近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

  • ユリウス・レーバー博士。社会民主党指導者。暫定内閣の内務大臣に決定していた。1945年1月5日に絞首刑。

  • 伯爵アドルフ・フォン・シャック。地主。1945年1月15日に処刑。
  • ヘルマン・シェーネ中佐。ハーゼ上級大将の副官。1945年1月15月に処刑。

  • ラインホールト・フランク博士。弁護士。第5軍管区(シュツッツガルト)の政治委員代理に決定していた。1944年7月21日に逮捕。1945年1月21日に処刑。
  • エルヴィン・プランク。著名な物理学者マックス・プランクの子。1930―32年にブリューニングの秘書。1932―33年には内閣書記官長。1945年1月22日に処刑。

  • オイゲン・アルブレヒト・ボルツ。ヴュルテンベルクの前司法、内務、総理大臣。ライヒ議会議員で中央党執行委員。ゲルデラーの暫定内閣の教育並びに宗教問題担当の大臣となることに決定していた。1945年1月23日に処刑。
  • 伯爵ヘルムート・フォン・モルトケ-クライザウ。法律家。クライザウ・グループの指導者。1945年1月23日に処刑。
  • ニコラウス・グロス。元カトリック労働組合指導者。1945年1月23日に処刑。
  • テオドール・ハウバッハ博士。社会主義の指導者。国旗団の主要な組織者の1人。1932年までベルリン警視庁の新聞課長。クライザウ・グループの一人。暫定内閣における情報大臣として決定していた。1945年1月23日に絞首刑。
  • ヘルマン・カイザー大尉(博士)。べックとゲルデラーの間の連絡将校。1945年1月23日に処刑。
  • ルートヴィッヒ・シュヴァンプ。社会民主党。1933年までへッセン内務省の参事官。1945年1月23日に処刑。
  • ブッソー・トーマ少佐。1945年1月23日に処刑。

  • フリッツ・エルザス博士。1933年にベルリンの市長代理。1945年1月にザクセンハウゼンにおいて監視兵によって殺害。

  • カール・フリードリヒ・ゲルデラー博士。ライプチヒの元市長で、元価格統制官。1944年7月20日事件では首相に決定していた。1945年2月2日にプレッツェンゼー刑務所で絞首刑。
  • アルフレート・S・J・デルプ神父。クライザウ・グループの一人。1945年2月2日に絞首刑。
  • ヨハンネス・ポピッツ教授(博士)。1932-33年にはライヒ無任所大臣。1933-44年にはプロイセンの大蔵大臣。1945年2月2日にプレッツェンゼー刑務所で絞首刑
  • グスタフ・ハイスターマン・ツィーベルク大将。1945年2月2日に処刑。

  • グスタフ・テルグマン中佐。1945年2月26日に処刑。
  • オスヴァルト・ヴィールジヒ。キリスト教労働組合指導者。1945年2月28日に処刑。

  • フリッツ・ゲルデラー博士(カール・フリードリヒの兄弟)。ケーニヒスベルク市の出納局長。1945年3月1日に処刑。
  • フランツ・ロイニンガー。元キリスト教金属労働組合の書記長。1945年3月1日に処刑。
  • カール・フォークト。労働組合指導者。1945年3月1日に処刑。

  • ハッソー・ベーマー中佐。第20軍管区(ダンチッヒ)の連絡将校に予定されていた。1945年3月3日に、オラニエンブルクの強制収容所で絞首刑。
  • アルツール・ネーベ。SS上級指導者。ライヒ保安庁第5局長。1945年3月3日にプレッツェンゼー刑務所で処刑。

  • エルンスト・フォン・ハルナック(有名な神学者の子)。著名な社会主義者で1933年まで、メルゼブルクの市長。1945年3月5日に処刑。
  • オスカール・カミネッシ。1945年3月9日に処刑。
  • 男爵クルト・フォン・プレッテンベルク。ドイツ皇太子の廷臣の一人。1945年3月10日にプリンツーアルブレヒトシュトラーセ刑務所で自殺。
  • ハンス・マルティン・ドルシュ中尉。1945年3月13日に処刑。

