近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
秦郁彦『第二次世界大戦 鋼鉄(はがね)の激突』中公文庫

六つの決定的戦闘(バトルオブブリテン、モスクワ、エル・アラメイン、スターリングラード、ノルマンディ、アルデンヌ)と七つのエピソードからなる章立て。
特に第十二章の各国エースリストは秦先生らしい仕事。試みにうpしようかと思ったが、Wikiのエース・パイロットの項目に大部分が載ってるので自重する。
マルセイユには態々一章割いており、先生お気に入りの模様。僕個人としてはガランド・サーカスに興味がある。やはりスコアでいうと、ルフトヴァッフェのエースたちが群を抜いてますね。

日本のトップエースは西澤広義か岩本徹三か。最近では岩本中尉というのが定説なんですかね。陸軍航空のトップは篠原弘道准尉。この人はノモンハンにおいて戦死するまでの2ヶ月余で58機という驚異的な数字を残している(1日に11機と8機を1回ずつ、6機を2回という”固め打ち”を記録)。この数字は結局後の世界大戦でも抜くものが現れなかった。もっとも76機撃墜の上坊良太郎こそ真の陸軍トップエースであるという話もあるらしい。有名な黒江保彦少佐は30機(Wikiでは50機となってる)で、この数字は、陸士or海兵出の正規将校としてはトップでは?



スポンサーサイト

ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。

2007.09.22 21:46 URL | タイムブログランキング #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/185-6f902ef0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。