近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050526-00020344-jij-spo
「一軍戦力下さい」-。パ・リーグで最下位独走中の楽天が25日の実行委で11球団に選手供出の要請を行った。4月の実行委でも米田純球団社長が選手補強への協力を訴えたが、反応はなし。選手移籍期限の6月末まで1カ月余りとなり、「最後のお願い」に打って出た。
 楽天は同日の中日戦でようやく11勝目という惨状で、誰が見ても他球団との戦力差は著しい。それだけに井上智治球団取締役の「一軍戦力となる選手をトレードしていただきたい。今後個別に打診して交渉し、交流戦終了後に成立させられれば」と話す言葉にも力が入る。だが、相手にすれば得にならない話で、見通しは明るくない。


まあそらそうだわな。阪神から出すとすれば沖原、葛城あたりかなあ。佐久本とかは要らんだろうしなあ。ローソンの3人や喜田あたりも阪神にいる限りチャンスはなさそうだし、出してやっても良いと思うが、一軍戦力と呼べないしなあ。
私のお薦めは中村泰。140越える速球と無茶苦茶キレの良いスライダーをほうる20代のサウスポーだ。遠慮せず持っていくヨロシ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/16-1e1ce2f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。