  • ヴィルヘルム・カナリス海軍大将。1934-44年に軍情報部長。1944年7月23日に逮捕。19455年4月9日にフロッセンピュルクの強制収容所で処刑。
  • ハンス・オスター少将。1943年まで軍情報部本部長。第4軍管区(ドレスデン)の連絡将校。1945年4月9日に、フロッセンビュルク強制収容所で処刑。
  • ディートリヒ・ボンヘッファー師。1943年4月5日に逮捕。1945年4月9日にフロッセンビュルク強制収容所で処刑。
  • ルートヴィッヒ・ゲーレ大尉。軍情報部。1945年4月9日にフロッセンビュルク強制収容所で処刑。
  • ハンス・フォン・ドーナニイ。ライヒ法律顧問官。軍情報部の一員。1945年4月9日にザクセンハウゼン強制収容所で絞首刑。
  • カール・ザック。陸軍最高司令部法務総監。1945年4月9日にフロッセンビュルク強制収容所で処刑。
  • テオドール・シュトリュンク博士。騎兵大尉。軍情報部。フランクフルトの保険会社取締役。1945年4月9日にフロッセンビュルク強制収容所で処刑。

  • エヴァルト・フォン・クライスト・シュメンツィン少佐。大土地所有者。第2軍管区(シュテッチン)の政治委員代理に決定していた。1945年4月16日に処刑。
  • オットー・ヒューベナー。保険会社取締役。軍情報部1945年4月21日に処刑。
  • クラウス・ボンヘッファー(ディートリヒの兄弟)。ルフトハンザの法律顧問。1944年10月6日に逮捕。1945年4月22日に処刑。

  • 伯爵アルブレヒト・ベルンシュトルフ。1922-33年にロンドンのドイツ大使館付法務官。1945年4月22/23日にレールテルシュトラーセ刑務所で銃殺。
  • 男爵カール・ルートヴィッヒ・フォン・グッテンベルク。地主。軍情報部の一員。1945年4月22/23日に裁判にもかけられずに処刑。
  • ゲオルク・アルブレヒト・ハウスホーファー博士(著名な地政学者の子)。1940-44年にベルリン大学地政学教授。1945年4月22/23日にレールテルシュトラーセ刑務所で銃殺。
  • マックス・イェンネヴァイン。技師。1945年4月22/23日に処刑。
  • ハンス・ヨーン。法律家。1945年4月22/23日に、レールテルシュトラーセとプリンツ-アルブレヒトシュトラーセ刑務所の間で処刑。
  • フランツ・ケンプナー博士。1933年まで再建省次官。1945年4月22/23日に処刑。
  • ハンス・コッホ。法律家。1945年4月22/23日に処刑。
  • リヒャルト・キュンツアー。外務省公使館付法務官。1945年4月22/23日に、レールテル駅近くで秘密警察により処刑。
  • カール・マルクス。商人。1945年4月22/23日の夜に監視兵により処刑。
  • エルンスト・ムンツィガー中佐。陸軍最高司令部。1945年4月22/23日に処刑。
  • ヴィルヘルム・ツール・ニーデン。産業家。1945年4月22/23日に秘密警察により処刑。
  • フリードリヒ・ユスツス・ペレルス博士。告白教会の法律顧問。1945年4月22/23日に刑務所の看守により処刑。
  • 伯爵ハンス-ヴィクトール・ザルヴィアーティ少佐。プロイセン公フリードリヒ・ヴィルヘルムの義理の兄弟。1941-43年に、フォン・ルントシュテット元帥の副官。1945年4月22/23日に処刑。
  • リュドガー・シュライヘル教授(博士)。ディートリヒ・ボンヘッファーの義理の兄弟。空軍省参事官。1945年4月22/23日に処刑。
  • エルンスト・シュネッペンホルスト。社会民主党と労働組合指導者。1919―20年にバイエルンの軍務大臣。1920-33年にはバイエルン議会の議員。1945年4月22/23日にレールテル駅の近くで処刑。
  • ハンス・ルートヴィッヒ・ジールクス。元ラント参事官。1945年4月22/23日にレールテル駅の近くで処刑。
  • ヴィルヘルム・シュテーレ大佐。ベルリンの傷兵院司令官。軍情報部の一員。1945年4月22/23日にモアビット刑務所で処刑。

