近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
京都の古書即売会で購入した本が届いた。今回は雑誌のバックナンバーが多い。


  1. 原田伴彦『日本史の人物像9 剣客列伝』筑摩書房
    登場人物は塚原卜伝、上泉信綱、伊藤一刀斎、東郷重位、柳生十兵衛、宮本武蔵etc.私は幕末の千葉周作、斎藤弥九郎、男谷精一郎、桃井春蔵の話に惹かれて購入。
  2. 橋本昌樹『田原坂 西南役連作』中央公論社
    著者は橋本虎之助中将の息。西南の役は『翔ぶが如く』くらいでしか知らないし、中々読み易そうだったので購入。
  3. 今西栄造『昭和陸軍派閥抗争史 101人の政治的軍人』伝統と現代社
    大分前に読んでいる本だし、格別読み直したいとも思わなかったが、安かったのでつい捕獲。
  4. 桑島節郎『満州武装移民』教育社
  5. フォン・メレンティン『ドイツ戦車軍団 上下』朝日ソノラマ
  6. ジェームズ・テーラー『ナチス第三帝国事典』三交社
    これが一番高かった。Wikiよりは役立つだろうと期待。
  7. ヨアヒム・フェスト『ヒトラー 最期の12日間』岩波書店
    類似本が何冊かあったが、一番新しいこれを選んだ。
  8. 清瀬一郎『秘録東京裁判』中公文庫
  9. 笹川良一『巣鴨日記』中央公論社
  10. 小宮山登『畑俊六 巣鴨日記 米内内閣崩潰の真因』日本文化連合会
    今ちょうど戦犯裁判について色々読み直しているのでその流れで購入。
  11. 『文藝春秋臨時増刊 三代特ダネ読本』
    巻頭グラビアはふんどし姿の乃木大将。朴烈・金子文子の写真も。
  12. 『特集文藝春秋 日本陸海軍の総決算』
    陸海将軍の座談会など収録。
  13. 『中央公論 歴史と人物 昭和四十五年』
    福田恒存「乃木将軍は軍神か愚将か」など収録。
  14. 『中央公論 歴史と人物 昭和四十六年九月』
  15. 『中央公論 歴史と人物 昭和五十三年五月』
    特集日本海軍事件秘史。花井清「秋山真之と花井卓蔵の激論」、船坂弘「遠藤中佐の決意と最期」など収録。
  16. 『中央公論 増刊歴史と人物 秘録太平洋戦争 昭和五十七年』
    川島威伸「鈴木敬司大佐の活躍」、山下實六「川口支隊長の精神鑑定」、春山和典「”軍神”南郷兄弟の生と死」、黛治夫「戦艦無用思想を批判する」、服部雄三「五原の捨石」、朝枝繁春「大本営参謀の極秘終戦指導方策(案)」など収録。
  17. 『諸君! 昭和五十八年九月』
    田中正明「”南京虐殺”の松井石根の陣中日誌」など収録。
  18. 『中央公論 歴史と人物 実録日本陸海軍の戦い 昭和六十年』
    参謀本部の各課の在籍者がその課の業務と活動を綴っているのが面白い。
  19. 『中央公論 歴史と人物 日本陸海軍の戦歴 昭和六十一年』
    特集・関東軍四十年の風雪、林三郎「戦時下の陸軍中央部」など収録。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/272-4788337a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。