近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
丸山豊『月白の道』創言社

初版は昭和45年であるが、私が落手したのは62年に出た増補版である。水上源蔵少将を巡る一連の有名な電報は、この本がそのみなもとだろう。著者(軍医中尉)は、水上少将の側に仕えていた人物だった。

副官に案内されて、かつては英国の領事館であったという司令部の庭園をS宇のかたちによぎってゆくと、バラの木のむこうにまえかがみした初老のひとがいる。そのやわらかそうなたなごころにおさまっているのは、うみおとされたばかりと見えるつややかな卵である。泥と糞をきれいにふきとったその卵に、日付けを書きこんでおられる。まなざしが柔和で物腰はおだやかで、どう見ても人のよいお百姓、それが閣下であった。部隊復帰の申告をすると、
「ゆっくりくつろぎなさい。軍隊というものは、軍医さんがあくびをしているかぎり安泰です」


着任早々、占拠地区の各部隊を、分哨のひとつひとつにいたるまでつぶさに巡視されたことは、まず全将兵の感動を呼んだ。実戦と演習を問わず、あやうく落伍しそうになった最後の一兵が陣営にかえりつくまで、営門のかげに長時間たちつくしたあとで、やっと御じぶんの武装を解かれるという人情に、心打たれぬものはなかった。
 「兵隊には、うまいものを食べさせてくださいよ」
 と、経理の将校に涙をながさんばかりにお願いなさるありがたさが、全部隊に波のようにひろがった。
 私は予備役の軍医なので、いくらか話題がゆたかということもあって、堀江屋副官のかわりに閣下のともをして、トウエツ郊外を遠乗りすることが多かった。なにかめずらしいものがあればそこで馬をとどめ、閣下が私に問われたり、私が閣下に尋ねtたりするのだが、草木虫魚の類から農事や習俗に及ぶ知識は、すべて閣下が私の先生であった。農家の庭の葉がくれの青い実を「あれが豆柿だ」と教えてくださったのも、廟の前の一対のコマ犬のオスとメスの区別法を教えてくださったのも閣下であった。


夜襲のたびにみごとな戦果をあげた龍の中隊長が、ある夜、雨をおかして状況の報告にきた。つまり、戦死の日がいよいよ迫ったのを覚悟して、閣下に最後のわかれを告げにきたのである。中隊長が壕の入り口へ着くと、閣下は腰をあげて、一度壕の外にでて、濡れるのをいとわずに公式の報告をきいたうえで、「さあさあ、壕に入りたまえ」とみすがら手をとってじぶんの部屋へ案内される。それからとっておきの清酒で、別れのさかずきをかわされるのだ。これで思いのこすことはないといったさわやかさで、中隊長は、雨のなかをまた火線へもどってゆく。そのうしろ姿を見送った閣下が、
「惜しいなあ、死なせたくないなあ」
と長大息なさる。こうした挿話なら、教限りない。しかし、学生にやさしい教師が、かならずしもりっぱな教師ではないように、閣下のあたたかい人情だけで善徳の人とは呼びたくない。そのころ、閣下の徳性は、ミイトキーナ守備の全軍につたわっていた。菊の将兵で閣下に一目お目にかかってから死にたいと、わざわさあいさつにくるものがくびすを継いだ。なぜ、みんなが心服したのか。私にはわかっているのだが、どうも表現がむずかしい。要するに、見せかけの徳のにおいがしないのである。誠という言葉がある。部下たちと、素裸の人間としてかかわり合おうとされる誠実が、声となり、まなざしになり、仕草になり、それこそ戦場の閣での何ものにもまさる光であることを、兵隊ひとりひとりの死を目前にした清澄な心がはっきり感じとるのである。閣下は、裸の精神を統べるりっぱな統率者であった。魂の司令官であった。


