近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
谷干城の夫人は非常にしっかりとした人で有名だった。西南の役で熊本城に籠城していたときには、鯉を釣ったら何十にも切り分けて部下に配ったし、自ら城外の空き家へ這い入り七輪や鍋をとってきて餅を焼いてはこれまた部下に配った。與倉智実夫人の分娩時には産婆をして娘を取り上げた。この娘が後に婿養子を貰ったが、それが與倉喜平中将である。

谷が農商務大臣のとき、官舎へ移れというものがあった。それを聞いた夫人は「山縣の不要になったものに谷が這入られぬ」と大憤激した。

以前三浦の回顧録のときにも取り上げたが、谷が高知県知事をすると言い出したときも、「如何に国の為とは言え、僅か一県の秩序回復のため、井上(馨)内相の下風に立ち、その節度を受けらるるとは、妾が生存中は断じて受け入れ難し」と頑張ったため、谷も遂にこの一件を思いとどまった。

谷の死後、故人を語るというような企画で一人だけ3回も登場している曽我祐準(出たがり)は、谷の病気が進んだのは、無理して伊藤博文の葬式に出たのもいけなかったが、前年に夫人を失ったのが大原因だと語っている。

ちなみにどうでもいい話だが、西南の役で西郷どんの首級を発見したのは千田登文という少尉とその従兵の前田だった。この千田翁は今村均の最初の奥さんの父だったが、西郷の首級の件はずっと黙っていた。というのも西郷の首を見た山縣が、ぼろぼろ涙をこぼしたのを見て「悪い事をした。見つけるべきではなかった。考えの足りないことをした」と反省したからだった。ところがずっと後に曽我(おしゃべり)が報知新聞で連載していた「西南戦記」の中で、「少尉千田某、遂にこれをさがしあてたり」とぽろっと書いたために、金沢ではちょっとした騒ぎになった。「千田のおじい。この新聞に載ってる少尉千田某というのはあんたじゃないのか」と人に聞かれてやっと「そうじゃ」と認めた。
スポンサーサイト
松川敏胤の大正年間の日誌を読むと、将軍たちが次々予備役に入れられる様が、これでもかと記されている。

工兵監だった落合豊三郎は、浅田信興教育総監によって師団長が約束されていた。しかし奥保鞏元帥と長谷川好道の反対にあい、東京湾要塞司令官という閑職に回されてしまった。落合は日露戦争で奥の参謀長をしていたが、得利寺の戦いで彼の不興を買っていた。また長谷川とはやはり日露戦争中、朝鮮で衝突していた。というのも、落合は第二軍参謀長を更迭され、韓国駐剳軍の参謀長に就いたが、その軍司令官が、近衛師団長から”栄転”してきた長谷川だった。また浅田の後任総監の上原勇作は、落合と同期同兵科だったが、工兵繰典の改正時に落合と意見が合わないことがあったので、敢えてこの人事に反対しなかった。怒った落合は、早々に辞表を提出し、それでそのまま待命にされてしまった。

大谷喜久蔵はかつて長谷川好道に台湾総督を約束されていたが、大浦兼武の反対で駄目になった。あっさり約束を反故にした長谷川を「参謀総長の価値なし」と松川は断じている。また彼は、「これで大谷は青島に葬られた」と書いたが、しかし大谷はその後、シベリア出兵で再び軍司令官となり、教育総監にもなった。ちなみに大谷の代わりに台湾総督になったのは、温厚な人柄の安東貞美だった。

さて青島の軍司令官を、大谷に奪われたのが神尾光臣だ。この人は女癖が悪かったらしく、青島守備軍司令官を解かれたのもそのせいらしい。松川は彼と仲が良かったそうだが、彼のスキャンダルの詳細をわざわざ日誌に書き留めている。ちなみに彼の娘は有島武郎に嫁いでいたが、有島が心中したときには、もう亡くなっていたようだ。

本郷房太郎仁田原重行の予備役入りは、心中ではなく相討ちであった。仁田原によれば、かつて彼自身の人事を巡って、本郷、井口(省吾)と行き違いになり、上原勇作参謀総長一戸兵衛教育総監田中義一陸軍大臣を交えた6人で、葡萄酒をかたむけ手打ちを行ったが、それが再燃したのだという。本郷の所へは、同期の上原が訪ねて、辞表を出すように言ったが、本郷は言を左右してこれを出さず。しかし陸相が、「辞表を出さないなら、陸相の権限で処置する」と言うに至り、遂に辞表をだした。最後の挨拶は相当未練がましかったらしい。

そして松川自身も、大正11年待命になる。待命の日々を送る彼の目に、大庭二郎が教育総監に、河合操が参謀総長にというニュースが飛び込む。「河合果たして如何なる戦略戦術の持ち主ぞ」「大庭は旅順攻撃の参謀副長として如何なる功績をあげたか」長閥の専横、いよいよ甚だしいが、彼にはどうすることもできない。
というものが去年出版されていた。私は全然知らなかったのだが、昨年末、仕事の本を買う時に、レジに行く途中で全く偶然目にして、発作的に確保した。しかし、年末年始、新型インフルエンザで寝込んでいたので、まだ殆ど読めてはいない。畑俊六というと、既にみすず書房などから日記が刊行されており、そこら辺との兼ね合いが気になるところだと思うが、面倒なので下の写メを見て頂きたい。現代史資料や巣鴨日記とは被っていない。尤も、回顧録の、父母兄妹を振り返った部分は、現代史資料に収録されているものと殆ど同じだと思うが。


さていつもの癖で、索引から多田駿の載っている部分だけ先に読んだのだが、一カ所だけ目新しい表現があった。

尤も当時板垣が陸相とし東條が次官として、一方参謀本部側には多田が次長として石原などが之を取巻き東條と多田がいがみ合ひ、板垣が困却の果喧嘩両成敗として、多田を満洲の東正面軍司令官(第三軍)に追ひやり東條は創立せられたる航空総監に任ぜられていはゞ栄転の形となりたれば、多田はいたく板垣の遣口に憤慨し板垣に公私共に絶交とまで申し入れたるも其後いつしか解けたるものなりと板垣より聞きぬ。(P154)

絶交って・・・
もう一つ、これは多田と関係ないが、

例のオツチヨコの有末精三

という記述がある。これも日記にはなかった表現だ(と思う・・・)。

過去記事より畑俊六日誌



ところでこのブログも6年目である。私は今年はおめでとうは言えないが。去年は30年生きてきて一番悲しい年だった。果たして今年はどんな年になるか・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。