近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
原田統吉『風と雲と最後の諜報将校』自由国民社

陸軍中野学校二期生の手記である。二期は社会人として世間の飯を食ってきた人間が多かったので、主に予備士官学校から集められた学校出立ての一期生より冷めたところがあったそうだ。当時中野には伊藤佐又という大変な精神主義者の教官がいた。この男は「女房に乗るときも、天皇陛下のお役に立つ子どもができるように念じろ」とかいうような、ナントカと紙一重な人物であった。一期生は結構彼に心服していたそうだが、原田らはそうでもなかったらしい。この伊藤が教え子を使って神戸の英国領事館を焼き討ちしようとしたとき、たまたまその場に居合わせてしまったために、巻き添えになった二期生がいた。彼らは計画に反対であり、なんとか神戸の旅館から脱走しようとしていたが、その矢先に憲兵に踏み込まれて一網打尽にあった。これは、伊藤が憲兵隊にいた同期に、計画を打ち明け協力を求めたという、嘘のような話が原因であった。伊藤は勿論これで予備役となった。当時の憲兵司令官だった平林中将は、高嶋辰彦が裏で糸を引いているという噂が、当時あったことを記している。この事件は一時的に後方勤務要員養成所(翌年陸軍中野学校となる)の存廃を左右した。所長の秋草中佐は、剛腹な人で、秘密戦の重要性は上層部に認識させるために、学生に陸軍省から重要書類を盗ませたりすることもあったが、さすがにこの一件は応えたようだ。ちなみに大野芳の『革命』によれば伊藤は岸信介と縁続きだとか。

秋草俊大佐は数カ国語に通じ、若い頃から背広での特殊勤務が長い対ソ諜報の第一人者であった。彼の軍人離れした柔軟な姿勢は、中野学校に強い影響を与えた。しかし家では飯を食う時以外は、軍歌を歌っているか、ところかまわず横になり大いびきをかくだけだったので、新婚の奥さんが、この人はどうかしているのではないかと心配して、新聞の身上相談に手紙をだしたこともあったそうだ。終戦時は関東軍にいたが、「ソ連が来たら、一番にやられることはまちがいない。いまのうちに逃げるように」という人に「俺が逃げれば、代わりにだれかがやられる」といって、断固動かなかった。ソ連軍に収容された彼は、果たして二度と日本の土を踏むことはなかった。

閑話休題。さて原田らを可愛がってくれた教官にNという陸大出の大尉がいた。卒業して新京へ旅立つ彼らを柱の蔭から見送ってくれたそうだ。このNはのちにソ連駐在武官として、ソ連の不敗を冷徹に分析したという。原田自身、後にこのNと同じ役回りを演じることになる。このNとは恐らく野原博起であろう。彼もまたシベリアで死んだ。

原田は卒業以来一貫して対ソ諜報にあたった。そのうちの奉天時代には、小畑信良少将とも関わりがあった。この頃の小畑は、ちょうどインパール作戦に反対して、第15軍参謀長から関東軍に転任させられた後であった。この時代の彼についての描写がある本は珍しい。ちなみに彼もまたソ連に抑留され、牟田口よりだいぶ遅くに復員した。

原田の最後の任地はチタの領事館であった。ここの領事は久松と名乗っていたが、これは偽名で本名は松平定尭という軍人であった。彼には磯村武亮少将という義弟がおり、この人は終戦間際に飛行機が墜落して亡くなった。どういう訳かは知らないが、後に二人の息子は、共にNHKのアナウンサーになった。

また話がそれたが、領事館の任務は勿論対ソ諜報であった。しかし原田の着任当時は、シベリア鉄道を行くクリエールの世話に忙殺され、本業が疎かになっていた。その中でも原田たちを顰蹙させたのは、昭和20年4月30日に旅だった二人で、あまりにも露わな軍隊的上下関係から、その正体が何であるかは、見る人が見れば容易にわかった。彼らは勿論偽名を使っていたが、その正体は大本営の通信参謀金子中佐と航空将校の柴田少佐であった。二人はシベリア鉄道内でソ連将校から酒盛りに誘われ、金子はその直後に死亡、柴田は縛り上げられ、手持ちの書類はすべて写真に撮られた。

