近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

  • ルートヴィッヒ・ベック上級大将。1935-38年に陸軍参謀総長。1944年7月20日の一揆の成功の暁には国家元首となることになっていた。1944年7月20日にでベンドラー街で自殺。
  • フリードリヒ・オルブリヒト歩兵大将。予備軍参謀長。暫定内閣では軍務大臣に決定していた。1944年7月20日にベンドラー街で逮捕され、その中庭で銃殺。
  • ヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉(ハンス・ベルントの兄弟)。法律家。伯爵クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の副官。1944年7月20日にベンドラー街で逮捕され、その湯で処刑。
  • 伯爵クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク大佐。予備軍最高司令官フロム上級大将の参謀長。暫定内閣の軍務省次官に決定していた。1944年7月20日にヒトラー暗殺計画を遂行。1944年7月20日にベンドラー街で銃殺。
  • リッター・アルブレヒト・メルツ・フォン・クヴィルンハイム大佐。参謀将校。フォン・シュタウフェンベルクの後を継ぎ(1944年6月)、オルブリヒト大将の参謀長。1944年7月20日にベンドラー街で逮捕され、その中庭で銃殺。

  • ウルリヒ・フォン・エルツェン少佐。参謀将校。オルブリヒトの下で一揆の計画立案に参加した主要な人物の一人。1944年7月20日に自殺。
  • ヘニング・フォン・トレスコウ少将。中部軍司令官フォン・クルーゲ元帥の第一参謀で、後参謀長。1944年7月21日に自殺。
  • ゲオルク・コンラート・キスリング。大土地所有者。1944年7月22日に処刑。
  • ジークフリート・ヴァーグナー大佐。オルブリヒト大将の参謀将校。1944年7月22日に自殺。
  • 男爵ヴェッセル・フォン・フライターク-ローリングホーフェン大佐。1944年7月26日に自殺。
  • エドゥアルト・ヴァーグナー砲兵大将。陸軍最高司令部参謀次長。1944年7月26日に自殺。
  • ヴェルナー・シュレーダー中佐。陸軍最高司令部から軍情報部ヘの連絡将校。1944年7月28日に自殺。

  • エルヴィン・ヨブ・フォン・ヴィッツレーベン元帥。国防軍最高司令官に決定していた。1944年8月8日に絞首刑。
  • エーリヒ・ヘプナー上級大将。1944年7月20日にフォン・ヴィッツレーベンにより予備軍最高司令官に任命された。1944年8月8日に絞首刑。
  • パウル・フォン・ハーゼ上級大将。1940-44年にベルリンの司令官。1944年8月8日に絞首刑。
  • 伯爵ぺーター・ハンス・ルートヴィッヒ・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルク。クライザウ・グループの一人。暫定内閣の内閣書記官長に決定していた。1944年8月8日に絞首刑。
  • ウルリッヒ・フォン・ハッセル。職業外交官。1932-7年にローマ大使。ゲルデラーの暫定内閣では、外務大臣候補者の1人。1944年8月8日に絞首刑。
  • ヘルムート・シュティーフ少将。陸軍最高司令部組織局長。1944年8月8日に処刑。
  • ロベルト・フォン・ベルナルディス中佐。1944年8月8日に絞首刑。
  • アルブレヒト・フォン・ハーゲン予備役中尉。ヘルムート・シュティーフ少将の副官。1944年8月8日に処刑。
  • フリードリヒ・カール・クラウジング大尉。1944年8月8日に絞首刑。

  • アルフレート・クランツフェルダー(海軍)大尉。海戦司令部第1課。1944年8月10日に処刑。
  • 伯爵フリードリヒ・ディートロフ・フォン・デル・シューレンブルク。第一次大戦の時のドイツ皇太子の参謀長の末子。1935-39年にベルリンの警視副総監。1939―44年には、シュレジエンの州長官代理。クライザウ・グループの一人。1944年8月10日に処刑。
  • 伯爵ベルトルト・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク。法律家。クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルクの兄弟。1944年8月10日に処刑。

  • ハンス・アレクザンダー・フォン・フォス中佐。フォン・シュテュルプナーゲル大将の義理の子。フォン・ヴィッツレーベン元帥の参謀将校。1944年8月11日に自殺。
  • 伯爵ヴォルフ・ハインリヒ・フォン・ヘルドルフ。SA上級指導者。1935-44年にベルリン警視総監。1944年8月15日に絞首刑。
  • ハンス・ベルント・フォン・ヘフテン(海軍予備役)中尉。外務省の公使館付法務官。1944年8月15日に処刑。
  • エグベルト・フォン・ハイイェッセン少佐。オルブリヒトとフォン・ハーゼの間の連絡将校。1944年8月15日に絞首刑。
  • ベルンハルト・クラムロート中佐。シュティーフ少将の参謀の一人。1944年8月15日に処刑。

