近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
近衛師団及び1~20師団の参謀長一覧です。これで一応歩兵師団の参謀長は終わりです。何かのお役に立てれば。

名前陸士就任備考
近衛師団参謀長
松村務本1896Oct16
大谷喜久蔵旧21897Oct11
牟田敬九郎旧11898Mar3
重見熊雄旧61902May5
藤室松次郎旧81906May14
藤井幸槌旧81909Nov30
内野辰次郎11912Apr12
蟻川五郎作61913Feb24
種子田秀実61915Feb15
大内義一61917Aug6
太田黒竜亮61918July24
竹内栄喜91920Aug10
寺内寿一111922Jan10
細木 研121924Feb4
猪狩亮介121926Mar2
青木政喜141927July26
周山満蔵161930Aug1
柴 平四郎171932Dec7
沢田 茂181934Mar5
岡田 実201935Mar15
小林浅三郎241936Aug1
麦倉俊三郎241937Nov1
西大条 胖271939Mar9
今井亀次郎301941May29
小畑信良301942Feb18
大平秀雄331943Mar18
近衛第2師団参謀長
大平秀雄331943June1
岡田重美341944Apr1
第1師団参謀長
大島義昌1888May14
寺内正毅1891June15
大寺安純1892Sep8
武田秀山1895Dec31
伊地知秀清旧11898Mar3
神尾光臣1900Apr25
星野金吾旧51901Feb9
橋本勝太郎旧81907Nov13
浄法寺五郎旧91910Nov30
新免行太郎旧111912Apr26
早川新太郎31914May11
宮地久寿馬51917Aug6
安芸 晋71918Dec17
吉井幸太91921Feb21
佐藤子之助111922Aug15
原田敬一121923Feb1
小杉武司131924Dec15
大塚堅之助141928Mar8
磯谷廉介161930Mar6
吉住良輔171931Aug1
荻州立兵171932Apr10
広野太吉181933Oct16
舞 伝男191935Mar15
豊島房太郎221936Mar7
片桐 茂251937Nov1
渡辺 洋271939Aug1
三宮満治281940Sep9
池田功一321942July30
岡林諄吉371944Dec5
第2師団参謀長
高島信茂1888May14
大寺安純1889Sep2
沖原光孚 1891June13
大久保春野1892Nov24
大久保利貞1894Nov29
岡崎生三1898Aug26
谷田文衛1901Feb18
石橋健蔵旧31902Mar5
阿部貞次郎旧51905Feb5
市川堅太郎11908Dec21
野沢悌吾21912Nov30
菱刈 隆51916Apr1
佐藤 信81918July24
木下文次81919July25
河田四十一91922Sep26
星楚文一郎111923Aug6
黒板静一131924Dec14
小野幸吉151928Aug10
上野良烝171931Aug1
常岡寛治181934Mar5
中尾忠彦201935Mar15
島本正一211936Mar28
高橋多賀二221937Aug2
原田次郎271938July15
小川壱郎281940Dec2
大木良枝291941Mar1
玉置温和291942July18
木下武夫331943Aug2
第3師団参謀長
坂元純煕1888May14
立見尚文1889Mar12
井上 光1889Sep11
木越安綱旧11894July31
仙波太郎旧21897Oct11
島村干雄1899Aug15
山田忠三郎旧91904Aug17
山梨半造旧81905July18
西川虎次郎旧111907Jan12
尾藤知勝21913Mar4
神頭勝弥21916Mar10
高橋於忠丸51917May6
奥村拓治71918July24
篠田次助101921July20
秦 真次121923Aug6
工藤豪吉121923Nov7
倉岡直熊131927Jan19
谷 寿夫151928Aug10
山田健三151929Aug1