昭和19年の7月10日、第33軍司令官の本多中将から電報が届いた。

  一、軍ハ主カヲモッテ龍陵正面二攻勢ヲ企図シアリ。
  二、バーモ・ナンカン地区ノ防備未完ナリ。
  三、水上少将ハミイトキーナヲ死守スベシ

水上は次のように返電した。

  一、軍ノ命ヲ謹ンデ受領ス。
  二、守備隊ハ死力ヲツクシテミイトキーナヲ確保ス。

しかし側近には、このことはまだ極秘にしておくように言った。
軍から改めてだめ押しの電報がきた。それには「貴官ハミイトキーナ付近ニアリテ……死守スベシ」とあった。前回は「ミイトキーナ」であったものが、こんどはなぜ「ミイトキーナ付近」と変わっていたのであろうか。水上も首をかしげて「付近だな、まちがいないな」と、念をおした。
この頃の彼の心情は、側近の人々への言葉から推し量るしかない。

 ぽつんと漏らされた言葉、「勝つことのみを知って、負けるを知らぬ軍隊はきけんだよ。孫子も言ってるようにね」
 執行主計と私とふたりだけに、さりげない調子で申された言葉、「執行大尉と丸山中尉、私がいるかぎり決してふたりを死なせはしませんよ」
「なにをおっしゃるのですか」と私たちが反問したときには、もうそっぽをむいて、聞こえぬふりをしておられた。
 司令部付の五、六名の将校と当番兵がいるときに、「みんなの体は、それぞれがご両親のいつくしみをうけて育ちあがった貴重なもの、これを大切にとりあつかわぬ国はほろびます」


そして、これも今やよく知られた電報が来る。

  貴官ヲニ階級特進セシム。
 水上大将という栄光のうしろにある、さむざむとしたものを閣下は見ぬいておられた。閣下の心の底で、ある決断のオノがふり下された。「妙な香典がとどきましたね」と、にっこりされた。二日後に、また電報がとどいた。
  貴官ヲ以後車神ト称セシム。
 軍神の成立の手のうちが見えるというものである。閣下はこんども微苦笑された、 「へんな弔辞がとどきましたね」。名誉ですとか武人の本懐ですとかいう、しらじらしい言葉はなかった。私たちが信じてきたとおりの閣下であった。この閣下となら、おなじ場所、おなじ時刻に悔いなく死んでゆけると思った。なるべくかるい気持で死のうと思った。


8月3日、水上は拳銃で自決した。軍刀は傍らの樹木にさかさに立てかけられており、正面には図嚢が置かれ、その上に作戦命令を書く起案用紙が風で飛ばないように小石を文鎮がわりにして、広げられていた。

用紙には鉛筆がきで命令がしたためられ、書判をおしておられた。
  ミイトキーナ守備隊ノ残存シアル将兵ハ南方へ転進ヲ命ズ。


実は一連の”死守”電報を出していたのは辻政信であった。辻は人に、ノモンハンのときに大量の退却兵が出て困った。だがこのような電報を打っておけば、謹厳な水上少将なら、軍の真意を察して十分目的を達せられるだろうと語っている。辻は全員玉砕して欲しかったのだろう。しかし水上はこの電報を逆手に取り、自分の命を棄てて700余の兵隊を退却させた。辻は戦後、山梨を訪れた時、水上の母校であった日川高校の前で「閣下は私が殺したようなものです。実に申し訳ない」と頭を下げ、水上の生まれ故郷を指して深く頭を垂れ合掌していたという。しかし水上の遺骨を持って軍司令部までたどり着いた副官の堀江屋中尉には冷酷であった。中尉は辻から、何故水上閣下と共に死ななかったのかと罵られ、暴行さえ受けた。そして行けば必ず死ぬとわかっている戦場へ派遣され、戦死した。


