近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
林えいだい『重爆特攻さくら弾機 大刀洗飛行場の放火事件』東方出版

NHK 戦争証言プロジェクト「重爆撃機 攻撃ハ特攻トス」の底本である。番組では完璧なまでにスルーされた新海希典のことも、この本ではちゃんと出てくる。新情報としては、倉澤参謀に対し「重爆を戦闘隊の隷下に入れたのは、指揮権の乱用じゃないか」と興奮してすごい剣幕でいたそうだ。

また機に放火をしたとして逮捕された朝鮮人山本伍長の最後についても載っている。憲兵隊は、取り調べもせず、戦隊の名簿を見て、朝鮮人であるというだけで山本伍長を逮捕していた。本人も含めて誰一人、逮捕前に事情聴取をされた者はいなかった。そのため戦隊の間でも、犯人は山本伍長ではないのではないかと考えるものが多かった。憲兵隊を訪ねた倉澤少佐は、伍長に明らかに拷問された跡があるのを認めた。伍長がその後どうなったかについて、倉澤は著者に「日本国内から出国することを条件に」戦後釈放され、朝鮮に帰ったそうだと語った。彼は放火事件の後、鉾田に転任していたので、本当にそう信じていたのかもしれない。著者もそれを聞いて一安心した。しかし現実は厳しい。実際は山本伍長は20年8月9日に六航軍によって銃殺されていた。場所は油山。彼に続いて米国の俘虜が次々と処刑された。世に有名な油山事件である。筆者はこの事実をある本で偶然見つけて驚いて大声をあげたそうだが、それを読んでこっちも驚いた。なぜならその本というのが、以前このブログでも取り上げた上野文雄『終戦秘録 九州8月15日』だったからだ。そう言われれば、確かにそんな記述もあったなと思うが、番組を見ているときは、この本のことなど毫も思い浮かばなかった。全くお恥ずかしい限りである。
スポンサーサイト
保阪正康編『私は吉田茂のスパイだった』光人社NF文庫
東輝次氏は大正9年生まれの姫路の人。現役で入隊し、陸軍中野学校を経て陸軍省防衛課附。昭和19年冬にスパイとして吉田茂邸に奉公に上がった。この人物については、畠山清行氏の『陸軍中野学校①諜報戦史』(番町書房)に既に登場しており、最近新潮文庫から出た『秘録陸軍中野学校』にも収録されているが(この編者も保阪氏)、本書の売りはなんといっても東氏の手による「防諜記」という回想手記だろう。

このころの吉田包囲網について東氏は次のように書いている。

箱根某ホテルボーイ二名(O曹長に軍曹)、大・公使館(在日)Y曹長、T軍曹ほか三名、新聞記者のB憲兵軍曹、某会社社員、「クリーニング」屋三名、外人商社五名、駅の改札掛等々、ずいぶんといたけれど、余のように土と水と肥料と闘い、野菜配給をしたり、開墾をしたり、このような肉体労働をしているものはいなかった。

これは防衛課の諜報員であり、ほかに憲兵隊も諜報員を使っていたので、当時の吉田の周りは、文字通りスパイが入り乱れていた。

そんな中、東軍曹は吉田の信頼も厚く、彼を自転車の後ろに乗せて走ったり、重要な手紙を託されたりしていた。手紙は当然開封され、中身がチェックされたが、軍曹自身は、どんどん吉田に惹かれていった。昭和20年4月15日、遂に憲兵隊が吉田を逮捕した。憲兵隊は”近衛上奏文”を探して、家中をひっくり返したが、それは少し前に女中が竈で燃やしてしまっていた。東はそれを見ていたが、既に中身を写していたので、あえてそれを止めることもせず、勿論このたびの憲兵隊に教えるようなこともしなかった。拘引される老人の背中を、彼は複雑な気持ちで眺めていた。吉田の留守中も、彼はそれまで以上に熱心に家の用事をこなした。畑もつくった。スパイには「新聞なん入れられない」という新聞配達夫に、そんなことはないから入れてくれと頼んだ。

「すぐ帰るから」の言葉通り、吉田は一月半で帰ってきた。東は「こんなに早くに釈放するくらいなれば、俺がこんな生活をする必要がなかった」のではないかと思ったという。彼には次の仕事、近衛文麿公爵への「コーゲン」工作が待っていた。そこで引き止める吉田と家族の者を振り切って、退邸した。