  • フリードリヒ・フォン・ラーベナウ砲兵大将。1935-43年にポツダムの陸軍記録保管所長。フォン・ゼークト将軍の伝記作者。1945年4月に、フロッセンビュルク強制収容所で処刑。
  • ハンス・グロスクルト大佐。1945年4月にソヴィエトで捕虜として自殺。
  • ハインリヒ・ケルナー。労働組合役員。ヤコプ・カイザーの追随者。クライザウ・グループの1人。1945年4月に処刑。

  • アントン・ゼフコウ。共産党中央執行委員会の一員。処刑。
  • マルテ・フュルスト・ツー・プトブス。処刑もしくは殺害。
  • フランツ・ヤコブ。指導的共産主義者。1944年7月4日に逮捕。刑務所で自殺。
  • 男爵ランドルフ・フォン・グライトバッハ-ビュレスハイム。1945年夏に死亡。
  • マックス・フライシュマン教授。1945年夏に処刑。
  • オットー・キープ。職業外交官。国防軍統合司令部外国局。元ニューヨーク総領事。自殺を試みたが、1945年8月26日にプレッツェンゼー刑務所で絞首刑。
  • エルンスト・アウグスト・フォン・ベルジク。クライザウ・グループの1人。1945年9月にソヴィエトの強制収容所で死亡。
  • ユスツス・デルブリュック博士。著名な歴史家ハンス・デルブリュックの子。軍情報部の一員。1945年にソヴィエトの強制収容所で死亡。
スポンサーサイト

  • ルートヴィッヒ・ベック上級大将。1935-38年に陸軍参謀総長。1944年7月20日の一揆の成功の暁には国家元首となることになっていた。1944年7月20日にでベンドラー街で自殺。
  • フリードリヒ・オルブリヒト歩兵大将。予備軍参謀長。暫定内閣では軍務大臣に決定していた。1944年7月20日にベンドラー街で逮捕され、その中庭で銃殺。
  • ヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉(ハンス・ベルントの兄弟)。法律家。伯爵クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の副官。1944年7月20日にベンドラー街で逮捕され、その湯で処刑。
  • 伯爵クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク大佐。予備軍最高司令官フロム上級大将の参謀長。暫定内閣の軍務省次官に決定していた。1944年7月20日にヒトラー暗殺計画を遂行。1944年7月20日にベンドラー街で銃殺。
  • リッター・アルブレヒト・メルツ・フォン・クヴィルンハイム大佐。参謀将校。フォン・シュタウフェンベルクの後を継ぎ(1944年6月)、オルブリヒト大将の参謀長。1944年7月20日にベンドラー街で逮捕され、その中庭で銃殺。

  • ウルリヒ・フォン・エルツェン少佐。参謀将校。オルブリヒトの下で一揆の計画立案に参加した主要な人物の一人。1944年7月20日に自殺。
  • ヘニング・フォン・トレスコウ少将。中部軍司令官フォン・クルーゲ元帥の第一参謀で、後参謀長。1944年7月21日に自殺。
  • ゲオルク・コンラート・キスリング。大土地所有者。1944年7月22日に処刑。
  • ジークフリート・ヴァーグナー大佐。オルブリヒト大将の参謀将校。1944年7月22日に自殺。
  • 男爵ヴェッセル・フォン・フライターク-ローリングホーフェン大佐。1944年7月26日に自殺。
  • エドゥアルト・ヴァーグナー砲兵大将。陸軍最高司令部参謀次長。1944年7月26日に自殺。
  • ヴェルナー・シュレーダー中佐。陸軍最高司令部から軍情報部ヘの連絡将校。1944年7月28日に自殺。

