近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
自費出版ライブラリ
先日初めて利用しましたが、中々よかったですよ。戦記関係も結構ありますし、また利用しようかなと思っています。

どしょづけ!
日本史板で続いていた幕臣の子孫の方によるスレが遂にブログに移行。土方歳三とかも登場するその筋の好事家には必見の内容です。

近衛師団参謀終戦秘史
これも自費出版ということになるんでしょうか?よく分かりませんが。古賀秀正少佐、石原貞吉少佐に焦点を当てた力作です。値段だけの価値はあるかと思います。私はギリギリ間に合って初版をゲットしましたが、この度増刷決定だそうです。この機会に是非。ちなみに、何のトラブルも無くきちんと配送されてきましたのでご心配なく。

秋の古本まつり
11月1日~5日知恩寺で開かれます。丁度三連休にかかっているので、好都合ですね。晴れて欲しい。ところで知恩院と知恩寺ってどういう関係?と思って調べてみましたが、教科書にも載る知恩院は浄土宗の総本山。対して知恩寺はその浄土宗の大本山。山下画伯風に言うと元帥と中将くらいの関係?まあともかく知恩院といえば、映画『ラストサムライ』のロケにも使われた所ですし、この機会に是非そちらも訪れてみたいと思います。
ちなみに京都にはこんな所もあった。「で、でも、もう閉館してしまったんだな」


山下画伯で思い出した『壬生義士伝』
映画版も良いですけど、私はドラマの方が好きです。渡辺謙でも京都でもなく、何で山下画伯で思い出したかというのは、見た人は分かるでしょうが最後の方の場面。あそこと大野次郎右衛門(内藤剛志)の最期は何回見ても泣いてしまう。私もまた親不孝を重ねております。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/101-0557e751

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。