近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
昨日になるが、録画していた『日本のいちばん長い日』を見た。2時間半だが最後までだれることなく素晴らしいと思った。ご遺族からすればまた別の感慨もあるだろうけど、私は椎崎畑中コンビの演技は良かったと思う。特に最後の馬とサイドカーで駆けるシーン。さすがに天本英世の佐々木大尉はやりすぎちゃうかと思ったけど。

さてそういうわけで寝る前に飯尾憲士氏の『自決』を読み直したわけなのだけど、その中でこれまであまり気に留めていなかった一節があった。若林少尉の本にも出てきた益田中佐は、航空士官学校の教官だったため、『自決』にも登場するのだが、彼が熱心に信奉していた法華宗派は、平泉学派と激しく対立していたのだとか。平泉学派と言えば、竹下正彦中佐井田正孝中佐も、椎崎中佐、畑中少佐もそうだった。

ところで飯尾氏は、森師団長殺害の場面の黒田大尉(上原大尉と窪田少佐のミックス)なる人物の狂態について

畑中少佐に扮した中年の俳優が構えた拳銃が火を吐き、上原大尉に扮した若い俳優が軍刀を抜きはなって斬りかかる。頬骨の張った陰険なメイキャップに私は眉をひそめたが、キャッ!とか、ギャッ!とかヒステリックな叫びをあげて斬りかかった演技をみて、私のほうが悲鳴をあげそうになったのである。上原重太郎とは似もつかぬ暴れかたであった。

としきりに嘆いておられるが、黒沢年男はまだこのとき全然若手だろうし、年だけなら風車の弥七の方が上なんじゃないかと思う。まあどうでもいいこっちゃけど。

  
スポンサーサイト
ワーテルロー戦役を読んでたら最初のほうに、皇帝近衛軍の指揮官としてピエール・カンブロンヌ子爵という名前が出てきた。後にワーテルローで皇帝を守り、同盟軍の降伏勧告を撥ね付け、不朽の名声を残したという。そういわれると何となく記憶にある名前だと、私のワーテルローに関する知識の6割くらいを占めるレ・ミゼラブルを繰ったところ、確かに出てきている。で、なんて言い返したかというと、「糞」だそうだ。WW2のバストーニュでの「ナッツ」の原型か。ユーゴーはワーテルローの勝者は、ウェリントンでもブリュッヘルでもなくカンブロンヌだとまで書いてるけど、そんな大層なものかな?
昨晩読了した。確かにこの本は、丸っきりの初心者向けとは言えないかもしれない。しかしこれからあの時代を勉強しようという積極的意志のある人間にとっては、十分な入門書になるだろう。私も早速図書館から『ワーテルロー戦役』という本を借りてきた。
「ナポレオンの元帥たち」(牧歌舎) 第二刷ができました




更に、ここで知ったトルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争という本、あまりの分厚さにちょっとたじろいだが、もうその本屋で最後の一冊だったので思い切って購入した。でもこれでますます、例年事業の糺の森での古本市行きは遠のいたかな。
金曜日に現物も届いたし、増刷の可能性も出てきたようだし(詳しくは大陸軍千一夜を読むべし)、これで心置きなく宣伝できるというものです。電子書籍化もされるようですが、最近めっきり本は寝転んでしか読めない体質となった私としては、紙媒体で手に入るかどうかは死活問題だったので、何はともあれほっとしています。

この土日で半分くらい読みましたが、この時代について中学生レベルの知識しかない私でも、十分面白く読めています。まあホントに知識が無いので(プリンス・チャーリーって誰?)気の利いた感想など書けませんが。しかしナポレオンの部下軍人について、日本語で読めるここまで纏まった文献というのは希少価値がありますよ。是非。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。