近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ラスト侍は映画館で見た。多分4回は見たと思う。一つの映画を見た回数としては私の中では最多タイだろう。DVDも持ってるが、これは一回も見てない。何というか映画も音楽も結局めぐりあい宇宙ですね。そのときの環境、心境次第で、同じものでも全く受け取り方が変わる。しかし吹き替えに強い違和感を感じるのは、やはり字幕で見過ぎたせいかな?

ところでケン・ワタナベはこの度栗林中将を演じているわけだが、私としては、前から彼に演じて欲しい帝國軍人がいる。本間雅晴だ。謙さんには凛然とした武人らしい武人もいいが、本間のような弱さの見える役も合うと思う。彼ぐらい物語映えするプロフィールの持ち主はちょっといないのではないか。顔を見なければ日本人とは分からないとまで云われた英語力、バターンのデスマーチと、ハリウッドで取り上げてもおかしくない要素が揃ってる。クライマックスはもちろんマニラ法廷における夫人の証言シーンだ。
妻がマニラに来た事は非常な手柄であつた。妻に接触するものを通じて本間並本間の家庭が明になつた。証人台に立つて「今尚本間雅晴の妻たるを誇りとする、娘も亦本間の様な人に嫁せしめたい」との証言は満廷を感動せしめ何人の証言よりも強かつた。キング少将の副官も、検事のリムも感動したそうだ。

本間の遺言

本間の母は文字が書けなかった。しかし本間が軍人となり離れて暮らすようになってから、文字を習い、仮名文字の手紙も書けるようになった。遺書の母への部分が、子供に話すような平易な文章なのはそのためだ。

まあハリウッドなどと贅沢は言わんよ。角田房子女史の阿南、本間、今村の三部作、NHKでやってくれ。高い受信料払ってんだ。一つくらいわがまま聞いてくれてもいいだろ。絶対当たるって。
スポンサーサイト

証言を感動せしめるね♪

2006.12.13 13:55 URL | BlogPetのクリ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.12.14 10:54  | # [ 編集 ]

主演の渡辺謙さんは、この映画は日本で作るべきだったと以下の番組のインタビューで語ってらっしゃいます。栗林中将が時世の句を詠むシーンですが、本来のシナリオにはなかったものを、渡辺氏によるたっての願いで取り入れられたということです。偉そうなことを書きましたがまだ観ておりません、今週末にでもぜひ鑑賞しようと思います
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/12/post_235b_1.html

2006.12.16 00:00 URL | 名もなき軍属 #- [ 編集 ]

渡辺氏が本間中将を演じるというアイデア、実に素晴らしいです。帝国軍人であると同時に家族を愛する人間としての葛藤・苦悩を、実力派の彼なら描けるかもしれませんね。
ところで小生が思うキャスティングをお聞き願えますでしょうか。それは、東条大将役に大竹まこと氏です。優しさと狂気(的ふんいき)を演じられるのは彼しかいないと思うのです。ごめんなさい失礼しました

2006.12.16 00:13 URL | 名もなき軍属 #- [ 編集 ]

頭つるっぱげにできない役者に東條大将はできないと思います。
その点謙さんは(以下自粛)

2006.12.16 09:30 URL | 槍栗中尉 #su7LfdQk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/127-64ad5f08

映画・ラストサムライより、日常英会話抜粋!
(247)This is Busido!   〔これが武士道だ!〕ラストサムライ(The Last Samurai)ですが、トム・クルーズ主演で、渡辺謙・真田広之・小雪などお馴染みの日本の俳優がたくさん出ています。アメリカが作ったにしては、日本の時代劇としても、目に見えておかしい所は

2006.12.12 16:38 | 英語の本を原書で読みたい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。