戦後、再び吉田を尋ねた東は、初めて自分が陸軍省のスパイであったことを告白した。吉田は機嫌よく

「お互い、お国のためと思ってやったんだからよいよ。当時は君が勝ったけれど、今はわたしが勝ったね」

と言って、大笑いした。二人の関係はその後も長く続き、東は警察予備隊に入ったが、代わりに彼の弟が吉田邸の書生となった。
田中光顕『維新風雲回顧録』河出文庫
これも古本祭りで購入した一冊。田中光顕は土佐郷士で司馬遼太郎さん曰く「典型的な二流志士」。しかしこの本(語りおろし)はめちゃくちゃ面白い。京都潜伏中に鳥尾、品川と比叡山に登り、心配した山縣が、帰ってきた3人に激怒した話など良い。ところでこの本の内容の6割くらい(適当)は、『竜馬がゆく』に引用されている。そんな本に前書きを寄せるなど、司馬さんはビッグハートだ。私が大作家なら、「恥ずかしいからそんな本再販すんなや」と圧力かけるけど。
岩田礼(元毎日新聞記者)『軍務局長斬殺 相沢事件★二・二六事件の導火線』図書出版社
これは先ごろの古本まつりで購入した一冊。それまでこの本の存在自体全く知らなかった。こういう発見があるから古本まつりは良い。

山口県徳山市に於いて新見英夫元大佐がその人生の最晩年を過ごしていることを知った著者は、新見氏に会いに行く。しかし彼はもう人と話ができる状態ではなかった。新見元大佐は間もなく亡くなるが、彼が死の床でうわごとのように、「オレが閣下を殺した」と何度も繰り返したということを、彼の夫人から聞いた著者は、相沢事件にのめりこんでいく。尤も新見は既に亡く、著者の相手をするのはもっぱら新見夫人と彼の後輩の諏訪与平元憲兵大佐であった。メインの語り部は当然諏訪である。彼は良くも悪くも憲兵的思考の持ち主で、誰でも彼でもを派閥に分けるのは、あまり感心しないが、それでもなかなか興味深いことを語っている。

相沢三郎中佐による永田鉄山殺害の状況については、不振な点がある。新見大佐は第一回の証人尋問では、軍事課長室につながる扉のそばの書類箱に書類を置いて、机に戻ろうと振り向いたときに、一軍人が抜刀を大上段に構えて局長に向かい、局長は手を上げて防ぐ形をしていたと供述している。しかし第二回の尋問では、第一回尋問での答えは記憶違いであったから訂正するとし、改めて初めて相沢中佐に気づいたときの状況を述べている。それによると、新見は局長の前の机で、書類の整理をしていたところ、何か音がしたので顔を上げると、局長が自分の回転椅子から二、三歩の処で手を上げて防ぐ形をしており、それに対して一軍人が軍刀を振り上げているのを見たとのことだ。新見は夢中で相沢の腰に飛びついたが、剛勇相沢はこれを振り切り、逃げる永田に止めをさした。記憶の混乱というのは十分有り得ることだが、気がついたときには、相沢は第一撃を永田に浴びせる直前であったという点は共通している。相沢は部屋に入ると同時に抜刀したと供述しているが、それにしても気づくのがやや遅いように感じる。
IMG_001.jpg↑南↓北
この点について著者は最後にひとつの答えを、新見のかかりつけ医から得ている。新見は軍人になる前から視野狭窄だったのだ。目は軍人にとって最も大事な器官である。恐らく新見は、そのハンデを隠しながら軍務についてきたのだろう。相沢が自分の横を通り抜けても気がつかなかったというのはそのせいと思われる。目のことを隠すために、一回目の聴取では、振り向いたときに相沢に気づいたと虚偽の証言をしたのだ。「オレが閣下を殺した」といううわごとは、そういったことへの後悔からきているのであろう。