犬塚 博161931Mar11
佐藤正三郎191932Oct26
樋口季一郎211935Aug1
田尻利雄231937Mar1
斎藤正鋭241938July15
遠藤新一281939Mar9
樋口敬七郎271939Nov21
山本清衛281941Feb5
村岡 弘341943Jan8
福山寛邦321943Aug25
有馬純雄301944Dec20
第4師団参謀長
山根信成1888May14
大迫尚敏1890Oct1
大寺安純1891June13
比志島義輝1892Sep8
真鍋 斌1892Nov22
原口兼済1894Aug11
大谷喜久蔵旧21896Sep25
高木作蔵1897May23
村田 淳旧21897Oct11
大迫尚道旧21899Apr17
立花小一郎旧61901June28
斎藤太郎1902Feb15
藤本太郎1903Feb16
野口坤之 旧61904Feb10
志波今朝一旧81904Sep8
高山公通旧111908Sep12
志岐守活31912Jan19
東郷辰二郎21913Apr16
東 乙彦41914Aug8
井上一次51917Aug6
伊丹松雄71918July24
高洲一万太郎71918Sep17
円藤作蔵91920Dec1
多門二郎111922Aug15
小倉可夫121924Feb4
三宅光治131926Mar2
渋谷伊之彦141927July26
依田四郎151929Aug1
後宮 淳171931Aug1
井関隆昌181932Feb6
田中静壹191934Aug1
飯田祥二郎201935Aug1
岡田 資231937Mar1
田中 勤251938July15
角 健之321939Aug1
吉田茂登彦301940Mar9
村岡 弘341943Aug25
小栗軍二351943Sep23
稲井正彦331945Mar5
第5師団参謀長
塩屋方圀1888May14
福原豊功1892Feb6
上田有沢1894June6
大迫尚道旧21896Oct14
小泉正保旧11898Dec23
石橋健蔵旧31900Apr25
永田 亀旧21901Apr8
仁田原重行旧61902May5
野島忠孝旧81905Apr9
古海厳潮旧91907July30
新免行太郎旧111908Nov30
石坂善次郎11912Apr26
吉江石之助21915Apr21
西原為五郎51917Aug6
二子石官太郎71918Sep9
山本鶴一91922Aug15
深見新之助121923Aug6
松井栄雄131926Mar2
松田巻平151928Aug10
安藤利吉161930Mar6
岩松義雄171931Mar11
安岡正臣181932Jan9
三浦敏事191935Mar15
西村利温221936Mar7
桜田 武251937Nov1
玉置温和291939Aug1
渡辺粂一311940Aug1
河越重定311941July7
川本芳太郎311942Apr1
馬淵逸雄301942Dec4
浜島厳郎331945Feb1commit suicide
清水 隆321945Sep7
第6師団参謀長
川村景明1888May14
坂元純煕1889Sep11
福原豊功1894June6
松村務本1894Aug30
佐々木 直1896Sep29
塚本勝嘉1897Apr24
山根武亮旧11897Sep28
一戸兵衛1898Oct1
山本信行1901May23
児島八二郎旧51903Mar21
栗田直八郎旧81905Aug8
藤井幸槌旧81906July11
佐藤兼毅旧81907Dec13
藤津準一21913Aug22
市瀬敬三郎31916Aug18
細野辰雄51917Aug6
安原滝蔵81918July24
新井亀太郎81921July20
友森繁治郎111922Aug15
大泉製之助121923Dec21
黒田周一141927July26
谷藤長英161929Aug1
佐々木吉良171932Aug8
秦 雅尚191933Dec20
間崎信夫201935Mar15
横山 勇211936Mar28
下野一霍231937Mar1
重田徳松241938Mar1
石川浩三郎271939Mar9
山之内二郎321941Oct15
江島義行351943Apr11


