近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
日テレのニュースでもやってました。

比で旧日本兵2人生存か 大使館員が面会へ
 フィリピン南部ミンダナオ島に旧日本兵2人が生存しているとの情報があり、マニラの日本大使館員が27日、同島を訪れ、ジェネラルサントス市のホテルで面会する。日本政府筋が26日、明らかにした。
 2人は同市に近い山中に暮らしていて、旧日本兵の遺骨収集活動をしている日本人と出会ったという。この日本人の仲介で大使館員との面会が実現する。第2次大戦の終戦を知らずに過ごしていたかどうかや、現地で家族など生活の基盤を持っているかなど詳細は不明。
 日本政府筋によると、2人は旧日本兵であることを証明するものを所持しているとされ、漢字で書いた名前を示したという。大使館員が身元を含め事情を聴く。(共同)


ミンダナオ島というと第35軍の第30師団、第100師団(名古屋)や独立混成第54旅団(仙台)がいましたが、まあ必ずしも終戦時にミンダナオにいた部隊とは限らないですよね。
スポンサーサイト

旧日本兵の件ですが
私も疑わしと考えます。
私は、ミンダナオに仕事で何度も行ってますが、当時の脱走が現地人と結婚したにしてもおかしとおもいます。
ちなみに、ダバオの当時マニラ麻栽培者は、
沖縄を含む日本人移住者が多く、現地の人も日本語の読み書きが出来る人が残っています。また記者会見をした、ジェネラルサントのロイヤルホテルにも何度も宿泊しましたが、人に見られない事は絶対ありません。
私の父親は、B級戦犯で現地で裁かれ帰国しましたが、本当なら一日でも早く帰国させてあげたく希望します。

2009.01.10 15:24 URL | 藤原明宏 #- [ 編集 ]

旧日本兵の件ですが
私も疑わしと考えます。
私は、ミンダナオに仕事で何度も行ってますが、当時の脱走が現地人と結婚したにしてもおかしとおもいます。
ちなみに、ダバオの当時マニラ麻栽培者は、
沖縄を含む日本人移住者が多く、現地の人も日本語の読み書きが出来る人が残っています。また記者会見をした、ジェネラルサントのロイヤルホテルにも何度も宿泊しましたが、人に見られない事は絶対ありません。
私の父親は、B級戦犯で現地で裁かれ帰国しましたが、本当なら一日でも早く帰国させてあげたく希望します。

2009.01.10 15:26 URL | 藤原明宏 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/17-69ad21bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。