近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
SAPIOという雑誌に、大野芳氏が栗林中将についての文を寄せておられた。ざっと立ち読みしただけだが、おやっと思うことがあった。大野氏の『オリンポスの使徒』や、氏がSAPIOの文中でしきりに引用していた堀江芳孝氏の『闘魂硫黄島』については、私も以前このブログ上で書いたことがある。

闘魂硫黄島
NHKスペシャル硫黄島・異聞

その中でも、降伏を持ち出した栗林忠道将軍が、中根兼次参謀に殺されたという話は紹介した。しかし私は、噂の根源である某下士官が、大野氏の取材に対し証言を断ったという点から、この話はどうも嘘臭いと判断していた。ところがSAPIOを読むと、この小田曹長は、実際は大野氏に対してある程度喋っているようだ。それによると小田氏は、水晶(発振機?)を取りに戻ったところで、中根参謀が「待て」と叫び栗林将軍の首を刎ねるのを見てしまったという。氏の態度からして、軽々しい気持ちで、あるいは戦後の反軍的風潮に乗って出鱈目を述べたというわけでは無さそうだ。これはひょっとするとひょっとするのかなあ・・・勿論、斬った人と斬られた人が、それぞれ中根参謀と栗林将軍であるという確証は無いわけだが。

ちなみに小林よしのり氏の漫画では、ユダヤ人問題に関連して、松岡洋右や東条英機樋口季一郎、犬塚惟重、安江仙弘らが取り上げられていたが、私的にはあんまり面白い話でもなかった。樋口中将に関しては、自伝を読むのが一番良い。中々達者な文章で面白い。芙蓉書房から再販されているようだ。又安江大佐に関しては、ご子息が本を出しておられる。



それにしてもつくづく、戦場の実相を知るというのは難しいと思った。

にほんブログ村 歴史ブログ
スポンサーサイト

私もSAPIOを読みましたけど、正直「???」て感じで、胡散臭く感じました。
彼が示す資料の証言者が、中将を「殺してやる」と言って憚らなかった人物であり、しかも又聞きであるという事です。
書いてあることには嘘はありませんが、その書きっぷりは、自らの説がいかにも証拠に裏付けられた真実のように脚色しています。映画が公開される時期等を考えると、ただの売名行為ではないかと穿ってしまいます。
資料もちゃんとあるというのなら、あのような中途半端な発表ではなく、もっとしっかりとした論文として発表すべきだったと思います。

2006.10.22 01:09 URL | 通りすがりでsが #ebDmezD. [ 編集 ]

いくつかにわけて考えます。
其の1
栗林中将と堀参謀長以下の不仲
これは堀江芳孝氏がすでに著作で発表済みです。今回のSAPIOの記事で引用された資料での堀江氏の表現は、後に発表された本より表現が直接的です。しかしこれは飽くまでも堀江氏の印象であり、これですべてを決め付けるわけにはいかないでしょう。また堀江氏の立場の微妙さも指摘しておかなくてはならないでしょう。彼は陸大卒ゆえに栗林中将に目をかけられていた人物でしたが、戦闘中は父島にいたため、当然これに加わっていません。

2006.10.22 16:20 URL | 槍栗中尉@管理人 #su7LfdQk [ 編集 ]

其の2
栗林中将は1週間でノイローゼになり、その後は高石参謀長以下が指揮を取った
まずこの情報を堀江氏に伝えたのが誰なのかが問題です。仮に小元副官だとすると、確かにやや公平性に問題が出てくると思います。
沖縄の牛島中将のようにすべてを参謀長以下に任せて自分は何もしないという統率の型もありますから、指揮を取った取らないというのは、難しい問題です。まして訣別電の文章は中根参謀が起草したという話などは、日本軍の伝統から言えばむしろ当たり前のことです。自分で電文を起草する指揮官の方が少ないでしょう。さらに言うと、ノイローゼという言葉も、日本人は軽々しく使いますから、医者の診断書でも無い限り、迂闊に信用はできないでしょう。

2006.10.22 16:40 URL | 槍栗中尉@管理人 #su7LfdQk [ 編集 ]

其の3
中根参謀が栗林中将を射殺
人によってはどうとでもとれる上二つと違って、これは白か黒かしかない問題です。
情報の流れとしては、目撃者の小田氏が戦後小元氏に手紙で伝え、堀江氏は小元氏からそれを聞いた。西中佐の調査をしていた大野氏は、其の情報を堀江氏から得て、直接小田氏に電話で問いただし、今回の記事のようなやり取りをした。
又聞きといっても、最終的に本人(小田曹長)に確認している以上、問題は無いと思います。
これはシンプルな話で、小田曹長は本当にそのような場面を見たのか?また見たとして、それが栗林中将と参謀たちで間違いないのか?ということに尽きると思います。
前者、まるっきりの出鱈目なら、この話はそれまでです。しかしこれは確かめようがありません。
後者、いくら最後の方で行動を共にしていたといえ、独混聯隊の通信下士官が、師団長と参謀の顔を乱戦の中で明確に判別できるかという問題があります。しかしこれも今となっては確かめようがありません。結局この話も、異説の域を出ることは無いでしょう。

人間というのは色々な面を持っています。仮にこの話が事実だとしても、硫黄島があそこまで持ちこたえたのは、栗林中将の事前の備えに拠るところが大であり、中将の評価を大きく落とすものではないと思います。
この件に関して私としては、ただただ政治的に利用されないことを願うのみです。

2006.10.22 17:16 URL | 槍栗中尉@管理人 #su7LfdQk [ 編集 ]

小栗中将が硫黄島から彼の家族へ書いた手紙からかれが精神的に十分に普通の軍人並以上に精神力を持っていた証拠になります。

このような異説の話は、どの有名な将校についてもあり、東条大将で異説があります。

どちらにしろ最後は射殺ではなく、武士の介錯であるのは間違いなさそうです。

重傷を負った上官を苦しみから救うために、介錯をするのは腹切りで、サムライが介錯するの伝統的で忠臣蔵も浅野長矩も介錯され、武士の情けの伝統です。

2011.05.30 09:34 URL | 新品少尉 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/tb.php/100-f18c28f6

SAPIOは謝罪記事を掲載せよ!!栗林中将の最後について。
 SAPIOに栗林忠通中将は硫黄島での攻防戦において最初の一週間で鬱病となり、米軍に投降しようとしたので、部下に殺されたという記事が掲載された。 この記事を知った、栗林中将の自伝を書いた梯久美子さんは「文藝春秋」に事の顛末を書いておられる。 それによると

2007.01.15 22:01 | 深呼吸して見上げた先はいつも青い空

SAPIO[雑誌辞典]
SAPIOSAPIO(サピオ)は、小学館から毎月第2・第4水曜日に発行されている「雑誌|国際情報誌」。1989年(平成元年)創刊。創刊時から数年はリベラルな雑誌であり、豊富な資料が人気であった。その後、それまでは雑誌界において空白だった「保守」「親日」を志向する購読者層

2007.02.10 04:19 | 雑誌辞典

雑誌が気になったぞ
小林よしのり 『新・ゴーマニズム宣言』→2006年6月に『ゴーマニズム宣言・暫』にタイトル変更業田良家 『ガラガラポン! 日本政治』落合信彦 『新世界大戦の時代』杉山隆男 『兵士に告ぐ』 ~素顔の平成自衛隊「正義の罠」 リクルート事件と自民党──18年目の真実 / 田原

2007.03.21 00:44 | 雑誌が気になったぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。