続きはMoreをクリック
スポンサーサイト
まず断っておきます。私は今年は(も)あまり試合を見れてません。その上で書きます。
結論は、「土台得失点差がマイナスのチームが優勝なんかするはずねーよ」っちゅうことなんだろうけど、何故そうなったかといえば、まず攻撃陣。もともとホームランを打ちまくるチームではない。かと言って機動力を使うチームでもない。監督からして走塁への意識が希薄(そうでなければあの三塁コーチが更迭されない理由が無い)。そんなチームが、ここまで低打率にあえげば、そりゃ点は取れないでしょう。それにしても今岡がこうなってしまうかもという危惧は持ってたけど、濱中は老け込むにはまだ早いだろう。返す返すもあの怪我が悔やまれる。福本さんが口を酸っぱくして「手から戻るな」と仰ってたのに。

投手陣では、リリーバーは文句無しでしょう。最近JFKが打たれて負けるケースが増えているが、そもそも登板過多なんだから、しょうがない。例の横浜戦の勘違い(セーブが付くと)をはじめ、いらんところで使いすぎ。首脳陣は堪え性が無さ杉。江草その他をもっと信頼して欲しい。逆に先発陣はひどいですな。しかしこれにしても、堪え性のない継投の悪影響は少なからずあると思う。もう1イニングいけるんちゃう?と思った試合が結構ある。若い投手はこれでは成長しないでしょう。勿論そこで続投させて打たれてた可能性もあるが。

久保コーチが、四球の多さを挙げてたので、前から気になってたことをちょっと調べてみた。
捕手別の与四球率(死球は除く)
矢野 315個/858回 1試合あたり3.3個
野口 80個/228回 1試合あたり3.16個
狩野 61個/172回 1試合あたり3.19個
この数字は私が、このページで1試合1試合クリックして、エクセルに記録していったものなので、その正確性については一切、全く、断じて保証しない。その上で見てください。
矢野の数字が他のチームの正捕手と比較して高いかどうかは不明。ただ9月にはいってからは、矢野の与四球率は3.79となっており、特に10連勝以降では4.33まではね上がっている。
私的には、矢野捕手のリードは、ボール球をうまく使った勝てるリードだと思っています。その反面、球数が多く投手を消耗させるリードではないかとも思っています。今回の調査結果は、必ずしも私の推論を補強するものでは無かったですが、次代正捕手選びが、待ったなしの状況であることに変わりはないでしょう。またよそから連れてきますか?

それにしても、この前の10連勝を見ながら、こりゃ第三帝国でいうところの「ラインの守り」作戦じゃねえか?終末点を迎えるとヤバイんじゃないかな?なんて冗談半分に考えてたんですが。。。。。。ルントシュテット攻勢ならぬドントシュテット攻勢もここまで。パイパー戦闘団ならぬ桜井戦闘団も撤退といったところでしょうか。



ブライアン・セッツァー・オーケストラの新譜。ウルフギャングというところからもわかる通り、クラシックの名曲をアレンジしたもの。

1.Take The 5th
  ベートーヴェン/「交響曲第5番 運命」  
2.One More Night With You
  グリーグ/「ペールギュント 第1組曲 山の魔王の宮殿にて」
3.Wolfgang's Big Night Out
  モーツァルト/「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
4.Honey Man
  リムスキー=コルサコフ/「熊蜂の飛行」
5.Yes We Can Can
  オッフェンバック/「天国と地獄」より“カンカン”
6.Swingin' Willie
  ロッシーニ/歌劇「ウィリアム・テル」序曲
7.Sabre Dance
  ハチャトゥリアン/「剣の舞」
8.For Lisa
  ベートーヴェン/「エリーゼのために」
9.Here Comes The Broad
  ワーグナー「ローエングリン」&メンデルスゾーン「結婚行進曲」
10.1812 Overdrive
  チャイコフスキー/序曲「1812年」
11.Some River In Europe
  J.シュトラウスⅡ/「美しく青きドナウに」
12.Take A Break Guys
  「世の人忘るな」

Track2と4以外はインストです(ブライアン・セッツァーが歌ってんのはFMで流れてる2だけ)。この辺が引っかかるという人もいるでしょうから、念のため。
センセ、運動会にどうでしか?


