 23:08 URL | 槍栗中尉 #su7LfdQk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/66-ef69edeb

朝日新聞 天皇発言を奇貨として
 昨日、日経新聞によってセンセーショナルに伝えられた、いわゆる『A級戦犯』の合祀に昭和天皇が不快感を示していたと『される』メモの存在。日経の報道を受けて、各マスコミはこぞってこのメモの存在を報道しております。

2006.07.22 07:50 | やじざむらい的日々雑感

日記や日誌というもの
拙者は富田メモをホンモノともニセモノとも断定していない。というか断定できない。ただ現段階では未だに富田メモの信憑性は担保されていないと言っているだけである。 じっくりと富田メモを検証すべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います

2006.07.22 22:54 | 何でもそろう便利屋です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。