  • エルヴィン・ヨブ・フォン・ヴィッツレーベン元帥。国防軍最高司令官に決定していた。1944年8月8日に絞首刑。
  • エーリヒ・ヘプナー上級大将。1944年7月20日にフォン・ヴィッツレーベンにより予備軍最高司令官に任命された。1944年8月8日に絞首刑。
  • パウル・フォン・ハーゼ上級大将。1940-44年にベルリンの司令官。1944年8月8日に絞首刑。
  • 伯爵ぺーター・ハンス・ルートヴィッヒ・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルク。クライザウ・グループの一人。暫定内閣の内閣書記官長に決定していた。1944年8月8日に絞首刑。
  • ウルリッヒ・フォン・ハッセル。職業外交官。1932-7年にローマ大使。ゲルデラーの暫定内閣では、外務大臣候補者の1人。1944年8月8日に絞首刑。
  • ヘルムート・シュティーフ少将。陸軍最高司令部組織局長。1944年8月8日に処刑。
  • ロベルト・フォン・ベルナルディス中佐。1944年8月8日に絞首刑。
  • アルブレヒト・フォン・ハーゲン予備役中尉。ヘルムート・シュティーフ少将の副官。1944年8月8日に処刑。
  • フリードリヒ・カール・クラウジング大尉。1944年8月8日に絞首刑。

  • アルフレート・クランツフェルダー(海軍)大尉。海戦司令部第1課。1944年8月10日に処刑。
  • 伯爵フリードリヒ・ディートロフ・フォン・デル・シューレンブルク。第一次大戦の時のドイツ皇太子の参謀長の末子。1935-39年にベルリンの警視副総監。1939―44年には、シュレジエンの州長官代理。クライザウ・グループの一人。1944年8月10日に処刑。
  • 伯爵ベルトルト・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク。法律家。クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルクの兄弟。1944年8月10日に処刑。

  • ハンス・アレクザンダー・フォン・フォス中佐。フォン・シュテュルプナーゲル大将の義理の子。フォン・ヴィッツレーベン元帥の参謀将校。1944年8月11日に自殺。
  • 伯爵ヴォルフ・ハインリヒ・フォン・ヘルドルフ。SA上級指導者。1935-44年にベルリン警視総監。1944年8月15日に絞首刑。
  • ハンス・ベルント・フォン・ヘフテン(海軍予備役)中尉。外務省の公使館付法務官。1944年8月15日に処刑。
  • エグベルト・フォン・ハイイェッセン少佐。オルブリヒトとフォン・ハーゼの間の連絡将校。1944年8月15日に絞首刑。
  • ベルンハルト・クラムロート中佐。シュティーフ少将の参謀の一人。1944年8月15日に処刑。

  • 男爵アダム・フォン・トロット・ツー・ゾルツ。外務省の公使館法務官。クライザウ・グループの一人。1944年8月25日に絞首刑。
  • ハンス・ゲオルク・クラムロート。商人。軍情報部。1944年8月26日に処刑。
  • 男爵ルートヴィッヒ・フォン・レオンロート少佐。第7軍管区(ミュンヘン)の連絡将校に決定していた。1944年8月26日に処刑。
  • 男爵ゲオルク・フォン・ベーゼラーガー大佐。第3騎兵旅団長。1944年8月27日に絞首刑。