スポンサーサイト
阪谷芳直・鈴木正編『中江丑吉の人間像 兆民を継ぐもの』風媒社

何処で読んだか忘れたが、中江兆民は息子が車引きになってもいいように丑吉という名前をつけたと記憶している。しかし姉は千美といい、弟の娘には猿吉(えんきち)と名付けているところから、ただの珍名マニアだった可能性もある。千美は学校の成績が良かったが、終業式で「右総代中江チビ」と呼ばれるのが嫌でたまらなかった。中江家ではネグロという黒猫を飼っていた。朝になると皆が自分の掛け布団の裾を少しあけて、ネグロを呼び、誰の所へ来るかは猫に任せて、人の所へ行っても文句は言わないという規則があった。しかしネグロは丑吉の寝床へは絶対やってこなかった。丑吉に体中をしつこくいじくりまわされるのが嫌だったからだ。丑吉は時々癪にさわり、規則を破ってネグロを捕まえて自分の床へ持ってくるのだった。父はいけないと言い、姉は怒り、母だけが丑吉を弁護した。千美が丑吉を幼稚園に連れて行った時、団子が皿で出た。丑吉はふだんあまり甘いものが好きでないのに、この時の団子はペロリと平らげたうえ、人前で皿をペロペロなめた。「あれは私を困らせようとしたのです」後年千美は振り返っている。千美は吉田虎治と結婚した。これは吉田茂の兄であった。ずっと後年、丑吉は日記に

何年か前の昔、異邦でなくなった或老革命家から「よくそんな古い事に興味が持てますね」と心から不思議がられた事があった。これも同じく昔の事、一外交官から三千年も四千年も昔の事が当代に何の益ありやと一括されたのを奇体に今だに彼の言葉通り覚えて居る。

と書いたが、老革命家というのは片山潜であり、外交官は義兄の吉田茂のことである。

七高から東大法科を卒業し、有賀長雄博士の渡華に随行。お金は西園寺公望や曹汝霖から出た。西園寺は父の同志であり、曹汝霖は日本留学中、丑吉の母に世話になっていた。老公から研究資金を渡された時、「自分はこれを学問のために使うつもりであるが、或いは社会運動に使うかもしれないがかまわないでしょうか」というようなことを訪ねた。老公は「それはかまわない。が、後の場合は、自分から出た金だということはいわないように」と言ったという。また資本論について話をしていて「いまフランス語版を読んでいるが、どうも訳がよくないせいか難解である」とも洩らしたそうだ。

五四運動で交通総長だった曹汝霖の公館が群衆に襲撃されたとき、丑吉は身を挺して曹と重傷を負った章宗祥を助け出した。支那事変が始まると、日本軍は曹を担ぎ出そうとした。曹は丑吉を訪ねて「喜多さんは誠意のある人だ、中国人に理解があるが、どうも現地の特務機関連中がよくない、これが中国人を泣かせている」といった。それに対し丑吉は「喜多はよくともつまりは悪いのだ。喜多がホントによいならば、悪い特務機関長を処罰し、よいほうに統制すべきではないか、軍の中枢にいてその処罰も統制できないのだから結局悪い奴なんだ」と応え、「あなたは政治家としての晩節を全うするために、この際如何なる勧誘があっても絶対に政治向きのことに顔を出されてはならない」と強く言った。昭和17年8月30日北京の旧宅で行われた丑吉の告別式で、曹は勇敢にもこの言葉を紹介し、涙を流して彼の先見と友情を称えた。梨本祐平はこのことと、自分が王蔭泰(漢奸として死刑)を引き出した事を比較し、自らの不明を恥じている。

丑吉の告別式には当時山西にいた今田新太郎も激越な弔文を寄越したという。二人の親同士が親しかった関係から、今田は若い頃から丑吉に私淑していた。丑吉は人に、「今田が自分に心服しついてくるのは、自分がすぐれた理論を言うからとか、高い識見をもっているからというのでは決してないのだ。自分の言行一致のところを、自分の行動を見て、それでついてくるのである」と語っている。支那事変初期の今田に宛てた手紙で、「今度の事変は蒋介石を明の太祖たらしめるものだ」というものがあるそうだ。現物は残っていないが、今田はこれを石原らに回覧したそうだ。今田が北支那方面軍参謀長に擬せられたとき、関係者が内々に丑吉を訪れると、訪問者に口を開かせる前に、「今田(チンデン)を参謀長にするというんだろう。あれを妙な政治に引出てくれるな。あれは戦場で死なせてやってくれ」とズバリ言った。丑吉が病の床についたとき、看護者に今田から「そんなマヅイ食物ばかり差し上げないで、鯛のお茶漬けとか鰺の干物とかもっとオツリキなものを工夫すべし」という手紙が来た。それを聞いた丑吉は、「オツリキで栄養のないものを食ったら死んでしまう。まずいのは病気にとって当然だ。ジンギスカンなら狩りをする気で戦争したろうが、近代戦にシュメルツは必然だ。自分はシュメルツに耐えて戦争するつもり也、と返事に書いてくれ」と言った。

