近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
しまったなあ。光秀のドラマ今日だったのか。
実は私は戦国武将では光秀が一番好きなんだよなあ。
しかし唐沢寿明と長澤まさみが夫婦というのはちょっとセンセ、どうなの。てっきり玉子だと思ってたよ。

なんだ?終わっちまったよ。左馬之助の湖水渡りは無しか?

春日の局の親父は出た?

しかし光秀一党は実にエピソード豊富。山内一豊みたいに無理しなくても良い。大河ドラマにぴったりでっせ、NHKさん。原作は是非三浦綾子「細川ガラシヤ夫人」でお願い。夫婦もの大好きでしょ。「国盗り物語」も良いけど、あれは昔やってるみたいなんでね。光秀が死んで終わりか、玉子が死んで終わりかで、どっちにしてもバッドエンドに変わりは無いが、別にバッドエンドな大河でも良いじゃねえか!まあ天海という奥の手もあるけど。今年玉子演じたのは長谷川京子でしたよね。実は2年?前の正月ドラマ、向田邦子の「冬の運動会」以来好きなんで、も一回彼女でも良いよ。光秀役で印象深いのは村上弘明かなあ。

話は今年の大河に移る。井上靖はすごい好きな小説家なので、「風林火山」は楽しみなんだけど、勘助が男前では話が根本からワヤクチャではないかと思うんだがのう。でも初めて嵌った大河が藤原正彦氏の親父殿原作の「武田信玄」だっただけに、あれ以来の武田家メインの大河はワクワクするね。やっぱりガキの頃に受けた印象というのは不滅で、北条氏康といえば杉良太郎、武田信虎といえば平幹二郎だもんね、私なんか。”旗盾無しご照覧あれ”とか意味も分からんのに、覚えてた。
書いてたらどんどん思い出してきた。菅原文太の板垣信方、橋爪功の真田幸隆、宍戸錠の原虎胤、村上弘明の高坂弾正etc・・・実に素晴らしかったなあ。
これが今年のキャスト
http://www3.nhk.or.jp/drama/html_news_fuurin.html
うーん・・・
小山田信有が、役者を見る限り、結構出番有りそうなのは新鮮かな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/135-636bfdc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。