近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
チケット売り場のお姉ちゃんに、見上げますよと忠告された前から二列目。確かに予告とか見てる間は、こりゃえらい席買っちゃったなと思ってたが、本編が始まるとそんなことも忘れた。ネット上の評判に違わぬすばらしい作品でした。
渡辺謙さんも伊原剛志さんもすばらしかった。伊原さんは実物に較べたらごついなと思ってましたが、No Problemでした。まあ正直最後の出撃から死までの謙さんにはデジャブを感じましたが。渡辺伊原コンビといえばテレビ版壬生義士伝と同じですが、このコンビ良いですねえ。
NAEは登場シーンが少なくて良かった。
破甲爆雷を水筒みたいに掛けて、遠足に出掛けたシドウ君も個人的にはツボった。
市丸少将は空気でしたな。
しかし寝水がミミズに聞こえた。藤田副官はカツゼツが悪すぎ。そらミミズは重要な栄養源だがな。愛国婦人会のおばちゃんを見習いなさい。キレキレやん。ただもんじゃないぜ。
よく聞き取れなかったが、清水君は後方勤務要員養成所って言ってなかったか?それじゃ憲兵じゃなくて中野学校じゃねえか。
一瞬噴進砲が出たような気がするが、気のせいか?
できればロスオリンピックの回想も入れて欲しかったな。
五体満足の健兵がああも簡単に自決するものか?
栗林閣下の周りに参謀が全然いないな。
と、こんな感じです。


帰り、メリケンの祭日には一日早いですが、阪急の商品券があったので、五感でケーキ買いました。

西男爵がサムに自慢した写真はこれだろうか?

ダグラス・フェアバンクスとは本当に友達だったらしい。



にほんブログ村 歴史ブログ
スポンサーサイト

おはようございます。
チケット売り場のお姉ちゃんに「いおうじまですね?」と言われて私は「いおうとうです」と言い返してしまいました。

さすがに、栗林兵団長の最後ではすごくうるうるしてしまいました。

2006.12.24 07:55 URL | 樺山かなり #fCYNCpjk [ 編集 ]

あい、おはようございます。

慎重にとか言いながら
硫黄島協会は杜撰に手紙扱いすぎです。
粉々になってしまうわ!

2006.12.24 11:40 URL | 槍栗中尉 #su7LfdQk [ 編集 ]

確かに「ミミズ」に聞こえましたね。
「寝水」だったのか?
私も手榴弾自決の判断が早すぎるだろう~と思っておりました。

2006.12.25 12:04 URL | funap #- [ 編集 ]

心なしか西郷も「はあ?」って顔してたような気が>寝水
彼もミミズに聞こえたのでは・・・

2006.12.25 20:26 URL | 槍栗中尉 #su7LfdQk [ 編集 ]

小生もようやく昨日鑑賞して参りました。たしか「飲まず食わず」というモノローグがありましたし、よっぽど飢えていたのかと小生も思いました。
しかし中尉の解説を拝読してから改めて作品に想いを馳せますと、感慨もひとしおでございます。

2007.01.04 05:26 URL | 名もなき軍属 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/132-da80e474

壬生義士伝
壬生義士伝『壬生義士伝』(みぶぎしでん)は浅田次郎の小説。浅田次郎にとっては初の時代小説として、週刊文春に1998年9月3日号から2000年3月30日号まで掲載され、200

2007.02.03 03:12 | アカリの記録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。