近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
谷干城の夫人は非常にしっかりとした人で有名だった。西南の役で熊本城に籠城していたときには、鯉を釣ったら何十にも切り分けて部下に配ったし、自ら城外の空き家へ這い入り七輪や鍋をとってきて餅を焼いてはこれまた部下に配った。與倉智実夫人の分娩時には産婆をして娘を取り上げた。この娘が後に婿養子を貰ったが、それが與倉喜平中将である。

谷が農商務大臣のとき、官舎へ移れというものがあった。それを聞いた夫人は「山縣の不要になったものに谷が這入られぬ」と大憤激した。

以前三浦の回顧録のときにも取り上げたが、谷が高知県知事をすると言い出したときも、「如何に国の為とは言え、僅か一県の秩序回復のため、井上(馨)内相の下風に立ち、その節度を受けらるるとは、妾が生存中は断じて受け入れ難し」と頑張ったため、谷も遂にこの一件を思いとどまった。

谷の死後、故人を語るというような企画で一人だけ3回も登場している曽我祐準(出たがり)は、谷の病気が進んだのは、無理して伊藤博文の葬式に出たのもいけなかったが、前年に夫人を失ったのが大原因だと語っている。

ちなみにどうでもいい話だが、西南の役で西郷どんの首級を発見したのは千田登文という少尉とその従兵の前田だった。この千田翁は今村均の最初の奥さんの父だったが、西郷の首級の件はずっと黙っていた。というのも西郷の首を見た山縣が、ぼろぼろ涙をこぼしたのを見て「悪い事をした。見つけるべきではなかった。考えの足りないことをした」と反省したからだった。ところがずっと後に曽我(おしゃべり)が報知新聞で連載していた「西南戦記」の中で、「少尉千田某、遂にこれをさがしあてたり」とぽろっと書いたために、金沢ではちょっとした騒ぎになった。「千田のおじい。この新聞に載ってる少尉千田某というのはあんたじゃないのか」と人に聞かれてやっと「そうじゃ」と認めた。
スポンサーサイト

はじめまして、
こんばんは!もしくはおはようございますw

戦前陸軍の人間関係、組織論に、
全く知識はないけど、興味だけはあった自分としては(駄目人間)
こんなすばらしいサイトを閲覧でき、感動です!!

そういえば、
山縣や桂、長谷川、寺内(親)、田中等の長州閥の評判は、古今問わずいまいちですね。
なんとなく長州閥が好きな(笑)自分としてはさびしい限りです。

2010.02.04 06:05 URL | ストパーテンパー #- [ 編集 ]

おはようございます。コメントありがとうございます。
以下後ほど。

2010.02.04 07:16 URL | maroon_lance #su7LfdQk [ 編集 ]

まあ自民党経世会みたいなもんですからね>長閥

2010.02.04 21:20 URL | maroon_lance #su7LfdQk [ 編集 ]

なるほど!!なんというわかりやすい例えw
自己矛盾に定評がある自分は、
自民党清○会が贔屓ですorz

2010.02.06 19:32 URL | ストパーテンパー #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/325-1e40a6f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。