原田たちは領事館の天井裏に双眼鏡を据え、僅かに見えるシベリヤ鉄道を観察し、

「七、八月の候、ソ連の進攻の公算最も大なり」

という結論に達し、6月10日頃、関東軍と大本営に打電した。



スポンサーサイト
正堂会編『落合豊三郎と孫子の兵法 正々堂々と生きた男の記録』

正堂会とは落合の孫で構成された団体である。本書が出た時の代表は嫡孫の落合秀正氏であり、執筆者は岡崎清氏である。落合秀正氏といえば陸士56期で、高木俊朗の『ルソン戦記』の実質的主人公であるから、ご存知の方も多いだろう。ちなみに山崎豊子の『二つの祖国』でケンジとタダシがフィリピンの戦場で合間見えるシーンがあるが、あれは、秀正氏の部下の緒方明軍曹と日系二世ハリー福原氏への取材で完成したものである。あの本でタダシの中隊長(?)が落野という大尉だったと思うが、これはおそらく”落合”から来ていると思われる。岡崎清氏は落合豊三郎の三女の息であり、父は岡崎清三郎中将である。この母上は、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読んで憤慨して入院してしまったそうである。『坂の上の雲』に関しては、秀正氏が一族を代表して、落合の著書『孫子例解』を持って司馬氏を訪れ、抗議ではなく、どのような根拠で書かれたのか尋ねた。その結果、司馬氏は「首山堡と落合」という短文を書き、彼への評価を改めた。ついでに書くと、秀正氏の母の父は高柳保太郎中将である。この人は、ロシア畑を歩んだが、芸者に恩賜のタバコをあげたことが新聞沙汰になり、待命になった。なんでもこの芸者がロシア情報を齎したことへの謝礼であったらしい。

落合は14歳で幼年学校に入り、18歳で工兵少尉に任官した。士官生徒時代、工兵の同期は9人いたが、トップは上原勇作、落合は最下位であった。しかし落合は最年少、上原は5歳上の最年長であったのだから、いたし方ないという、本書の言い分も肯ける。

上原が生涯のライバルなら、生涯の親友は榊原昇造であった。二人は晩年まで交流があり、榊原はしばしば落合家にやってきて門前で「頼もう、頼もう」と大声を出していた。榊原の残した人物評がのっている。

鳥尾は自分の学問、自分の言論を持っていた。三浦は長州人の中の一人の英雄であったが、俗吏ではなかった。だから長州人だからといって贔屓することはなかった。当時最も有名で人が見れば誰でもお辞儀をするのが谷干城さん。曽我さんは口は巧くないが、性質は非常によい人であった。
長岡は口も八丁、手も八丁という男で、口も汚いし書くことも汚い。人の嫌がることを造作なくやる男だった。浅田は空論ばかりで威張るのが得意であった。とにかく言うことは汚いが、身振りが巧かった。早川も相当に威張っている男であった。



落合は工兵であったが、馬術に優れていた。曽田孝一郎は

朝の七時にいつも背広を着た変な田舎親父が馬に乗っていた。近づいてみると落合将軍(参本第五部長であった)であった。

と言っている。また落合は酒も同期の秋山好古に伍する程強かった。日露戦争戦勝記念に伏見の酒造家から銘酒の名づけを頼まれ月桂冠とつけた。

曽田中将の落合評。

メッケルに学んだ学生で群を抜いていたのは落合と榊原忠誠。メッケルは両大尉は日本陸軍の至宝であると褒め称えた。
落合は寡黙な人であった。寡黙といっても普通の寡黙ではなく、度が過ぎる程寡黙であった。最後に東京要塞司令官に発令されたときに断固として出仕せず、何人かの友人が慰留に訪れたときも、ほとんど口を利かず、囲碁を囲むだけであった。



韓国駐剳軍参謀長時代、軍司令官の長谷川好道の夜の素行を注意して逆恨みされたという。長谷川には東條英教との間にも同じような話があったと思うが、これらが本当なら、よほど素行が悪かったのだろう。しかしこういう人間が元帥になるのが”長の陸軍”であった。

落合の娘婿岡崎清三郎は、秩父宮殿下の渡英に御付武官として従った。第一候補林銑十郎は年寄りだから、第二候補の今村均はイギリス帰りで知ったかぶりをするからと嫌がられ、岡崎になったらしい。今村と岡崎は大東亜戦争のジャワ攻略軍でコンビを組むことになる。

また岡崎は上原勇作の副官も務めたことがあったが(ちなみに今村も上原の副官だったことがある)、そのとき上原は何度か、「落合豊三郎は俺を恨んでいるか?」と岡崎に聞いたらしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。