ついでに。本題とは関係ないけど、火狐&Winampユーザなんで、Foxy Tuneというアドオンを使い始めた。これ結構便利っすよ。
http://d.hatena.ne.jp/hmiyaza1/20070430/1177905009
第101~最後まで。参謀長が空席の師団はスキップした。

名前陸士就任備考
第101師団参謀長
西山福太郎241937Sep3
国武三千雄271938Mar1
第102師団参謀長
和田 俐321944June21
第103師団参謀長
新藤多喜男321944June21
岡本孝行301944Dec30
第104師団参謀長
片岡 薫271938July3
塘 真策261939Apr6
佐久間亮三271939Aug1
内野宇一321940Nov13
日笠 賢351942Apr24
斎藤二郎341943Mar18
鈴木勇雄361944Aug22
第105師団参謀長
原田義尚301944June21
島田永男321944Nov7commit suicide
中沢勝三郎391945June30
第106師団参謀長
秋山義隆241938May15
稲村豊二郎261938Dec10
第107師団参謀長
久保宗治311944May12
河瀬繁太311944Oct2
第108師団参謀長
鈴木敏行231937Sep1
高野直満241937Oct22
矢崎勘十281938Nov18
第108師団参謀長
小堀 晃321944July14
第109師団参謀長
倉重周蔵221937Aug24
第109師団参謀長
堀 静一291944May27
高石 正301944Dec30
第110師団参謀長
岩永 旺241938July1
中村三郎301940Dec2
末永光夫301943June10
山本三四郎331945Feb25
第111師団参謀長
芝田経一321944July14
第112師団参謀長
安木亀二321944July14commit suicide
第114師団参謀長
磯田三郎251937Oct22
第114師団参謀長
高津康雄311944July14
第115師団参謀長
村中嘉次郎331944July14
第116師団参謀長
三島義一郎281938Mar15
山田卓爾291939Mar9
大須賀 応271940Aug1
立園栄造301943Dec3
第117師団参謀長
江口浩平331944July17
八木 東351945June4
第118師団参謀長
山口武三郎331944July17
第119師団参謀長
岡部狷介341944Oct14
第120師団参謀長
三原七郎351944Nov27
中西満洲次郎381945July26
第121師団参謀長
梅木留助331945Jan25
第122師団参謀長
岩元議秀341945Jan25
第123師団参謀長
土田 穣341945Jan25
第124師団参謀長
岩崎豊晴341945Jan25
第125師団参謀長
藤田実彦331945Jan25
第126師団参謀長
田中正司341945Jan25
第127師団参謀長
広瀬 清301945Jan25
第128師団参謀長
石橋忠雄331945Jan25
第129師団参謀長
石原恕之允371945Apr15
第130師団参謀長
吉村芳次301945Apr15


続きはMoreをクリック
某フォーラムでシコシコうpしてた師団参謀長一覧です。割かし貴重なデータと思うので、日本語にコンバートしました。本来ならホームページの方に上げるべきものですが、少し思うところあって、こっちに投稿します。近衛師団及び1~20の師団は、明治大正期のリストが未完のため後回しです。ちなみに師団長一覧はこちらにあります。
長いので、追記の方に分けました。名前の後ろの数字は陸士の期を表しています。訂正の指摘歓迎。