今田の紹介で柔道家の牛島辰熊も丑吉を訪ね、強い影響を受けた。あるとき牛島は北支那方面軍司令官だった多田駿を訪ねた。多田が何処に泊まっているのかと聞くので、昨日は丑吉の家に泊まったと応えた。それを聞いた多田は喜んで、「中江には僕も会って、事変解決の方途を聞きたいから連絡してくれ」と言った。牛島は喜び勇んでそのことを丑吉に告げたが、丑吉は「今更、破れごろもをまとった坊さんに何の用があろうか」と云って頑として聞き入れなかった。多田は二回丑吉を招聘しようとしたらしい。他にも近衛や軍の一部からも中江を招く声はあり、建国大学総長にという話もあったらしいが、いずれも歯牙にもかけていない。真珠湾攻撃の翌朝,牛島が雀躍して丑吉を訪ねると、「牛島さん、これで日本は開闢以来大変なことになりますぞ!」といって牛島をドキッとさせた。牛島は後に東條暗殺を企てるが、丑吉のこのときの言葉が自分を駆り立てたと述べている。

「世界史は『ヒューマニティー』の方向に沿ってのみ進展する。いいかえれば『ヒューマニティー』を担っているもののみが世界史の真のトレーガーたりうる。これが世界史進展の法則だ。いかに強勢を誇ろうとも、『ヒューマニティー』を持続発展せしめる方向をとらぬものは、結局潰えざるを得ない。現在の世界的対立をみると、『ヒューマニティー』を担っているのは、明らかにデモクラシイ国家側であって枢軸側ではない。だから、この世界戦争の究局の勝利は必ずデモクラシイ国家のものだ。……ナチス・ドイツは必ず倒れる。それも決して遠いことではない。そしてヒットラーは白日の下にバッタリ倒れる。……凡人の凡眼からはそう見えなくとも、達人の達眼からは明々白々たる事実だ。」

これが昭和16年8月15日の彼の見立てであった。また次のような事も言っていた。

「この軍部という奴が負けて、ふみにじられて、嫌というほどゴーカンされる図を、生きてみてやる」
「その時はわれわれ国民も全部ゴーカンされるんだ」

憲兵は彼を「北京の城壁にへばりついて聖戦を白眼視するすねもの」と見ていたが、一方安倍源基や増原恵吉、岩田愛之助といった人々も丑吉を訪ねていた。安倍は今、伊藤博文のような軍部を抑えられる政治家がいないというようなことを、丑吉相手に愚痴ったりもしていたらしい。

学問に於いては徹底した原典主義であり、若い友人にカントの講義をしていたとき、その人がハイデガーを持ち出すと酷く怒った。また「カントが律儀な老人らしく、あれほどていねいに書いてくれているのに、それだけでわかろうとしないのか」とも言った。

さて次に掲げるのは,丑吉から今田に宛てた手紙の一節である。

牛島君多情多血の壮漢なるも、小生の同君に期待する所は、一個侠勇伝中の人物として了るに止まらず、柔道求向の道者として其〔の〕大成を希ひ居候。めいご洞けんてき居士に対する御批評凡て同感、小恵小仁もとより不可に非ざるも、○国の大業はかかる美言美行丈けにては到達し得るものに非ず、クラウゼウヰツの所謂好聯隊長は必〔ず〕しも好司令官となり得るものに非ず。益々御自彊御大切を熱望候。

めいご洞けんてき居士というのは多田のペンネームである。丑吉は若い頃、支那研究会のようなものを主宰していたことがあり、そこには重光葵のような外交官だけではなく板垣征四郎、津田静枝といった陸海の軍人も名を連ねていた。また坂西公館の世話になっていたこともあり(尤も坂西利八郎のことは酷評しているが)、そういった関係から多田とも顔見知りであった。しかし丑吉は、北支那方面軍時代の多田を強く批判している。別の人物に対しても次のようなことを云っている。

