近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
昭和6年の十月事件で橋本欣五郎たちが想定していた内閣というのは次の通り。
首相兼陸相 荒木中将
内務大臣  橋本欣五郎中佐
外務大臣  建川美次
大蔵大臣  大川周明博士
警視総監  長少佐
海軍大臣  小林少将(省三郎)
殆どの本は上記の通りになっていると思う。というのも田中清の「所謂十月事件に関する手記」がそうであるから。但し中野雅夫氏は陸相は建川の兼任とし、さらに加えて
法務大臣  北一輝
拓務大臣  藤田勇
と書いている。中野氏は藤田と親しく、十月事件の情報も藤田から得ていたので、或いはそういう話もあったのかもしれないが、手前味噌かもしれない。中野氏は藤田を大物フィクサーとして描くが、里見甫の伝記などでは、里見とは比較にならない小物とされている(阿片商人としてだが)。中野氏の本は徹頭徹尾橋本サイドから書かれているため、読んで憤慨する人もいるだろう。事件前の料亭(末松太平氏によれば梅林)での顛末についても、鉄血章のことはおざなりにされ、青年将校たちは血判するのが怖くて脱退したというような書き方をしている。さすがに小原重孝に気絶させられた中尉の名前はふせてあるが、そんなもの誰が見ても菅波三郎であること丸わかりだ。ところがそんな中野氏も、橋欣を敬愛すること人後に落ちない田々宮英太郎氏には批判されている。中野氏が某女史から手に入れ出版した『橋本大佐の手記』の解説が事実を歪曲しているというのである。

歪曲といえばついでに、田中の手記について。あの手記は石丸少将から憲兵隊(持永少将)、村中孝次と渡り、「粛軍に関する意見書」に添付されて世に出たものだが、その過程で相当の改竄がなされていることは知られている。その中で特にケッタイなのは三月事件に関する記述の中の以下の箇所である。

此情勢に於て某中将(此の氏名は最後まで秘匿せられ今日に至るも明らかならず一説には真崎中将と云ひあり)は小磯、建川少将の何れか一名以下数名の将校を率ひ議場に入り(中略)総辞職を決行せしむ

田中もはっきり書いているが、この某中将というのは原文では某少将であり、それは建川を指している。真崎は三月事件に関してはクリーンである。であるにも関わらずわざわざこのような改竄をしたのは、どういう意図があってのものなのか、ちょっとわかりにくい。何故なら石丸も持永もガチガチの真崎派であり、村中にしてもこの時点ではまだ真崎サイドであったから。

さてもう一つは東條打倒に燃えた中野正剛の組閣案。彼の腹心三田村武夫代議士から押収した閣員名簿によれば
総理大臣  宇垣一成
内務大臣  中野正剛
内閣書記官長 天野辰夫
外務大臣  廣田弘毅
情報局総裁 緒方竹虎
商工相兼企画院総裁 梶井剛
陸軍大臣  小畑敏四郎もしくは大迫通貞
海軍大臣  豊田副武
天野辰夫は神兵隊事件で逮捕されたこともある弁護士。これはいずれ書くかもしれないが、一部の右翼と大政翼賛会は相性が悪いらしい。梶井という人は全然知らないが、松前重義の推薦だそうだ。さて私なんかが目がいくのはやはり陸相候補。小畑に関しては何の違和感もないが、もう一人の大迫通貞というのはどこをどう回って出てきた名前なのか気になる。確かに彼はこの昭和18年、師団長として内地にいたがそれでもこのメンバーに入るような人かな?場違いというと失礼かもしれないが、まさかサイコロ振って決めたわけでもあるまいし、どういうコネクションなのだろうか。大迫は陸士23期。この期からは多くの軍司令官が出たが、彼は第47師団長を最後に予備役となり、終戦時は召集されて故郷鹿児島の地区区司令官をしていた。その経歴的には所謂支那通。土肥原賢二の下で竹工作(呉佩孚引っ張り出し工作)をやっていた。


    
スポンサーサイト
南方攻略の三軍(25A、14A、16A)を見ていると、人間関係の悪さと戦争犯罪や不祥事は比例関係にあるということが分る。

オランダは今村岡崎に死刑を求刑したが、結局二人とも無罪となった。第2師団長だった丸山政男も無罪、東海林俊成も死刑を求刑されていたが最後は減刑され、無事復員した。これらはひとえに、大本営から何を言われようが「占領地統治要綱の通りにやっている」の一言で撥ね付けた今村と、其の意をよく汲んだ部下の賜物だろう。