名前陸士就任備考
第21師団参謀長
千葉熊治291938July15
村田定雄311940Mar9
小川泰三郎301941Oct15
宍戸清次郎351945Jan12
第22師団参謀長
馬場英夫241938July15
山脇正男281940Mar9
宮本清一291943Jan18
堀田吉明341944Dec11
第23師団参謀長
大内 孜261938Jul7
岡本徳三251939Jul6
木村松次郎271939Sep11
川俣雄人281940Aug1
松田 巌281941Oct15
高津利光321942Aug1
山津善九郎361943Oct15
古川 浩331944Mar1KIA
高津利光321944Nov28
第24師団参謀長
青津喜久太郎311939Oct2
土屋治男311940Oct10
吉武秀人271941Apr28
白崎嘉明341942Feb9
木谷美雄341944May16
第25師団参謀長
小原重孝321940Aug1
白木末成341942Mar2
第26師団参謀長
長 勇281939Mar9
黒田 茂301940Aug1
萩 三郎291942Mar11
加藤芳寿341943Sep11KIA
第27師団参謀長
原田義和281938July20
太田公秀321939Aug1
関根久太郎291940Oct23
一色正雄311944Aug3
第28師団参謀長
福地春男321941Oct31
一瀬 寿321945Feb1
第29師団参謀長
岡部英一311941Apr1KIA
第30師団参謀長
山津善九郎361943June10
第31師団参謀長
加藤国治341943Mar25
長久竹郎281944Nov7
大矢部省三341945Aug5
第32師団参謀長
当山弘道281939Mar9
浜田寿栄雄311940Dec2
吉田栄治郎301942Feb9KIA
星野一夫331944Aug30
第33師団参謀長
外立岩治261939Mar9
小堀金城271939Aug1
村田孝生271940Dec2
田中鉄次郎341943June10
倉橋武雄371944Sep9
第34師団参謀長
佐武勝司291939Mar9
桜井徳太郎301940Sep28
志村文雄311941July1
石川治水331942July9
迫田 穣341944Aug25
第35師団参謀長
白瀧理四郎271939Mar25
山本笹樹281941Oct15
小林公雄341942Dec1
第36師団参謀長
田辺助友261939Mar25
今田新太郎301941Mar1
二宮義雄331945Apr7
今田新太郎301945May24
第37師団参謀長
井桁敬治271939Mar1
浜田 弘321941Mar1
近藤新八281942Mar11
志浦健吉361943Oct23
恒吉繁治321944Feb10
第38師団参謀長
谷田 勇271939Oct6
阿部芳光321940Dec2
田中良三郎291943Mar23
第39師団参謀長
専田盛寿301939Oct2
平瀬亨彦331940Oct5
山崎正男331941July11
浅見喜久雄291942Dec1
佐治直影301944May16
草野二郎331944July27
三品隆似361945May5
第40師団参謀長
寺倉小四郎321939Oct2
久保満雄321940Aug1
佐方繁木321942Aug1
山本吉郎291944Nov15


41~はMoreをクリック
秦郁彦『第二次世界大戦 鋼鉄(はがね)の激突』中公文庫

六つの決定的戦闘(バトルオブブリテン、モスクワ、エル・アラメイン、スターリングラード、ノルマンディ、アルデンヌ)と七つのエピソードからなる章立て。
特に第十二章の各国エースリストは秦先生らしい仕事。試みにうpしようかと思ったが、Wikiのエース・パイロットの項目に大部分が載ってるので自重する。
マルセイユには態々一章割いており、先生お気に入りの模様。僕個人としてはガランド・サーカスに興味がある。やはりスコアでいうと、ルフトヴァッフェのエースたちが群を抜いてますね。

日本のトップエースは西澤広義か岩本徹三か。最近では岩本中尉というのが定説なんですかね。陸軍航空のトップは篠原弘道准尉。この人はノモンハンにおいて戦死するまでの2ヶ月余で58機という驚異的な数字を残している(1日に11機と8機を1回ずつ、6機を2回という”固め打ち”を記録)。この数字は結局後の世界大戦でも抜くものが現れなかった。もっとも76機撃墜の上坊良太郎こそ真の陸軍トップエースであるという話もあるらしい。有名な黒江保彦少佐は30機(Wikiでは50機となってる)で、この数字は、陸士or海兵出の正規将校としてはトップでは?