「一の哲学だなんて、ホーシャンは下らないことをいう奴だ」
「ホーシャンって誰のことですか」
「多田和尚(ホーシャン)よ。軍人は妙な一の字の哲学なんぞ説かずに、軍人らしく軍事に専念すりゃいいんだ。」

確かにこの頃の多田は、風貌だけでなく行動も禅坊主のようになっていた。今田は元々多田と親しかったが、熱血漢だけにこのような多田の態度に飽き足らないものを感じ、不満を手紙に書いたのだろう。文中の「小恵小仁」「美言美行」というのは辻野朔次郎が亡くなったとき、多田が葬儀に参列し、(辻野の)息子の就職を保証するといい「これが最後の友情だ」といったことを指しているらしい。丑吉はこのことと、自分が病気になったときに、多田の後任の岡村寧次が、軍司令官は見舞いにはいけないからと、代理の人間(小山貞知)を寄越したことを比べて、岡村を褒めている。軍人は軍人の本分を尽くせということだろう。丑吉は勿論事変に批判的であった。その点を見れば多田も同じである。しかし多田は現役の北支の最高指揮官である。そのような人間が坊さんの真似事をして半分隠居のようになっているのが、許せなかったのだろう。事変に反対なら反対で、徹底的に全力を尽くせというのが、丑吉や今田の考えであったと思う。



中島欣也『銀河の道 ”社会主義中尉”松下芳男の生涯』恒文社

芳男の父は下士官上がりの将校であった。新発田の彼の家の側には、第15歩兵旅団副官だった大杉東大尉の家もあった。日露戦争で鬼少佐と謳われる人物であった。大杉が宮城に詰めていた時、何かの際に馬から振り落とされてお濠に落ちた。明治天皇が泥まみれであがってきた大杉をごらんになって、『猿じゃ猿じゃ』と笑い興ぜられたそうである。芳男はその家の次男と仲が良かったが、長男とはその当時はあまり接点がなかった。「栄さん」何かの折に芳男が声をかけると、「おお松下」栄は振り返って無愛想に応えるだけだった。

芳男は仙台の地方幼年学校に進学した。そこには終生の友人となる田中新一もいた。晩年、芳男は仙幼の校史の編纂を手がけている。中央幼年学校を卒業後、田中と二人確実に一緒に行けるところということで、志望者の少ない弘前の歩兵第52聯隊を志望した。二人は志望通り弘前の聯隊で隊付をすることになった。他に加藤鑰平なども一緒だった。

陸士に入学し25期生となった芳男だが、その頃既に軍人社会に絶望し、悶々とした日々を送っていた。大久保に、幼なじみの兄、大杉栄が住んでいることを知り、尋ねている。大杉は、床の間に飾ってあった二本の白鞘の日本刀を示し、「どっちでもいい。一本あげようか」と言った。貰っておけば良かったと、後年芳男は言っている。帰った芳男は、仙幼以来の同期生藤縄作太郎と那須弓雄に、大杉に会ったことをしゃべった。二人も目を輝かせて、今度一緒に連れて行けとせがんだ。藤縄は騎兵科のトップを争う秀才であったそうだが、大杉と会ったことで、みるみる思想的に変化し、区隊長を椅子で殴って陸士を退学、東大哲学科に進んだが、松島湾で投身自殺したそうだ。那須は後にガダルカナルで戦死した。