  • エーベルハルト・フィンク大佐。1944年7-8月に、西部軍最高司令官フォン・クルーゲ元帥の参謀長代理。1944年8月30日にプレッツェンゼー刑務所で絞首刑。
  • ハンス・オットフリート・フォン・リンストウ大佐。パリでフォン・シュテュルプナーゲル上級大将の参謀長。1944年8月30日に処刑。
  • カール・エルンスト・ラートゲン中佐。1944年8月30日に処刑。
  • カール・ハインリヒ・フォン・シュテュルプナーゲル歩兵大将。1942-44年にフランス軍政官。1944年7月21日に自殺未遂。1944年8月30日に絞首刑。
  • フリッツ・イェーガー大佐。1944年8月31日に処刑。
  • エドゥアルト・ハム博士。法律家。クノーの下で元内閣書記官長。1944年8月に処刑。
  • ゲルト・フォン・トレスコウ中佐。1944年9月2日に自殺。

  • フリッツ・エーリヒ・フェルギーベル大将。陸軍最高司令部の通信部長。1944年9月4日に処刑。
  • クルト・ハーン大佐。フェルギーベル大将の参謀長。1944年9月4日に処刑。
  • 伯爵マックス・ウルリヒ・フォン・ドレクゼル大尉。1944年9月4日に処刑。
  • ハンス・オットー・エルトマン大佐(第1軍管区)。1944年9月4日に処刑。
  • ゲルハルト・クナーク少佐。1944年9月4日に処刑。
  • 伯爵ハインリヒ・フォン・レーンドルフ-シュタインオルト。大土地所有者でフォン・ボック元帥の副官。1944年9月4日に処刑。

  • フリッツ・ティーレ中将。国防軍統合司令部通信部長。1944年9月5日に処刑。
  • ゲオルク・ハンゼン大佐。参謀将校で軍情報部第1課長。1944年9月8日に、プレッツェンゼー刑務所で絞首刑。
  • パウル・アダム・フランツ・レジューネ-ユング博士。哲学並びに法律学博士。1924-30年にはドイツ人民党のライヒ議会議員。暫定内閣の経済大臣に決定していた。1944年9月8日にプレッツェンゼー刑務所で処刑。
  • 伯爵ウルリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュヴェリン-シュヴァーネンフェルト大尉。1940-42年にフォン・ヴィッツレーベン元帥の副官。1944年9月8日に処刑。
  • ギュンター・シュメント中佐。参謀将校。1944年9月8日に処刑。
  • エリザベート・フォン・タッデン。女校長。1944年9月8日に処刑。
  • ヨーゼフ・ヴィルマー。法律家。中央党。暫定内閣における司法大臣に決定していた。1944年9月8日に処刑。

  • ヴィルヘルム・ディークマン参事官。1944年9月13日に処刑。
  • 伯爵ハインリヒ・ツー・ドーナ-トルクスドルフ少将。地主。第1軍管区(ケーニヒスベルク)の政治委員に決定していた。1944年9月14日に絞首刑。
  • 伯爵ミカエル・フォン・マツーシュカ。1944年9月14日に処刑。
  • ヘルマン・ヴェールレ神父。陸軍従軍牧師で男爵フォン・レオンロートの聴罪師。1944年9月14日に処刑。
  • 伯爵ニコラウス・フォン・ユクスキュル大佐。ボヘミアとモラビアの保護領の連絡将校に決定していた。1944年9月14日にプレッツェンゼーで絞首刑。
  • フリッツ・リンデマン砲兵大将。1944年9月22日に処刑。

  • マックス・ハーベルマン。ドイツ国家主義商店員連盟の元書記で、ドイツ国家人民党員。1944年9月29日にギフホルン刑務所で自殺。
  • オットー・ヘルフルト少将。1944年7月20日にフォン・ヴィッツレーベンによりベルリン軍司令部参謀長に任命された。1944年9月29日に絞首刑。
  • フリッツ・フォン・デル・ランケン中佐。オルブリヒトの副官。1944年9月29日に処刑。
  • ヴィルヘルム・ロイシュナー。社会民主党指導者。1928-33年にヘッセンの内務大臣。フォン・ハムマーシュタイン将軍の友人で、彼がこのロイシュナーをベックに紹介した。暫定内閣では副首相に決定していた。1944年9月29日に絞首刑。
  • 伯爵ヴィルヘルム・フリードリヒ・ツー・リナール少佐。地主で、フォン・ヴィッツレーベン元帥の副官。1944年9月29日に処刑。
  • ヨアヒム・マイクスナー。1944年9月29日に処刑。
  • ヨアヒム・ザドロツィンスキー中佐。1944年9月29日に処刑。