第14軍は、バターンのデスマーチで本間と野戦輸送司令官の2人が処刑された。これに関しては、マニラかバターンかという戦略的な問題がまずあり、責任の殆どは大本営にあるが、そこで独断、バターンへ逃げる米軍を急追できなかった本間及びその幕僚の弱さも指摘できる。今村と本間は同期の親友で、あまり軍人軍人していないところもよく似ているが、こういう局面での強さに差があるように思う。また第14軍の司令部は物理的にマニラとバターンに分断されており、その辺も良くなかった。大本営参謀として乗り込んできた辻政信に好き放題やられたのも、それだけ付け入る隙があったからだろう。ちなみにサントスへの処刑命令に関して、戦後、参謀長だった和知と参謀副長だった林義秀が、責任の擦り付け合いをしているが、林は辻と台湾軍研究部以来の仲だけに、彼のほうがやや分が悪い。この件は神保中佐の機転で事なきを得たが、大本営は温厚な本間の軍政が気に入らず、第16軍に対したのと同様に文句を言っている。軍政担当だった林は、相当ねじをまかれたようだ。しかしそこで、幕僚統帥が行われるかどうかも、第16軍との違いだ。第141聯隊長だった今井武夫は、「捕虜を全員射殺しろ」という出所の怪しい命令(辻からのものらしい)を受け、驚いて逆に捕虜を全員釈放してしまった。また辻には、自動車での移動中、捕虜の隊列と行き会うと、拳銃で銃撃を浴びせたという凄い話もある。

第25軍には、先に触れたパリットスロン事件のような戦闘中の捕虜殺害からシンガポールでの華僑虐殺までいろいろ有る。軍司令官の山下は他で処刑され、参謀長だった鈴木宗作は戦死、辻は逃亡、朝枝はソ連ということで、結局河村参郎他1名の処刑で済んだが、やはりそれでは終われない問題を残した。25軍ほど人間関係がごたごたしているところも珍しい。台風の目は勿論辻で、参謀副長だった馬奈木敬信によれば辻が一目置いていたのは軍司令官だけで、鈴木参謀長に対してこれを面罵することもあったという。ただ先に触れた近衛師団のように、人間関係の悪さは辻絡みだけではない。そもそも軍司令官と参謀長の間からして、やや隙間があったという話だ。しかし2人がそれぞれ第14方面軍司令官、第35軍司令官だった頃を見ると、2人とも私情を仕事に持ち込むようなことは一切していない。

それでは三軍隷下の師団長、参謀長のその後を見てみよう。

  • 近衛師団
    師団長 西村琢磨
    →予備役→司政官
    参謀長 今井亀治郎
    →歩236聯隊長→漢口軍事顧問→関東軍附

  • 第5師団
    師団長 松井太久郎
    →南京最高軍事顧問→支那派遣軍総参謀長→第13軍司令官
    参謀長 河越重定
    →総力戦研究所員→第5軍参謀長

  • 第18師団
    師団長 牟田口廉也
    →第15軍司令官→予備役→予科士官学校長
    参謀長 武田 寿
    →第53歩兵団長→第1野戦根拠地隊司令官→第352師団長

  • 第16師団
    師団長 森岡 皐
    →予備役→華北綜合調査所長
    参謀長 渡辺三郎
    →船舶工兵第4聯隊長→第3船輸スマトラ支部長→第3船舶輸送司令官

  • 第48師団
    師団長 土橋勇逸
    →仏印駐屯軍司令官→第38軍司令官
    参謀長 川越守二
    東部軍附→第1船輸大阪支部長

  • 第2師団
    師団長 丸山政男
    →参本附→予備役
    参謀長 大木良枝
    →関東軍附→南方燃料廠附→スマトラ燃料工廠長

  • 第38師団
    師団長 佐野忠義
    →防衛総参謀長→参本附→第34軍司令官
    参謀長 阿部芳光
    →歩校教官→内地鉄道参謀長→広島地区鉄道司令官