どうにか陸士を卒業した芳男は、弘前に帰り見習士官となった。すでに札付きであった彼を預かることをいやがる中隊長が多い中、吉岡文蔵という大尉だけが進んでこれを引き受けた。吉岡の人格的統御力によって落ち着いたかに見えた芳男であったが、吉岡の転任でまた元に戻った。あるとき後備の兵隊の教育を任された。その中に非常に優秀な二等卒がいた。下士官であってもおかしくないのに何故二等卒のままなのか。芳男はそのTという人物を呼んで話を聞いた。それによるとTは殺人の刑余者であった。話によれば、彼は現役時代、中隊長に信頼されて酒保の助手として現金を任されていた。しかしふとした出来心からこの金に手をつけ酒食を覚え、あげくに馴染みの芸妓を殺してしまった。Tは終身刑となり、中隊長も名誉進級で少佐となって予備役に編入された。しかしその中隊長は自分の不遇を嘆くこともなく、下獄するTを呼んで「たとえ終身刑であっても、人間どこにいても、命ある限りは、人は人たるの道を踏んでゆかねばならないのだ」と諭した。また獄中への毎月の手紙も欠かすことはなかった。Tはそれを拝んで過ごした。恩赦で出獄すると、大阪に住んでいた元中隊長を訪ね、以後大阪に落ち着き更正の道を歩んでいるという。

「そうか。よくわかった。してその中隊長は、もしや松下亀蔵といわなかったか」
「ハイ、そのとおりであります。ですが中尉殿が、どうしてそのお名前をー」

亀蔵は父であった。芳男は胸が熱くなった。

こんなことがあっても、彼の煩悶は深まるばかりであった。ある日彼は、友愛会の鈴木文治に手紙を書き、自分は社会主義思想を有し、ノルマン・エンゼルに傾倒していることを告白し、友愛会に入り、仙台支部を樹立したいと告げた。ところがこの手紙が東京日日新聞の社会面に大きく掲載された。そういう時代であった。

「社会主義に共鳴し
        将校が軍隊を嫌忌す」
これが主見出しで、わき見出しは、
「歩兵第五十二聯隊の松下中尉
    大杉・堺の諸氏と交はり深く
    友愛会に入会の希望を有す」

新聞を見た時の陸相田中義一は激怒したらしい。芳男は停職になり、そのまま予備役に編入された。

東京に出た芳男は、日大に通い、33歳で卒業した。また片山哲や星島二郎の「中央法律新報」の手伝いもしていた。この時代の吉野作造、穂積重遠、末弘厳太郎らとの出会いが、後に彼が東大で法博となったときにもものを言った。特に尾佐竹猛との出会いは、芳男の進路に大きな影響を与えた。後年彼は、教育総監部の仕事で陸軍教育史などを手がけるが、それには尾佐竹の強いプッシュがあった。勿論親友であり当時陸軍の中枢にいた田中の後押しもあったに違いないが。この仕事は新聞でも大きく取り上げられたが、何故左翼かぶれにやらせるのかという批判も当然多くあった。しかし当時教総の庶務課長だった富永信政が理解ある人物であったため、芳男は救われた。

大杉栄とは親しくしていたが、思想的にはあまりしっくり言っていなかった。堀保子に同情して、彼女に金を貸したりもしていた。貸した金は返ってこなかったが、堀は死ぬ前にタンスと平民新聞一揃えを芳男に贈った。関東大震災のとき、芳男は大杉を見舞っている。彼が訪れた三日後、大杉と伊藤野枝は憲兵隊に連行され、殺害された。子供が一緒に殺されたと知り、先日訪ねたときにはしゃいでいたの娘の魔子ではないかと心を痛めたが、殺されたのは甥の橘宗一であった。

社会主義陣営に身を置きながらも、どこか必ずしもそこに溶け込めないでいた芳男の前に、遂に生涯の師が現れる。水野廣徳であった。戦後間もなく、水野が不遇のうちに病死すると、芳男はその伝記を書いた。そしてその印税をつぎ込み松山に水野の歌碑を、殆ど独力で建てた。

世にこびず 人におもねらず 我はわが
      正しと思ふ道を歩まむ

この歌を選んだのは未亡人と芳男であった。彼はこの歌を終生支えとし、軸にして死ぬまで側に置いた。

去年だったか、マツノ書店から秋山好古、秋山真之の伝記が復刻された。これらの刊行責任者は桜井眞清少将となっているが、実質的な著者は水野であり、また芳男もこれを手伝っている。このことはマツノさんからのパンフレットで、國學院大學の長南政義氏も触れておられる。この二冊が、戦前の軍人の伝記の中でも格段に読みやすいのは、こういったことも影響しているのだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。