  • ニコラウス・フォン・ハーレム。商人。軍情報部。1944年10月8日に処刑。

  • カール・ラングベーン博士。法律家。1944年10月12日に処刑。
  • 伯爵ルドルフ・フォン・マログナ-レドニィッツ大佐。ウィーンの軍情報部支局長。第17軍管区(ウィーン)の連絡将校に決定していた。1944年10月12日にウィーンで処刑。
  • プレラート・オットー・ミュラー。カトリック労働者連盟の指導者。1944年10月12日にテーゲル刑務所で死亡。
  • 男爵アレクシス・フォン・レンネ大佐。陸軍最高司令部外国陸軍局長。1944年10月12日に処刑。

  • 伯爵ハンス・ユルゲン・フォン・ブルーメンタール少佐。第2軍管区の連絡将校に予定されていた。1944年10月13日に処刑。
  • ローラント・フォン・ヘスリン少佐。参謀将校。1944年10月13日に処刑。
  • フリードリヒ・ショルツ-バビッシュ騎兵大尉。地主。第8軍管区(ブレスラウ)の連絡将校に決定していた。1944年10月13日に処刑。
  • ゲオルク・シュルツェ-ビュットガー中佐。フォン・マンシュタイン元帥の第一参謀。1944年10月13日に処刑。

  • エルヴィン・ロンメル元帥。1944年10月14日に自殺。
  • エドゥアルト・ブリュックルマイアー。外務省の公使館付法務官。1944年10月20日に処刑。
  • ヘルマン・マース。社会民主党並びに労働組合指導者。1944年10月20日に処刑。
  • アドルフ・ライヒヴァイン教授(博士)。社会民主党。社会主義青年運動指導者。1944年10月20日に処刑。
  • カール・ハインツ・エンゲルホルン中佐(軍情報部)。1944年10月24日にブランデンブルク刑務所で処刑。
  • 男爵カール・フォン・テュンゲン中将。陸軍最高軍法会議の裁判長代理。ヘプナーにより、第3軍管区(ベルリン)司令官コルツフライシュの後任に任命された。1944年10月24日に処刑。

  • 伯爵フリードリヒ・ヴェルナー・フォン・デル・シューレンブルク。1935-41年にモスクワ大使。暫定内閣の外務大臣候補の一人。1944年11月10日に処刑。
  • ヴァルター・クラーマー。織物業者。シュトール株式会社取締役。第2軍管区(シュテッチン)の政治委員に決定していた。1944年7月22日に逮捕。1944年11月14日に処刑。
  • ベルンハルト・レッターハウス。元キリスト教労働組合の書記長。暫定内閣では再建大臣に決定していた。1944年11月14日に処刑。
  • 男爵フェルディナント・フォン・リューニング。前ヴェストファーレン州長官。第20軍管区(ダンチヒ)の政治委員に決定していた。1944年11月14日に処刑。

  • エーリヒ・グレーデン。建築技師。1944年11月30日に処刑。
  • リゼロッテ・グレーデン博士。法律家(エーリヒの妻)。1944年11月30日に処刑。
  • エリーゼ・アウグステ・クツニツキイ夫人(旧姓リリエンクロン)。1944年11月30日に処刑。
  • ペーター・イェンス・イェッセン博士。指導的経済学者。1931-33年にベルリン大学政治学教授。元ナチ党経済政策局の一員。1944年11月30日に処刑。

  • カール・ヴェンツェル-トイチェンタール。地主。1944年12月20日に処刑。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。