近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


南京攻略の戦車隊長として有名な藤田大佐は、終戦時第125師団の参謀長であった。8月16日、大佐は関東軍総司令部に電話をかけ、「軍命令は聞かない、玉砕あるのみ」と訴えた。が、応対に出た草地貞吾大佐に「軍命令を聞かないなら逮捕令を出しますぞ」と言われ、ようやく「では停戦命令があったということだけは師団に伝えよう」と言って電話を切っている。草地大佐は後に、このとき逮捕令を出していれば、あのような悲劇は防げたのではないかと回想している。

藤田大佐はその後、武装解除を待たず師団を離れ、身を窶し、家族を連れて通化を離れ、石人に落ち着いた。ソ聯と入れ替わりに通化に入った中国共産党は、通化省指導者の粛清を始めた。藤田は、もし自分の居所が露見した場合、匿ってくれた人々にも害が及ぶのではないかと考え、自ら竜泉ホテルの八路司令部に出頭した。八路側もこの藤田の率直な態度に好意を持ち、藤田はすぐに石人に帰ってきた。

当時の通化は、早々に中共に取り入った日本人から成る日解連が好き放題に振舞っており、居留民の反発を買っていた。また正規の八路の軍紀は厳しかったものの、金日成直系の李紅光に率いられた朝鮮人部隊(日本人は新八路と呼んだ)が、「36年の恨」を口にしながら、暴行、掠奪、処刑と残虐な所業で日本人を震え上がらせていた。このような状況下では、「関東軍の軍人が国府と組んで八路を追い出す」というようなデマに人々が飛びつくのも無理は無かった。日本人も国府系の中国人も、この噂を信じたがった。そして藤田大佐こそ、その関東軍の軍人であると考えた。

藤田は、このような考えは危険だとして、若い人たちを諌めると称し、11月頃、通化へ向かった。通化での居留民大会は、八路の劉司令出席の元にも関らず、日解連への非難大会となった(ちなみに、この大会で発言した日本人は、後に悉く処刑された)。宮城遥拝と天皇陛下万歳が叫ばれ、最後に藤田が壇上に立った。しかし藤田の演説は、八路との協力の必要性を訴える至極穏健なものであった。この大会の後、竜泉ホテルに呼ばれた藤田は、そのまま監禁されてしまう。これは1月5日頃のことであった。

1月10日、日解連の幹部を含む140名の日本人が八路に逮捕された。そのうちの一人、河内亮通化県副県長は、21日に人民裁判にかけられ、市中引き回しの末、銃殺された。さらに10数人が銃剣で刺したため、死骸は蜂の巣のようであった。通夜の席で、太田協和街班長が「河内君、この仇は、必ず討つぞ」と叫んだ。2月3日の蜂起の計画は、既にこの頃かなり進んでいたと思われる。後押ししていたのは、国民党のスパイであった。彼等は、監禁されている藤田大佐を奪還し、(藤田の意思に関らず)これをシンボルとして使うつもりであった。1月15日、藤田は竜泉ホテルの3階から脱出した。しかしこれは、蜂起に参加するためか、それとも止める為か判然としない。藤田は脱出時に怪我を負い、結局蜂起にはまったく加わらず、八路に逮捕されるまで、民家の押入れにずっと居た。

2月3日午前、電灯の点滅を合図に、一斉蜂起が起った。目的の中には、愛新覚羅溥傑の浩妃殿下救出もあった。しかしこの計画は、事前に完全に八路に漏れていた。当時の通化は国府、八路のスパイが入り乱れ、中には、少しでも日本人を救う為にと、二重スパイになった者も居た。その上、計画の首謀者の一人で大尉を自称していたAが八路に通じていた疑いすらある。そのような状況で、秘密が守られるはずは無かった。碌な武器を持たない日本人部隊は簡単に鎮圧され、苛烈な弾圧が始まった。この間藤田は、前述の通り、民家の押入れに居て、全く蜂起に加わっていない。

1月10日に逮捕された通化の有力者達が囚われていた獄舎を襲撃した佐藤少尉以下日本人は、入り口に据えられていた軽機に射すくめられ全員戦死した。八路はその後、軽機を獄舎に向け、140人全員を射殺した。夜が明けると、八路は各戸別に日本人を襲い、16歳から60歳までの男子を逮捕した。彼等は厳寒の中、狭い獄舎に押し込められ、一人ずつ呼び出されては拷問された。2月3日の蜂起で戦死した日本人はおよそ300人。事件後に殺された日本人は1000人に及ぶという。また女だけの留守宅は、朝鮮の新八路に襲われた(強姦され自決した女性もいた)。

