近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
第3章 宇垣内閣の流産 ―「軍の総意」による「反対」
昭和12年の1月23日に広田内閣が総辞職し、宇垣一成大将に組閣の大命が下ります。そこから大命拝辞までの流れは、色々な本に載っていますし、何より本書も詳しいのでそちらを読んでいただくとして、ここでは個人個人にスポットを当てます。
香月清司中将については下記URL
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/blog-entry-210.html
小磯国昭については下記URL
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/blog-entry-245.html
で触れているので、今回は省略します。

宇垣反対のムーブメントの中心にいたのが石原莞爾であることは衆目の一致するところです。当時彼は参謀本部の第二課長でしたが、その権勢は下手な大臣をしのぐくらいのものがありました。「魔力があった」と表現する人もいます。また陸軍省の兵務課長田中新一や軍務局課員片倉衷も石原に追随していました。彼らの反対理由は、表向きは三月事件でしたが、実際はかつての軍縮に現されるような宇垣の豪腕を嫌がってのものだと言われています。この頃石原は独自の五ヵ年計画を腹蔵しており、それにはうるさ型の宇垣では都合が悪かったのでしょう。

軍務局長は磯谷廉介でしたが、彼も格別石原たちの動きを止めるようなことはしませんでした。この人の本心は良く分りません。憲兵司令官の中島今朝吾は派手に動きますが、この人に関しては別に書くときが来ると思うので、今回は省略です。

さて本題は下から突き上げられる立場にあった人々です。まず三次長。

教育総監部本部長の中村孝太郎は、陸軍が形式的に出した陸相候補の一人でしたが、正直彼がどういう考えであったのかは、全くわかりません。経歴的には宇垣の部下だったこともあり、当然知った仲ではあったでしょう。

参謀次長の西尾寿造は若い頃から非常な能吏として知られ、彼が見た文書は、宇垣も盲判を押したと言われています。つまりそれだけの信頼関係があったということです。彼は石原の動きを追認したように見えますが、本心がどうであったのかは分りません。

陸軍次官の梅津美治郎は、上記二人よりさらに宇垣と縁の深い人物でした。私生活では仲人もしてもらっています。梅津はその性格から言っても、石原たちの動きに不快感を持っていた節があります。しかしこのときはまだ、何も言いませんし動きません。明哲保身の人として、宇垣も不快感を日記に綴っています。

三次長の上の三長官。

陸軍大臣の寺内寿一は、かつて予備役入りのところを、宇垣にすがって助けてもらったことがあります。宇垣が思うほど、当人がそのことを恩に感じているかは分りませんが、彼個人が宇垣に悪意を持っていないことは確かです。某筋から、「そろそろ宇垣は(首相に)どうだろうか」と聞かれて、「もうそろそろいい時分でしょう」と答えています。しかし自他共に認めるロボットである彼は、部下に言われるままに宇垣を訪れ、大命拝辞の勧告までしています。

参謀総長は閑院宮殿下でした。殿下は基本的にお飾りで、普段は次長が職務を代行することが多いのですが、このときの三長官会議には、殿下直々に出席されておられます。これは殿下の権威を利用しようとする石原の差し金であったと言っている人がいるようです。殿下の三長官会議出席を後で聞いた別当の稲垣三郎中将は、

同宮邸に奉仕すること十数年の永きにわたりながら、最も大切の時機に、同邸におらざりしために、飛んだ事態をかもしたり

と残念がったとか。これを見ると、稲垣中将は宇垣内閣に賛成であったととれますね。この話は私は本書で初めて知りました。またこの殿下の動き(宇垣排撃加担)に抗議して、第一師団に閑院宮殿下の「死亡通知葉書」を投げ込んで逮捕された新聞記者もいたそうです。

最後に問題の教育総監杉山元。杉山は宇垣の下で軍事課長、軍務局長、陸軍次官を務め、彼との縁の深さでは、当時の陸軍で右に出るものはいないといっても良いでしょう。宇垣が大命を拝し、宮中から四谷の自宅に戻ったのは25日の午前3時前でした。出迎える人の中には和服を着た杉山大将の姿もありました。勿論彼はその時、大命拝辞についてなど何も言いません。それを見た人々が、杉山は大臣をやるつもりだなと思ったとしても、無理は無いでしょう。よもやこの先生が、翌26日に近衛師団長の香月中将(杉山中村に次ぐ第三の候補)を伴って記者会見を開き、「自分は絶対に宇垣内閣に入閣しない」言い放ち、更にその足で宇垣を尋ねて大命拝辞を勧告するなど、神ならぬ身では分るはずも有りません。26日、大命拝辞を勧告しに組閣本部の宇垣を尋ねた杉山は、逆に宇垣に言いこめられ、(´・ω・`)として帰ります。そもそも彼がどういうつもりで、私服で宇垣を出迎えたのか分りませんが、こういうことをしているから、「便所のドア」(どっちにでも開くの意)などと呼ばれるのです。宇垣としても泣くに泣けない心境だったでしょう。

