近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
・・・・いや、ちょっといってみたかっただけ。

> 日本中央競馬会(JRA)は19日、凱旋門賞(1日・ロンャン競馬場)で
>3着だったディープインパクトの理化学検査で、
>禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたと発表した。
>フランスの競馬統括機関であるフランスギャロから報告を受けた。

しかし、そもそもJRAはこの手の検査ちゃんとしてるのかな?
NPBだって今年辺りからじゃない?言い出したの。
薬物といえばステートジャガー。ステートジャガーといえば田原成貴。田原といえばや・・あれ?でもステートジャガーに関しては少なくとも田原騎手はシロだよな。ステートジャガーのときは、兵庫県警がかなり長い間、中村調教師らを取り調べたと思うけど、今回は対象がJRAの寵児。果たしてどうなる?

何となくだけど、日本はスポーツ界全体的に甘いんじゃない?薬物に対して。んなもん使わねえだろうという前提に立ってるのかも知れないけど。ちゃんとしないと真面目な人がバカを見るよ。
スポンサーサイト

日本では確かこの薬物は
検査の対象外薬物のはずですよね。
フランス最高峰だからこそ
厳しい検査方法なのでしょうが。
こういう検査基準を世界共通に
設定できないものかと思いますね。

2006.10.25 19:18 URL | ぴーち #- [ 編集 ]

クリはステートで統括すればよかった?
じゃ兵庫で辺りとか検出したかったみたい。
いや兵庫に人も統括したの?
いや兵庫で検査ー!
じゃステートと競馬とか統括したかもー。

2006.10.26 15:28 URL | BlogPetのクリ #- [ 編集 ]

こんばんわ。
いつもコメントを書かせていただきまして
ありがとうございます。そして、コメントとおよそ脈絡のないような私の駄文にも
目を瞑っていてくれる中尉さんのお心に深く
感謝いたしております。
私ははっきり申し上げて、歴史ものは得意分野ではありませんが、いつも坦々と前向きに
書かれているその姿勢や、本当に書くことが
歓びに感じていらっしゃるのだろうという意欲に感動しています。また、知識をいただきに参ります。では。

2006.10.28 23:48 URL | ぴーち #- [ 編集 ]

欧州では体内に自然に存在しない物質はすべて禁止だそうです。JRAは日本国内で流通していないという理由からイプラトロピウムを禁止指定していませんでした。
しかし凱旋門賞のような大一番を前に今まで使ったことの無い薬を使うでしょうか。飲み水まで日本から持っていくのに。ディープ陣営が日本でもこの薬物を投与していた可能性は高いと思います。

2006.10.29 09:39 URL | 槍栗中尉@管理人 #su7LfdQk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/104-a2c14e76

ディープインパクトから禁止薬物
大問題になりました。まさかこういう方向に進んでいくとは驚きました。イプラトロピウムというのは喉鳴りを抑える薬のようで、日本では禁止されていませんから、その違いが出たのでしょう。もちろん池江調教師もプロですから、それくらいのことはきちんと把握しているでしょ

2006.10.19 21:23 | misaranノート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。