まず丸山中将の予備役入りはガダルカナルの結果だからこれは例外。それ以外で即予備役入りは近衛の西村と16の森岡。森岡はバターン・コレヒドールでの苦戦を責められてのことだろう。第14軍では軍司令官の本間、参謀長の前田正美も予備役にされた。ちなみに森岡中将に関しては、辻から出た捕虜殺害命令を相手にしなかったという話があることを一応書いておく。そうやって見るとやはり近衛師団の西村と今井の冷遇が目を引く。上級司令部との折り合いの悪さ、とくに声の大きい辻政信との諍いが影響したか。この2人はお互い仲が悪かったそうだが、同時に両者とも、辻と険悪な仲であった。

最後に佐々木春隆『華中作戦』から今井に対する人物評を摘要するが、さすが陸大教官をしていただけに、その戦術は華麗で、佐々木大尉もすっかり魅せられたという。ところが戦術のイロハを弁えずに無理押ししてくる支那軍を前にすると、段々逆上しだし、「支那軍は戦術を知らん」などという泣き言まで飛び出した。その後妻の病死という悲報を受けるとすっかり意気消沈し、カイゼル髭を落として念仏ばかり唱えるようになり、そのまま更迭された。戦後はシベリアで病死したという。「英敏の代名詞」のような人であったが、頭が良すぎて戦場には不向きであったのではないかと、佐々木氏は同情している。

判決を受けて、中山弁護士は素早く、再審を請求する書類を提出した。その書類は以前と違い、簡潔で洗練されたものであった。中山弁護士への通信を検閲していたオーストラリア軍は、彼に知恵をつけているのが誰なのか知っていた。その人物こそ、ベン・ブルース・ブレイクニー弁護士であった。弁護側は改めて三人の証人を尋問し、新たな宣誓供述書を作り、それを提出した。それにはゴドウィンのやり口が如実に表されていた。

稲垣  (ゴドウィンによる尋問のやり方の例を示す)
ゴドウィン 西村中将が話したことを聞いたはずだ。
稲垣  聞いた、かもしれない、しかしそれについて覚えていない。
ゴドウィン それをはっきり聞いたはずだ。もう一度考えてみろ。私は十分調査した。彼が話したとあなたが言うとき、西村中将が命令を出したことを証明する調書を私は持っている。
稲垣  そうかもしれないが、私は思い出せない。
ゴドウィン 思い出したほうがいい、よく考えてみろ、こんなに重要なことを忘れているはずがない。
(取調官は非常に興奮した。彼は部屋から出て通訳に何か指示した。その後通訳が私に話しはじめた)
通訳  取調官はこの事件のことをよく知っている。フジタという当時捕虜担当の将校がこの部屋で、命令が出されたときの状況を証言している。
稲垣  そうですか。(私は取調官がいないとほっとして、気楽に彼に話した)。彼は何と言ったのですか。
通訳  西村中将はその場で、捕虜をすべて射殺するよう命じ、彼の副官がそれを伝えたとフジタは言った。

園   私は取り調べについて次のような印象を持った。何人かの証人が私の前に、ゴドウィン大尉によって尋問されていたようだった。彼は明らかに私の供述を、前の証人の話に合わせようと必死になり、私の尋問を急いで終わらせようとしていた。そのため私が思い出せないとか、思い違いの答えをしたり、前の証人の証言と違ったことを言ったりすると、ゴドウィン大尉は非常に興奮し、私の襟をつかみ、突き飛ばし、あるいは罰として立たせ、長い間わめき散らした。「巣鴨プリズン行きだ」とも言った。私が当時オーストラリアの兵舎で仕事をしていたのを彼は知っていたので、彼は「もし協力するなら、今のところで仕事を続けることができる」と言った。

日隈  彼は一九四二年マレーのパリットスロンで起きた事件について質問したが、私はその多くに答えられなかった。なぜなら事件は七年以上も前に起きており、ほとんど詳細は忘れている。にもかかわらずゴドウィン大尉は「それはこうだったのではないか。あなたの前に来ただれだれはそう言った。だからあなたはそこにいて、知らないわけがない」と言った。私が記憶になく答えられずにいると、彼は「あなたがすぐ答えないなら、永久に家に帰れないぞ」と脅した。私がはっきり思い出せないと、このようなことを言われ、私は次第に彼が言った通りなのかもしれないと思うようになり、それで「そうだったのかもしれない」とか、「そうだったのだと思う」というような、あいまいな答えをした。それが私 の署名した宣誓供述書です。