2月5日、藤田も逮捕された。そして処刑よりも惨い処罰を受ける。藤田は、国府のスパイ孫耕暁とともに、3日間に渡り百貨店のショーウィンドーに立たされた。藤田は痩せてやつれた体に中国服をまとい、風邪を引いているのか始終鼻水を垂らしながら「許してください。自分の不始末によって申し訳ないことをしてしまいました」と謝り続けた。心ある人たちは見るに忍びず、百貨店に背を向けた。その後間もなく、藤田は肺炎で急死した。彼の死後間もなく、中共は方針を転換し、寛大政策をとるようになり、通化の治安も劇的に良くなった。そして夏には遂に、日本人に帰国の許可が出た。

著者は、藤田が戦車第一聯隊長だったときに、偶然彼と知り合い、それが縁で永くこの通化事件について調べておられる。この本以前にも2冊ほど藤田大佐と事件に関する本を書いておられるが、その本を読んである女性が著者に連絡してきた。その女性こそ、藤田が竜泉ホテルを脱出してから八路に逮捕されるまで一緒に居た看護婦であった。彼女との出会いが結実したものが本書である。通化事件の決定版と言い得るか。

在りし日の藤田実彦大佐


スポンサーサイト

まさに「自業自得」としかいえない。

2007.06.27 00:38 URL | Akira #- [ 編集 ]

え、どこが?

2008.11.02 02:24 URL | ed #- [ 編集 ]

倭猪!

2009.02.09 16:18 URL | 新品少尉 #- [ 編集 ]

異なる立場から見れば

通化事件(亦稱二、三事件):
吉林省通化市,1946年2月3日,萬餘舊日本軍人在國民黨策動下進行武裝暴動。由於八路軍(時稱東北民主聯軍)事先掌握情報,控制了內應分子,端除了國民黨暴動指揮部,以一千餘人的有生力量粉碎了敵人瘋狂反撲,打死暴亂分子四千餘人,其中日本人三千多人。當時氣溫零下二十幾度,滿街都是日本人裸露的屍體,三天后全部投進渾江冰窟窿中。當時從丹東撤回的八路軍部隊看到鴨江漂滿了屍體,以為發生了什麼大事!

通化事件是少有的中國人給日本人留下的巨痛!戰後日本人一直想回通化搞祭祀活動,直到改革開放後才如願。

在東北解放紀實裡面,劉統給了一個數字是戰鬥中殲敵一千餘人。戰後又對殘存的日軍和日僑進行過大規模的搜捕和處決。還引用蹉峨浩的話說,看到有日本關東軍被不斷拉到河邊進行處決。處決的槍聲響了整整兩天。日本方面的數字是3000人甚至還有1萬多人的說法,下面是從網上找的

1946年2月3日,新春大年初二,已經向中國投降的日本關東軍舊軍人以及日本戰俘、商人、暴民在國民黨的煽動下捲入國共東北主導權之爭。更甚者,這些賭國民黨會贏的日本人替國民黨出頭髮動武裝暴動,最終被善戰而多謀的八路軍徹底聚殲。  

戰地漏網人員包括日本暴民和國民黨黨部人員遭八路軍全城整整兩週的地毯式大搜捕。暴動策劃者和主謀者無一漏網,幾千參與者不是戰死就是被俘。一千八百名日本人或戰死或被獵殺,三千多日本男性被集中關押,許多人因為凍傷手腳被截肢。  

暴亂核心人物一是原關東軍第125師團參謀長藤田實彥大佐,二是漢奸國民黨通化黨部主任孫耕堯。  

孫耕堯暴亂前因機密洩漏被八路軍事先逮捕,審訊後被判死刑立即執行。不料因為凌晨暴亂已經開始,電路被切斷,行刑戰士暗中沒有擊中孫耕堯。等到天亮時,暴亂潰敗,八路軍返回駐地發現孫耕堯等暴動頭目均活著,遂補槍擊斃所有罪犯。  

藤田實彥則是在全城大搜捕中第七天被公安干警從日本商社的一棟社宅閣樓中發現,同時三十多名日本人被捕。共產黨在槍決所有日本主謀者的時候,唯獨留下了藤田實彥的活口,五花大綁下讓藤田實彥在展覽會向所有參觀者和遊人反反复复地承認罪行。每見到日本人來參觀,藤田實彥都會鞠躬謝罪:“真對不起了,真對不起了。”最後藤田實彥羞憤成疾病死在通化民眾醫院。  

藤田實彥對日本人說對不起是由衷的。正是因為他在通化日本人中的威望和地位,以及他對形勢的錯估,堅持聯合國民黨幫助國民黨奪取通化政權,最終導致暴亂失敗後,在通化的所有日本男人都遭了殃。  