  • 男爵アダム・フォン・トロット・ツー・ゾルツ。外務省の公使館法務官。クライザウ・グループの一人。1944年8月25日に絞首刑。
  • ハンス・ゲオルク・クラムロート。商人。軍情報部。1944年8月26日に処刑。
  • 男爵ルートヴィッヒ・フォン・レオンロート少佐。第7軍管区(ミュンヘン)の連絡将校に決定していた。1944年8月26日に処刑。
  • 男爵ゲオルク・フォン・ベーゼラーガー大佐。第3騎兵旅団長。1944年8月27日に絞首刑。

  • エーベルハルト・フィンク大佐。1944年7-8月に、西部軍最高司令官フォン・クルーゲ元帥の参謀長代理。1944年8月30日にプレッツェンゼー刑務所で絞首刑。
  • ハンス・オットフリート・フォン・リンストウ大佐。パリでフォン・シュテュルプナーゲル上級大将の参謀長。1944年8月30日に処刑。
  • カール・エルンスト・ラートゲン中佐。1944年8月30日に処刑。
  • カール・ハインリヒ・フォン・シュテュルプナーゲル歩兵大将。1942-44年にフランス軍政官。1944年7月21日に自殺未遂。1944年8月30日に絞首刑。
  • フリッツ・イェーガー大佐。1944年8月31日に処刑。
  • エドゥアルト・ハム博士。法律家。クノーの下で元内閣書記官長。1944年8月に処刑。
  • ゲルト・フォン・トレスコウ中佐。1944年9月2日に自殺。

  • フリッツ・エーリヒ・フェルギーベル大将。陸軍最高司令部の通信部長。1944年9月4日に処刑。
  • クルト・ハーン大佐。フェルギーベル大将の参謀長。1944年9月4日に処刑。
  • 伯爵マックス・ウルリヒ・フォン・ドレクゼル大尉。1944年9月4日に処刑。
  • ハンス・オットー・エルトマン大佐(第1軍管区)。1944年9月4日に処刑。
  • ゲルハルト・クナーク少佐。1944年9月4日に処刑。
  • 伯爵ハインリヒ・フォン・レーンドルフ-シュタインオルト。大土地所有者でフォン・ボック元帥の副官。1944年9月4日に処刑。

  • フリッツ・ティーレ中将。国防軍統合司令部通信部長。1944年9月5日に処刑。
  • ゲオルク・ハンゼン大佐。参謀将校で軍情報部第1課長。1944年9月8日に、プレッツェンゼー刑務所で絞首刑。
  • パウル・アダム・フランツ・レジューネ-ユング博士。哲学並びに法律学博士。1924-30年にはドイツ人民党のライヒ議会議員。暫定内閣の経済大臣に決定していた。1944年9月8日にプレッツェンゼー刑務所で処刑。
  • 伯爵ウルリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュヴェリン-シュヴァーネンフェルト大尉。1940-42年にフォン・ヴィッツレーベン元帥の副官。1944年9月8日に処刑。
  • ギュンター・シュメント中佐。参謀将校。1944年9月8日に処刑。
  • エリザベート・フォン・タッデン。女校長。1944年9月8日に処刑。
  • ヨーゼフ・ヴィルマー。法律家。中央党。暫定内閣における司法大臣に決定していた。1944年9月8日に処刑。

  • ヴィルヘルム・ディークマン参事官。1944年9月13日に処刑。
  • 伯爵ハインリヒ・ツー・ドーナ-トルクスドルフ少将。地主。第1軍管区(ケーニヒスベルク)の政治委員に決定していた。1944年9月14日に絞首刑。
  • 伯爵ミカエル・フォン・マツーシュカ。1944年9月14日に処刑。
  • ヘルマン・ヴェールレ神父。陸軍従軍牧師で男爵フォン・レオンロートの聴罪師。1944年9月14日に処刑。
  • 伯爵ニコラウス・フォン・ユクスキュル大佐。ボヘミアとモラビアの保護領の連絡将校に決定していた。1944年9月14日にプレッツェンゼーで絞首刑。
  • フリッツ・リンデマン砲兵大将。1944年9月22日に処刑。