また虐殺を引き起こした近衛歩兵第5聯隊の聯隊長であった岩畔豪雄からも嘆願書が出された。それによれば、逃亡したフジタは、ゴドウィンの取調べを受けた後、岩畔の事務所を訪れ、善後策を相談していた。フジタは、西村師団長から殺害命令を受けたことはないこと、命令は今井参謀長のメッセンジャー役だった稲垣から受けたことを岩畔に訴えたという。同席していた岩畔の同期森本軍蔵も、岩畔の嘆願書を裏書する嘆願書を出した。これらが嘘でないとするならば、殺害は西村と仲の悪かったという今井亀治郎参謀長のラインから出たものと考えるのが妥当だろう。今井は岩畔と同期で、近衛師団参謀長の後、第236聯隊長を経て最後は関東軍司令部附であった。頭の鋭い人で、辻政信などともガンガンやりあったらしいが、戦後どうなったのかは分らない。ソ連に連れて行かれたのか?ちなみに236聯隊というのは、支那戦線に関する著作がある佐々木春隆元大尉のいた聯隊なので、彼の著作を読めば、多少はその人となりが分るかもしれないが、残念ながら私が持っているのは今井の前任の亀川大佐時代の『長沙作戦』のみなので、すぐには確認できない。

オーストラリア軍はこれらすべてを無視し、刑を執行した。西村は子供への最後の手紙で、「自分は責任を取る。おまえもそういう番がまわってきたとき、責任を回避してはいけない」という趣旨のことを書いた。彼は、「無実の罪で死ぬことはできない」と訴えていたが、一方で、誰かが処刑されねばならないとすれば、それは自分であるべきだという気持ちも持っていたように思える。西村はあまり家に居ないひとであったが、長男は、彼の車が道路に転がっていた少女のボールをひいてしまい、翌日その少女の家の前に新しいボールを置いてきたこと、ニュース映画で山下将軍が誇らしげに捕虜や鹵獲した兵器を視察しているのを見て「捕虜の前であのような威張った態度をとってはいけない」と怒ったことを覚えている。

辞世は

 責めに生き 責めに死するは 長たらむ 人の途なり 憾みやはする

イアン・ウォード『将軍はなぜ殺されたか 豪州戦犯裁判・西村琢磨中将の悲劇』原書房

初期の戦犯裁判ではよく使われていた「指揮官責任」という幅広い訴因は、この頃(1949年)には国際社会で受け入れられないものになっていた。ハックニーによる特定に失敗したオーストラリア軍は、別の理由を探すべきであった。しかしどうしても西村の首が欲しかった彼らは、其の辺りをあいまいにして西村を起訴した。

新たに戦争犯罪調査官に任命されたジェームス・ゴドウィン大尉は、終戦までの1年半を日本軍の捕虜として過ごした。彼は復讐鬼となり、西村を吊るすことに執念を傾けた。そんな彼に運命の女神が微笑んだ。たまたま見つけ出した一人の近衛歩兵第5聯隊の少尉フジタ・セイザブロウ。1949年9月6日、明治生命ビルにおいて彼を尋問したゴドウィンは、すぐに彼がただの目撃者以上の存在であることに気付いた。彼こそ、パリットスロンの虐殺の実行者であったのだ。尋問は二日にわたって行われた。二日目の終わりにゴドウィンは、供述宣誓書は明日にならなければ出来ないとして、明日もう一度来るように告げて、フジタを帰した。そしてフジタは二度と戻ってこなかった。残された供述書は、7年7ヶ月前の事件を思い出して話しているにしては、あまりにも細部まで語られており、それはハックニーの作成した文書と酷似していた。供述書は、最後に僅か4行だけ、西村が捕虜を視察し、その後副官を通して殺害を命じた様子が語られ、唐突に終わっている。著者は、この供述書が、言葉の選択や構成において、明らかに英語で教育を受けた様子が見受けられ、他の日本人の尋問書とは異質であったとしている。しかしこの文書は、西村の裁判に提出され、精査されることなく有力な証拠となった。

