近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
大隈内閣が倒れ、朝鮮総督寺内正毅が組閣の大命を受けた。寺内は現状維持派の最右翼で、袁世凱在世時にはこれを支持して、排袁派の田中義一らを梃子摺らせた人物であった。この、大隈内閣の打倒と寺内担ぎ出しに一役買ったのが、後藤新平と西原亀三郎であった。西原はさらに寺内に進言して、朝鮮銀行総裁勝田主計を蔵相に据えた。彼は以前にも、勝田を鮮銀総裁にするよう、寺内に献策している。

西原はかつて、対露同志会の神鞭知常のスタッフを務めていたことがあり、彼の王道主義に深く傾倒していた。西原の持論は、徹底的に中国に親切を尽くし、中国民をして日本を信頼させるとともに、中国の内政、産業を改革し、日中が一体化した経済自給圏をうちたてるというものであった。彼のこの構想の下に行われたのが、西原借款であった。

西原の持ちかけた借款の条件は、従来のそれとは比較にならない有利なものであったため、段祺瑞政府は随喜した。この交渉で日本側の窓口となったのが西原と坂西利八郎であり、中国側の窓口が、新交通系と称される曹汝霖、陸宗與らであった。ひとり西原は完全な私人であった。

西原はこれを梃子に、中国を連合国に加盟させようと策動を開始した。しかし当時北京では、連合国加盟賛成の段祺瑞政府及びそれに同調する梁啓超ら研究系と、反対の大総統黎元洪との間で激しい争いがあった(府院の争い)。民国6年3月4日、何とか対独国交断絶までもってきたが、5月23日、遂に黎元洪は段祺瑞を罷免した。

ここで、調停を名目に北京に進出してきたのが張勲である。彼は北京に入ると議会を解散し、変法派の康有為を上海から呼び寄せ、宣統帝を担ぎ出し、7月1日清朝復辟を宣言した。驚いた黎元洪は、先頃までの喧嘩相手だった段祺瑞に国務総理復帰を命じると、自らは日本大使館に逃げ込んだ。得たりかしこと討逆軍を編成した段は、あっさりと張勲の復辟を粉砕し、北京に返り咲いた。張勲はオランダ公使館に逃げ込み、黎元洪は責任をとって大総統を辞職、段のライバル馮国璋が後を継いだ。

8月14日、中華民国は対独宣戦布告を行った。これを受けて南方派は、広州に於いて非常会議を招集し、中華民国軍政府を組織。9月1日、孫文を大元帥に、唐継尭、陸栄廷を元帥に選出した。しかし唐、陸の二人は孫文の要請を受けても、元帥に就任しなかった。彼らは一応段政府(安徽派)には反対の立場で、独立を唱えてはいたが、孫文の軍政府に協力する気はさらさら無かった。とくに陸栄廷の場合は、馮国璋ら直隷派と気脈を通じており、極力軍政府の活動を妨害した。民国7年5月20日、軍政府が合議制に改組されると、孫文は陳烱明に後事を託して、上海に落ち延びていった。
スポンサーサイト

クリは、加盟♪

2006.06.28 14:34 URL | BlogPetのクリ #- [ 編集 ]

こんにちは!私はつい最近まで、中尉殿が
ダイビさんのいとこさんとは、存じませんでして、失礼いたしました!!前回のコメントで、つまらない事を語ってしまいました・・・。その後も何回かこちらにおじゃまさせていただいておりましたが(それは知っているでしょうが)、なかなかコメントを残せずにおりました。で、また、本文とはまるで関係の無いコメントで申し訳ないんですが、どうもココへ来ると中学の時の友達を
思い出してダブらせてしまいます。
彼と中学で初めて同じ部活(吹奏楽)に入って共に活動し始めたのですが、その時はすでに、彼のご両親は離婚されていて、妹は母に
彼は父に引き取られていました。でも、とてもおしゃべり好きで、社交家で頭が良くて・・。そんな家庭の事情なんて微塵も感じさせない子でした。そんな彼を再度不幸が襲ったのは、中学3年になってから。引き取ったはずの彼のお父さんが車の中で、焼身自殺を遂げてしまったのでした・・。もうそれは、受験の寸前の事。でも、そんな事実とは
裏腹に周りに気を使わせないように、平素を装う彼の姿が、なんとも不敏でしかたありませんでした・・。中学生の私には到底その事実に、口をつぐんでしまいただ、こちらも何も知らないという顔を、押し通すしか術がありませんでした。そんな彼も、県内のトップクラスの高校へ進学し、東京の有名大学へ行ったと風の便りに聞きました。今更ながら思うに、彼のお父さんは彼を大学へ進学させて
あげる資金繰りがつかないでいて、自分の身と引き換えにしてしまったのか・・と考えたりします。休み時間になると必ず私の席の前に立ちはだかって、熱弁を振るっていた。そんな、気丈にも・・。(涙が出てきましたのですみません!)こんなコメントをご迷惑かとは存じますが何故か私の中では、彼が中尉殿のような錯覚にとらわれてしまいまして、
あの時、本人に言ってあげられなかった言葉をここでさらけ出す事をお許し下さいませ・・今は幸せに暮らしていると信じております。

2006.07.03 13:07 URL | ぴーち #- [ 編集 ]

はじめまして。こうじょうコム管理人のみつと申します。
歴史などについて書かれているのを読んで書き込みさせていただきました。コメント欄にすみません(^^;)。
今、多くのブロガーの皆さんと協力してブログのリンクサイト「こうじょうコム」(http://kojo-com.main.jp)を運営しているのですが、もしよろしければリンクさせていただけないでしょうか?
会社ではなく皆さんとの協力で運営しているサイトなので、比較的アットホームな雰囲気になっています。
ブログ紹介にも力を入れています。ブログ生活のプラスαとして是非ご活用ください。
お友達をお誘い頂いても構いませんので、是非ご一緒にご参加ください(^^)。
もしよろしければ下記項目をリンク登録フォームにお願い致します(^^)。

お名前:
タイトル:
ブログのURL:
希望ジャンル(5個まで):
紹介文(50字程度):

ジャンル分けや紹介文の作成が面倒な場合は「リンクフリー」とだけ書いていただければこちらで振り分け等させて頂きます(^^)。
唐突なお願い失礼致しましたm( _ _ ;)m。

2006.07.06 17:04 URL | みつ #HfMzn2gY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/61-7f698d95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。