據中日雙方的記載,數字有出入,但最保守的估計是一千八百日本人(日方有說3000餘人的,也有一萬多人的,當時通化周邊共有日本投降軍人和平民五萬人)被擊斃,死者統統赤條條的被扔進河裡“水葬”。通化中國人在日本人十四年的統治下,生活在高壓恐懼的赤貧中,對日本人深惡痛絕。尤其是日本人在投降後仍然覺得高中國人一等,寧願將儲備的戰略生活物資包括棉被軍服食糧焚燒了也不給市民一粒糧食一件衣服。一些膽大的市民試圖在火中搶回些糧食也被日本降兵打傷打殘,導致暴亂後通化市民懷著強烈的複仇心理對日本人無論是戰鬥人員還是平民縱情洩憤--因為身後有中國武裝力量支撐著。日軍屍體的衣服都讓市民扒走了,連金牙齒也被砸下。  

更讓中國軍隊不可饒恕的是關東軍衛生部隊的殘忍。原本為了利用日本的戰地醫院,在關東軍衛生部隊投降並表明願意為中國軍隊和市民提供人道救援後,八路軍將這支130人的衛生部隊成建制地保留了下來。不料後來這支部隊在暴動中成為骨幹並殘忍地用手術刀等醫療器械將中國軍隊的傷員統統挑死。作為報復,八路軍將這所野戰醫院制服後,同樣用手術刀將醫院部隊長柴田久中尉挑死。  

中國參戰人員和日本人生還者描述,中國人殺紅了眼。凡是口令答不上來了的,上去就是一槍;凡是躲在洞里或隱藏處的,二話不說手榴彈就進去問侯了;凡是躲地窖裡的統統堵死出口和通風口一律活埋。  

直到第二天八路軍通化司令部才下達命令:只抓不殺。此時,已經到處都是日本人的屍體。於是就有了日本人的著作:“共產軍虐殺日本人事件--通化事件”。  

全城大搜捕時,日本人的傲慢也害了他們自己。日本人自視甚高,入鄉不隨俗,中國的春節居然不在門外掛對聯。於是八路軍挨家挨戶大搜捕,只要不掛對聯的統統被破門而入,成年男子一律被綁走,只要稍作反抗就被擊斃。於是,通化的日本人無論是商社從業人員還是鐵道公司職員,統統被關入大牢。逃跑是愚蠢的,只要露出此意就會招來殺身之禍。  

暴亂前夕共產黨已經得到情報,日本人計劃暴亂奪取共產黨政權交給國民黨。於是共產黨秘密搜捕將一百多名原關東軍指揮官員關押一處。然而敵中有我、我中有敵,關押地點被洩漏。暴亂伊始,日本軍隊圍攻臨時關押處。而我方只有一個班的看守兵力,幸虧班長當機立斷,用機槍將一百多名企圖裡應外合的在押犯全部擊斃。  

除此之外,這個時候的通化孕育了以後中國的幾個著名團體。  

中國空軍的發祥地在這裡,第一任中國航空學校校長是林彌一郎,原日軍航空隊隊長。後來成為空軍司令的王海上將遇見林彌一郎都要敬禮,言必稱“老師”。林彌一郎差點兒在暴亂前夕被槍斃,幸虧延安時期的日本人八路軍前田光繁力保才免於一死。  

總政文工團發源於此,前身是通化砲兵學校文工團。暴亂中,留用人員中的日本人試圖開動坦克參加暴動被鎮壓。  

末代皇帝的皇弟傅傑之妻蹉峨浩被關押通化。蹉峨浩是暴亂中日本人營救的目標之一。日本人在營救蹉峨浩的局部戰鬥中贏得了暫時的勝利,將蹉峨浩成功解救出來。然而在全局中仍然慘敗,面對蜂擁而來的中國援部隊,日本人不得已將蹉峨浩送回關押處,自己逃亡後在大搜捕中被俘。八路軍中朝鮮人部隊對日本人無比憎恨,是我方所有部門中唯一一個沒有被敵人策反的,也是對日本人大開殺戒最徹底的。  

而挑動暴亂的國民黨人是最懦弱的,幾乎沒有國民黨人參與戰爭行為,都在家裡等現成的:如果日本人勝利他們就出來摘桃子;如果日本人失敗他們也沒有責任。  

但是共產黨人沒有放過他們,根據審訊日本戰犯和國民黨特務的筆錄,共產黨人逮捕了幾百名在家等捷報的國民黨人,最後槍斃了百來個通敵縱敵者。  

對於此次事件,日本人耿耿於懷,最近鼓譟聲音也有越來越大的趨勢。

2009.02.20 02:35 URL | 都区 #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.06.01 20:18  | # [ 編集 ]

それだと日中戦争で起きたことも単なる結果ですよね

2009.11.17 22:50 URL | あ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/31-66728dfa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。