フジタの逃亡という大失策はたいした問題にならず、続いてゴドウィンは、近衛師団司令部の3人の将校を見つけ出し尋問することに成功した。稲垣、園、日隈の3人の供述書は、これまた気味が悪いほど似通っており、それらはまたハックニーの文書とも異常に共通性があった。西村が殺害命令を下すくだりの供述も、3人殆ど同じであった。また園は、焼却命令は参謀長の今井大佐から出たと供述し、日隈は、西村と参謀長の今井大佐の仲が非常に悪く、処刑命令は、西村が今井に相談することなく出したのではないかと述べている。

最後に、西村の命令をフジタに伝えた野中副官が尋問された。彼の供述書も先の3人と殆ど同じであり、西村から、捕虜を銃撃隊により処刑(ショブン)せよという命令が下り、今井が、処刑が終わったら死体を焼くようにという命令を追加したと書かれていた。ゴドウィンは野中の供述を元にした報告書を書いているが、そこには供述書にはない西村の言葉が追加されている。また日隈の尋問後に書かれた報告書には、日隈が森岡参謀から聞いた処刑の様子が描かれているが、その様子は日隈の宣誓供述書には書かれていない、何故ならそれは、ハックニーの書いた虐殺の描写とは違う点が多いからだ。また森岡が、虐殺について今井参謀長に報告する必要があると言ったという重要な一節も抜けている。これらの報告書はその後、ゴドウィンが盗み出し隠匿したため、40年間表に出てくることはなかった。

オートラムからロスネグロス島のロンブルンポイント収容所に送られた西村は困惑していた。彼は、4人が精細に語ったパリットスロンでの自分の行動について殆ど記憶になかったからだ。ただ彼は捕虜を見たことは覚えていた。そして彼らを処分せよと命じたことも。しかしその後何の報告も受けなかった為、香港からマヌス島へ送られる船の中で中山弁護士から聞かされるまで、虐殺が行われたことは知らなかった。「処分」とは第25軍司令部に後送せよという意味であり、自分の命令が誤解される余地はないと、西村は確信していた。だが現実に虐殺は起こった。そこに自分以外の誰かが介在したとしか考えられない。彼には其の人物の想像がついた。しかし自らの罪を晴らすため、部下のしたかもしれない行為を話すというのは、彼にとって非常な苦痛であった。彼は裁判でも「処分(disposal)」とは後送を意味し、断じて処刑せよという意味ではないこと、野中は自分の意思を正確に伝えたであろうということを述べた。そして裁判長から、日隈ら3人が何故嘘の供述をしたと思うかと聞かれ、「考えるところはあるが、言いたくない」と答えた。

続いて西村と一緒に起訴された野中が証言台に立った。宣誓を終えた野中は、ゴドウィンの作った宣誓供述書について攻撃を始めた。

弁護人 そこで師団長は何をしましたか。
野中  師団長はしばらく止まって、私の方を向いて捕虜を処分するよう言いました。
弁護人 ほかの供述書によると、師団長は捕虜を射殺するよう命じたと言っているが、どう思いますか。
野中  他の人がどう言っているか知りませんが、私について言えば、師団長は私に捕虜を処分するように言い、私は捕虜担当の将校に命令を伝えた。
弁護人 あなたの宣誓供述書によると、師団長は捕虜を銃撃隊によって射殺するよう言ったとなっていますが、あなたは今朝、これについて訂正しました。なぜそのような訂正をしたのか説明してもらえますか。
野中  取り調べの時もはっきり言ったのですが、私は師団長から捕虜を処分するよう命令を受け、命令を捕虜担当将校に伝えました。すると調査官は繰り返し、師団長は捕虜の射殺を命じたと言い、何度も示唆しました。私より前に調べを受けた園、日限の宣誓供述書を私に読んで……

ここで傍聴席にいたゴドウィンは退廷させられた。さらに野中は、今井参謀長から捕虜の死体を焼けという命令を受けた記憶はないとし、今井は通常誰かに命令を伝える場合、自分ではなく、稲垣を使ったという重要な証言を行った。

裁判の最後に中山弁護士は、西村が被告席から最後の陳述をすることの許可を求めた。許可された西村は被告席で立ち上がり、

「私が至らないために、このような事件が起きたことを申し訳なく思う。亡くなった方々に哀悼の意を表したい。それだけです」

と述べた。1950年6月22日、オーストラリア戦争犯罪裁判所は、西村に絞首刑、野中に6ヶ月の刑を言い渡した。


続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。