近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
今年のお盆は、母の墓参りを早々に済ませて上京。
渋谷の慰霊碑に参ったあと、麻布十番の賢崇寺にもお参り。花代も馬鹿にならない、というのは大袈裟か。もっと下らんことに垂れ流すように使ってるのだから。
失礼して一枚。
賢崇寺1

佐賀藩鍋島家の菩提寺だけあって、二十二士の墓の2列前には宇都宮太郎と妻の墓があった。徳馬氏もここに眠っているのかは知らない。
賢崇寺2

アクセスは右のブログの記事が分かりやすいでっしゃろ。麻布十番 「賢崇寺 二十二士の墓」(2・26事件)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/334-0cc7ab1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。