近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
また子供が殺された。ニュースは絶え間なく、陰惨な事件を伝える。下手人が親とか近しい人間の場合は、大体捕まっているようだが、赤の他人系の犯罪はどうか。この未解決事件のリストを見てると、何か全然捕まってないような気すらしてくる。
光市の事件の論告求刑が終わった。
犯罪の被害者やその遺族というのは確かに、拉致被害者の人々なんかと同じく、社会からほぼ放置されてきた(加害者もサカキバラのような例外を除けば放置されてるが)。政権与党は勿論、リベラルもこの点は同罪だろう。今のリベラルは、自分たちの既得権を守ることしか頭にない。自民党の道路族なんかと何が違うのか。既存リベラルへの失望は、若者の貧困問題を訴える赤木智弘さんなども書いておられる。今やこの国を二つに分けるのは、右左ではなく、南北(持つものと持たざるもの)か。
ネット上では本村氏を支持する人も居れば叩く人もいるが、どっちも好き嫌いの感情論からは一歩も出ていない。本村氏は賢明だからそういうことはしないが、仮に彼がどちらかに偏した政治的発言でもすれば、この支持不支持の勢力図は一変するだろう。しかしこんなご時勢に、死刑廃止を訴えるなら、アカぬけした案(by山下奉文)ぐらい示すべきでは?被害者遺族を叩くなど筋違いも甚だしい。


で、本題。トム・クルーズの映画”Valkyrie”の続報。

上の写真、向かって左立っている背広がゲルデラー(Carl Goerdeler)、座っている軍服は左からメルツ・フォン・クヴィルンハイム(Albrecht Riter Merz von Quirnheim)にオルブリヒト(Friedrich Olbricht)。中央アイパッチがシュタウフェンベルク(Claus Schenk Graf von Stauffenberg)でその右がルードヴィッヒ・ベック(Ludwig Beck)。右端座っているのがヴィッツレーヴェン(Erwin von Witzleben)で、立っている軍服がトレスコウ(Henning von Tresckow)だそうだ。デイリーメール
ゲルデラーはこの中では唯一の文民。キャストはKEVIN McNally。予備軍副司令官兼兵務局長オルブリヒト歩兵大将はBILL Nighy。予備軍参謀クヴィルンハイム大佐はChristian Berkel(ドイツ人)。元陸軍参謀総長ベックはTERENCE Stamp。ヴィッツレーヴェン元帥はDAVID Schofield。トレスコウ少将はKENNETH Branagh。大分出揃ってきたね。後はヘフテンか。彼の最期は恐らく映画のクライマックスだろう。

下の写真は鎮圧に当たるレーマー?



撮影はどうやらベンドラーブロックを使用して行われるようだ。ドイツ政府もトムへの方針を変更したらしい。下のリンク先でメイキングが見れる。
http://www.aintitcool.com/node/34317
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/197-2f52858f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。