もう一つの疑問点は、新見の同行者山田長三郎大佐の所在である。山田は証人尋問に対し、軍事課長(橋本群)を呼ぶために立ったときに、自分の背後を右側へ向かって誰かが通るのを感じたが、属官か何かだろうと思い、局長室の北側のドアから軍事課長室に行き、そこで居合わせていた森田範正徴募課長と1、2分話をしていたが、物音がしたので局長室との間のドアを開けると、局長が倒れていたとしている。取調官が、北側のドアにつくまでの間に、相沢の兇行に気づかなかったのかという質問には、自分は平素から大股で歩くので(相沢が斬りつける前に隣の部屋に入った)と答えている。

相沢自身は尋問に対し、部屋には局長以外に二人の軍人が居たと供述している。この点は、自分の後ろを誰か(相沢)が通るのと感じながら、隣へ行ったという山田の証言と一応矛盾はしていない。ただ相沢は、永田を斬って部屋を出るとき、「相沢、相沢」と呼ぶ山田の声を聞いたと言っている。二人は同郷で、前から顔見知りではあった。山田は相沢を呼んだことは否定している。それにしても、上司に斬りかかろうとする侵入者と入れ違いに隣の部屋に行く図というのは、客観的にはなかなかシュールだ。

ところが、隣の部屋にいた橋本と森田の第一回証人聴取での証言は、山田の証言を真っ向から否定するものであった。二人とも、事件が起こる前に山田が橋本を呼びに来なかったかという質問に、「来たようには思いませぬ」と答えている。つまり相沢が斬りかかる直前に軍事課長室に入り、永田が斬られている最中は、森田と話をしていたという山田の証言は、本人に否定されたのである。また橋本は、物音がするので局長室との間のドア(南側)を開けたところ、軍刀が閃くのが見えたので、とっさにドアを閉じた、もう一度開けて局長室に入ると、背の高い軍人が軍刀を鞘に納める様な姿勢で西の方へ向かっているのが見えたと証言し、森田は局長室に山田が居るのを見たと証言している。

森田の聴取は8月15日であったが、証言内容を知った山田は、その日の午後に森田を訪ね、自分は兇行の際、軍事課長室に橋本を呼びに行き、そのとき森田とも挨拶をしたと述べた。森田は第二回の聴取でそのことを述べ、よく考えると局長室へ行く途中に山田と会ったような気がすると、証言を変更した。しかし、局長室の異変を知って向かう途中なので、挨拶をする余裕は無かった筈だとも述べている。10秒、20秒が大事な問題だけに、この辺の食い違いはちょっと問題である。

橋本も第二回の聴取で、自分の記憶は薄弱であるから、山田大佐が自分を迎えに来たというならそうではないかと、証言を変えている。尤も第一回の陳述は事件直後で記憶も十分であったときのものなので、自分としては前回の陳述に間違いがあるとは思わないとも述べている。

さて新見大佐はどう答えているかというと、彼は一貫して山田大佐は、兇行の前に橋本軍事課長を呼びに行ったため、そのとき部屋には居なかったと証言している。しかし息子には、山田はついたてのところで、「相沢よせ、よせ」と叫んでいた、多分山田大佐はトチメンボウをくってうろうろしていたのではないかと語っているそうだ。新見の聴取は森田らの後で行われたので、或いは森田同様、山田大佐の訪問を受けていたかも知れないが、彼は聴取に際し、そのようなことはおくびにも出していない。

聴取に際して山田は隣の部屋に居たと答えた新見すらも、内々にはこのように語っているとすれば、山田が局長室に居たのは確定的であろう。諏訪氏は、山田は皇道派に近く永田と折り合いが悪かったと言っているが、仮にそれが事実としても、それが彼の行動に何か影響を与えたというのは穿ち過ぎだと思う。ただ彼は咄嗟のことに対応できず、おろおろしていたのだろう。諏訪氏はまた、橋本も皇道派であったとして、当時永田は軍事課長室に逃げようとしたが、ドアが開かなかったことについて、これは橋本が内側から抑えていたのだという噂があったとも言っている。しかし橋本が皇道派という話も、私はこれ以外聞いたことが無い。

