近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
今月は最後まで酷い月だった。不注意にひいた夏風邪をこじらせ、気管支炎になってしまった。夜になると激しく咳が出て、寝ることすらままならない。喘息の人のつらさがちょっとわかったな。

トム・クルーズがシュタウフェンベルクを演じる「Valkyrie」という映画が現在撮影されている。この前、そのトム・クルーズのドイツ国内での撮影を認めるかどうかで一悶着あったようだが、結局どうなったんだろう。しかし彼がカルト信者かどうかは置いておいても、アメリカ人がドイツ国防軍将校をやるというのは、日本人から見ても変な気分がする。
ところでベックやヴィッツレーベンやスパイデルやカナリスは誰が演じるんだろう?ちょっと検索してみたけどよくわからん。出てこないということは無いだろうね?ちなみにトレスコウはケネス・ブラナーがやるらしい。

val1_910.jpg


8月1日追記
フェルギーベル大将はEddie Izzardという人がやるらしい。
シュタウフェンベルクはパニくったフロムに銃殺されるわけだけど、それは幸運なことだったのかも知れないね。裁判にかけられたヴィッツレーベンたちは、ピアノ線で吊り上げるという滅茶苦茶残忍なやり方で処刑されたのだから。



もう一つ映画について。迂遠なことに、今日はじめて知ったのだけども、岡田資中将を主人公にした映画が撮られているとのことだ。「明日への遺言」というタイトルで、藤田まことが岡田将軍を演じる。岡田将軍といえば、罪を一身に背負って”法戦”を戦い、巣鴨で一番立派な人物だと笹川良一に言わしめた人であり、一方熱心な法華信者で、処刑される直前まで、勧誘活動に精を出していたという。遺著の『毒箭』を読んでも相当強烈な人物である。T條とかは全然思い入れが無いので、どうでも良かったが、岡田将軍は好きな将軍の一人なので、嬉しさよりも不安が先に立ちます。




スポンサーサイト

おひさしぶりです。

気管支炎、大変ですね。
私はぜんそく持ちなところがあって風邪をひいたら発作がでてしまうことがあるので特に去年の秋ごろはひどくなって死ぬかと思いました。
おだいじにどうぞ。

>藤田まことが岡田将軍
はぐれ刑事の再放送ばっかり見ているもんだから、そっちのイメージが強くて…。

>NOT 佐藤哲三 BUT 佐藤鐡太郎
笑わせていただきました!
私も実は区別がつかないことがあったりする(笑)
先日の小倉記念は…やっぱりそうかって感じでした。
佐藤中将と鈴木貫太郎は海兵で同期でしたね。

2007.08.01 12:43 URL | 樺山かなり #npNid/5k [ 編集 ]

トム・クルーズも藤田まこと先生もちょっと年食いすぎなのが気になります。トムとシュタウフェンベルクは10歳くらい違うし、藤田まことと岡田資は20歳くらい離れてます。


去年、母がやはり乾いた咳を数ヶ月に渡りしておりました。その間2度近所の内科に行きましたが、2度とも風邪と診断されました。さすがに3度目はX線をとりましたが、すでに右の肺の4分の3くらいまで水がたまっており、即総合病院に入院とあいなりました。まあそういうことがありましたので、僕も母も咳には敏感なんです。それにしても注意していればいらなかった医療費。酒は僕にとってホントに鬼門です。百薬の長どころか百害あって一利なしです。

2007.08.01 21:55 URL | 槍栗中尉@管理人 #su7LfdQk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/168-2960d06e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。