  • マックス・ハーベルマン。ドイツ国家主義商店員連盟の元書記で、ドイツ国家人民党員。1944年9月29日にギフホルン刑務所で自殺。
  • オットー・ヘルフルト少将。1944年7月20日にフォン・ヴィッツレーベンによりベルリン軍司令部参謀長に任命された。1944年9月29日に絞首刑。
  • フリッツ・フォン・デル・ランケン中佐。オルブリヒトの副官。1944年9月29日に処刑。
  • ヴィルヘルム・ロイシュナー。社会民主党指導者。1928-33年にヘッセンの内務大臣。フォン・ハムマーシュタイン将軍の友人で、彼がこのロイシュナーをベックに紹介した。暫定内閣では副首相に決定していた。1944年9月29日に絞首刑。
  • 伯爵ヴィルヘルム・フリードリヒ・ツー・リナール少佐。地主で、フォン・ヴィッツレーベン元帥の副官。1944年9月29日に処刑。
  • ヨアヒム・マイクスナー。1944年9月29日に処刑。
  • ヨアヒム・ザドロツィンスキー中佐。1944年9月29日に処刑。

  • ニコラウス・フォン・ハーレム。商人。軍情報部。1944年10月8日に処刑。

  • カール・ラングベーン博士。法律家。1944年10月12日に処刑。
  • 伯爵ルドルフ・フォン・マログナ-レドニィッツ大佐。ウィーンの軍情報部支局長。第17軍管区(ウィーン)の連絡将校に決定していた。1944年10月12日にウィーンで処刑。
  • プレラート・オットー・ミュラー。カトリック労働者連盟の指導者。1944年10月12日にテーゲル刑務所で死亡。
  • 男爵アレクシス・フォン・レンネ大佐。陸軍最高司令部外国陸軍局長。1944年10月12日に処刑。

  • 伯爵ハンス・ユルゲン・フォン・ブルーメンタール少佐。第2軍管区の連絡将校に予定されていた。1944年10月13日に処刑。
  • ローラント・フォン・ヘスリン少佐。参謀将校。1944年10月13日に処刑。
  • フリードリヒ・ショルツ-バビッシュ騎兵大尉。地主。第8軍管区(ブレスラウ)の連絡将校に決定していた。1944年10月13日に処刑。
  • ゲオルク・シュルツェ-ビュットガー中佐。フォン・マンシュタイン元帥の第一参謀。1944年10月13日に処刑。

  • エルヴィン・ロンメル元帥。1944年10月14日に自殺。
  • エドゥアルト・ブリュックルマイアー。外務省の公使館付法務官。1944年10月20日に処刑。
  • ヘルマン・マース。社会民主党並びに労働組合指導者。1944年10月20日に処刑。
  • アドルフ・ライヒヴァイン教授(博士)。社会民主党。社会主義青年運動指導者。1944年10月20日に処刑。
  • カール・ハインツ・エンゲルホルン中佐(軍情報部)。1944年10月24日にブランデンブルク刑務所で処刑。
  • 男爵カール・フォン・テュンゲン中将。陸軍最高軍法会議の裁判長代理。ヘプナーにより、第3軍管区(ベルリン)司令官コルツフライシュの後任に任命された。1944年10月24日に処刑。

  • 伯爵フリードリヒ・ヴェルナー・フォン・デル・シューレンブルク。1935-41年にモスクワ大使。暫定内閣の外務大臣候補の一人。1944年11月10日に処刑。
  • ヴァルター・クラーマー。織物業者。シュトール株式会社取締役。第2軍管区(シュテッチン)の政治委員に決定していた。1944年7月22日に逮捕。1944年11月14日に処刑。
  • ベルンハルト・レッターハウス。元キリスト教労働組合の書記長。暫定内閣では再建大臣に決定していた。1944年11月14日に処刑。
  • 男爵フェルディナント・フォン・リューニング。前ヴェストファーレン州長官。第20軍管区(ダンチヒ)の政治委員に決定していた。1944年11月14日に処刑。

  • エーリヒ・グレーデン。建築技師。1944年11月30日に処刑。
  • リゼロッテ・グレーデン博士。法律家(エーリヒの妻)。1944年11月30日に処刑。
  • エリーゼ・アウグステ・クツニツキイ夫人(旧姓リリエンクロン)。1944年11月30日に処刑。
  • ペーター・イェンス・イェッセン博士。指導的経済学者。1931-33年にベルリン大学政治学教授。元ナチ党経済政策局の一員。1944年11月30日に処刑。

  • カール・ヴェンツェル-トイチェンタール。地主。1944年12月20日に処刑。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/304-243a128c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。