【感想】
著者は、宇垣反対は陸軍の総意であり、それ故に例え軍部大臣現役武官制が復活していなかったとしても、陸軍大臣を求めるのは難しかったであろうとしています。この点は私も同意見です。タイミング的に、現役武官制復活の直後に起こっただけに、惑わされやすいですが。しかし宇垣は後備の大将です。現役武官制が無ければ、法制上は彼自身が陸軍大臣を兼摂することが可能でした。勿論このような状況で、彼が陸軍大臣になったとして、何が出来たかというのはあります。しかし何か出来たかもしれません。そういう意味で、私はある程度、軍部大臣現役武官制の威力を認めるのです。


ブックマークに追加する


スポンサーサイト

昭和6年から昭和15年まで、10年間参謀総長を務めた閑院宮載仁親王。昭和陸軍のキーパーソンは、ある意味ではこの人だったのではないでしょうか。私の知る限り、この方は2度陸軍の、従って日本の運命を決める決定に深く関与されています。
一度目は昭和10年夏の真崎教育総監更迭を決めた三長官会議。ここでは詳しく述べませんが、当時の状況を見ていきますと、真崎更迭を主導したのは、林銑十郎陸相でもなく、永田鉄山軍務局長でもなく、参謀総長宮殿下ではないかと見えてきます。参謀次長時代の真崎の殿下への補佐によほど不満があったのではないかと、私は推測しています。
2度目が、このときの宇垣の首相就任排撃です。長い陸軍生活を通じて、二人の間にどのような接点があったかは分かりませんが、殿下は真崎に対して抱いていたと同様な不快感を宇垣に対して持っていたような気がします。
宇垣にしても真崎にしても、明哲保身の官僚タイプではなく、強烈な主張を持った人物です。どうも、殿下はこういうタイプの人物がお好きではなかったのかもしれません。
いずれにしても、高齢の皇族を60代後半から70代の前半まで軍令の長に据え置いたことに、私は昭和陸軍の事なかれ主義的病弊を感じます。

2008.03.15 17:44 URL | 予備役陸軍中佐 #rrOt3Jtg [ 編集 ]

自分と同じ騎兵科の将校を好む風もあったようですね。稲垣も植田も騎兵でした。真崎サイドは、稲垣中将があること無いこと吹き込んでいると思いたがっていたようですが、果たして。。。

関係ないですが、本日『明日への遺言』を見てきました。fog of warも届いていますので、近いうちに何か書きたいと思います。

2008.03.15 22:36 URL | maroon_lance #su7LfdQk [ 編集 ]

maroon_lance様
腰が軽く、反応が早く、読書速度が半端でなく早い。若さの特権ですね。誰かが書いていましたが、まことに後世畏るべしです。
「明日への遺言」はまだ見ていません。西院の戦争関連の映画を見ると、たいてい腹を立てることが分かっているので、あまり見る気になれないのです。そうはいっても、岡田資中将だけは見ることになるのでしょうけどね。
戦争を経験した世代(兵士の経験のある世代)が監督、出演した映画でないとリアリティが感じられないだろうと思ってしまうのです。
野間宏原作の「真空地帯」は内務班生活をリアルに書いた映画でしたが、言ってみれば「時津風部屋」が日本全国にあったみたいなものです。何しろ、戦争が終わってから7年目に創られた映画ですから、皆が軍隊の内務班生活というものをリアルに知っている時代なので、そこには嘘というものが入っていないわけです。兵士から見た真実の軍隊生活が描かれています。
五味川純平作、新藤兼人、仲代達也の「人間の条件」、喜劇仕立てですが、岡本喜八監督、三船敏朗、佐藤允主演の「独立愚連隊」、増村保造監督、勝新太郎、田村高広の「兵隊やくざ」などという映画は、戦争経験が社会全体に息づいていた時代に作られた傑作映画だと思います。
軍隊の記憶が誰にとっても鮮やかに残っていた時代ですから、脇役の一人まで、兵隊の演技がみな様になっているのです。日本人の俳優が訓練なしに上手にに演じられるのは、男は兵隊、女は娼婦と言われていた時代です。
戦争犯罪関係の映像で私が見て記憶に残っているのは、フランキー堺主演の「私は貝になりたい」ですね。最下級の兵士として飛行士処刑に参加して、C級戦犯として処刑される物語です。
「私は貝になりたい」は映画だと思っていましたが、今調べてみたらTBS制作のテレビドラマでした。昭和30年代にはこんな深刻なドラマが、放映されていたんですね。今日では考えられないことです。

2008.03.16 12:12 URL | 予備役陸軍中佐 #rrOt3Jtg [ 編集 ]

今朝の朝日に市川雷蔵の特集が載っており、大変面白く読みました。
中野学校とか見てみたいですね。

2008.03.17 22:07 URL | maroon_lance #su7LfdQk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/252-a030b491

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。