事件後、村中孝次川島陸相への手紙で、非武士的行為で国軍の威信を失墜させた新見と山田を馘首せよと書いている。当然、永田の死を悼む統制派サイドからの風当たりもきつかった。山田は兵本附にまわされ、永田の百日祭が終わると、自宅で自決した。新見は京都憲兵隊長に転任し、そこで予備役となった。橋本と森田の二人はノモンハン事件で共に待命となった。
菅辰次中佐(19期)、広島出身。少佐のときに予備役となり、アメリカに滞在。二度目の召集でボルネオの俘虜収容所長となる。俘虜のなかに『風下の国』の著者アグネス・キース女史とその夫、子供がいた。ボルネオ赴任前にこの本を熟読していた菅は驚き、女史に紙と鉛筆を与え、収容所の出来事や感想を書いてくれるように頼んだ。喜んだ女史は、提出用の他に、収容所の日本人に対する赤裸々な感想を綴った自分用の手記もひそかに書き溜めた。しかしその中でも、菅だけは、典型的な日本武士道にかなった人物として描かれていた。戦局の悪化に伴い、俘虜の処遇についてもいろいろな討議がなされた。軍司令部は収容所にも重機の一挺ぐらい必要だろうといってきたが、菅は受け取りを拒否した。東京に於ける収容所長会議でも「如何なる場合があるとも、俘虜を敵手に委してはならぬ」という当局に対し、彼は「私は、俘虜を殺す相談にきたのではない」と冷然として言い放ったという。

敗戦と同時に菅は戦犯としてラブアン島に護送された。連合軍の計らいで、台湾人の当番兵が付き添っていた。ラブアン島に着いた菅を、原住民の石礫が襲った。携行したトランクで防いだが防ぎきれず、血達磨となった。この惨めな仕打ちを受けて菅は、自決を決意した。しかし身に寸鉄も帯びておらず、辛うじて食事用の丸いナイフがあるのみであった。彼はこのナイフを頚動脈につきたて何とかこれを切ろうとしたが果たさなかった。そこで水筒に砂を詰め、当番兵を呼んで、これで自分を殴るように命じた。菅の人柄を愛し付いて来ていた当番兵は、ためらってなかなか撃てない。菅はこれを大喝して励まし、彼の心中を察した当番兵も意を決して、菅の後頭部に一撃を加えた。しかし菅は一時的に昏倒しただけで、死に切れなかった。息を吹き返した菅は、もう一度ナイフを首に当て、これを水筒で撃つようにいった。当番兵がナイフの柄頭を強く水筒で撃つと、ナイフは深く突き刺さり、ようやく致命傷となった。享年59歳。解放されたキース女史は、この収容所での体験を元に、『三人は帰った』という本を書いた。これは映画化もされ、菅は早川雪洲が演じた。

江本茂夫中佐(23期)、徳島出身。中尉のときに東京外国語学校に依託学生として入学。英語のほかにドイツ語、フランス語もできた。中佐で予備役となると、横浜専門学校の英語主任教授となった。翻訳書にリデル・ハートの『英帝国崩壊の真因』がある。召集されて品川停車場司令官をしていたが、昭和19年3月に函館俘虜収容所長となる。前任の畠山大佐はごく平凡な所長で、俘虜の虐待を奨励するようなこともなかったが、かといって看守らの体罰を積極的に取り締まる風でもなかった。隷下の室蘭第一分所長平手嘉一大尉は大阪外語学校のフランス語科を卒業した人で、英語も堪能であった。彼は俘虜の待遇に気を使い、体罰をやめるように何度も看守たちを集めて訓辞したが、畠山時代の収容所の空気はむしろ平手に不利で、兵の中には「彼は外人の混血児ではないか」というような者さえいた。この時期に起きた俘虜の死亡事件の責任を負って、平手はBC級戦犯として絞首刑となる。この判決には当時の俘虜の間からも、不当に重いものとして助命嘆願の手紙が来たという。

江本は元々日本軍の俘虜の待遇について不満を持っており、収容所長には志願してなったという。着任すると早速彼は、看守のみならず俘虜を使役する工場の従業員に至るまでに、体罰の禁止を申し渡した。また俘虜への給与も改善し、持ち前の英語力で彼等と積極的にコミュニケーションをとった。横浜専門学校時代、日本一の英語教師といわれた人だけに、英国人俘虜の中には、かれのことを「オックスフォードのプロフェッサー」と呼ぶ人もいた。当時の英国人俘虜は皆深く日本を恨んでいる。しかし江本のことを悪く言う人は一人もいないという。昭和41年没。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。