後任は福田さんが有力ということで、保守だか何だか知らんが発狂気味でおもろいでんな。
(無自覚に)ダブルスタンダードを駆使し、自分に都合のよい情報ばかり信じ、
実証よりこうであって欲しいという希望的観測を優先し、
自分と意見を違える人間にレッテルを貼って罵倒。
自分らがこれまでさんざんぱら、プロ市民だ何だと嘲弄してきた左翼と、
全く同じことやってるんだから、こういう帰結もまた当然だろうに。
つくづくウヨクとサヨクは頭の構造が同じだねえ。
安倍さんは政治家の中ではかなり好きな部類なんですが、
如何せん応援団が超絶にアホ過ぎ。
安倍さんもまさか、自分が”再チャレンジ”することになるとは思って無かったでしょうが、良いじゃないですか。
是非もう一回り大きくなって帰ってきて欲しいです。
2日前になりますが、仕事が速く終わったので、梅田のシネリーブルで見てきました。しかしあそこ滅茶苦茶入ってますね。7時半の回を見ようと5分前くらいに行ったら、平日なのに満席。週の真ん中水曜日!どころかまだ火曜なのに、思わず「それじゃレイトショーで」と言っちゃいました。
エヴァじゃなくてヱヴァンゲリオンなんですね。今更エヴァも無いだろうとい思ってましたが、あんまり評判が良いのでつい。浅ーいオタの僕としてはかなり満足の内容でした。つうかかなり中毒性がありますね、これ。もっかい見に行きたいかも。このクオリティが後2作だか3作だか続いたとしたら、凄いと思いますが、さすがにそれは難しいかな。シンゾウ君は逃げ出しちゃいましたけど、シンジ君はどうなるかな。
HAG社のバランスチェア「5064バランススタディ」が到着しました。
早速組み立てて使ってます。組み立て時間1分。
  

バランスチェアを買うのは実はこれが2回目です。高校時代にリボ社のバランスチェアを買ってもらって愛用していたんですが、壊れてしまい、引越し時に捨ててしまいました。あれは良いものでした。今から考えりゃずいぶんもったいない使い方をしたもんだと思います。
で、今回買ったHAG社のチェアですが、座席、膝置きともに角度が固定されています。調節できるのは座席の高さだけです。やはり安いだけのことはある。今、かなり後悔中です。バランスチェアを初めて購入しようと考えておられる方には、絶対にお薦めしません。この椅子ではバランスチェアのすばらしさは実感できないと思います。高いですが、だまされたと思って、もう2万足してリボ社のやつを買ってください。以上。

とりあえず僕は、買ってしまったので、一番楽な姿勢をさがして、これから高さを調節します。


瀬島龍三中佐経歴
http://imperialarmy.hp.infoseek.co.jp/general/colonel04/sejima.html
昭7・7 陸士卒(44期)
7・10 任歩兵少尉・歩兵第35聯隊附
9・10 任歩兵中尉
10・1 歩兵学校通信学生
10・12 第9師団通信隊附
11・8 陸士予科生徒隊附
11・12 陸大入
12・11 任歩兵大尉
13・12 陸大卒(51期恩賜)
14・1 第4師団参謀
14・5 第5軍参謀
14・11・22 参本部員
14・12・27 兼大本営参謀
16・10 任少佐
19・8 兼軍令部員
20・2 兼聨合艦隊参謀
20・3・1 任中佐
20・7・1 関東軍参謀
31・8 シベリアより復員

こういうブログやってるんで一応取り上げます。が、僕はあんまり興味無いんですよ。保阪氏なんか熱心に追いかけておられますけど。陸大首席ったって毎年1人は出るわけですし、大本営参謀もたくさんいます。連合艦隊参謀を兼任した例だって島村矩康大佐など何人もいますし。戦後の活躍と長命が利いてるんでしょうかね。ちなみに、陸大は首席でしたが、陸士は2番でした。彼を抑えたのは騎兵科の原四郎中佐でした。原中佐は陸大は瀬島中佐の一期後で、やはり首席です。
妻は二・二六事件の松尾伝蔵大佐の娘で、松尾新一中佐は義兄だか義弟になります。この松尾ー岡田(啓介)ルートも、瀬島氏を大物化する要因の一つではないかと思います。
戦後、草場辰巳中将、松村知勝少将とともに、東京裁判の証人としてソ連から一時東京に連行されましたが、このとき草場中将は、ソ連側の隙をついて服毒自殺を遂げています。草場中将の自殺は、大陸鉄道司令官として、多くの在満邦人が殺されたことの責任を感じてのことと言われています。瀬島中佐は証言を終えると、ソ連に連れ戻され、他の高級将校と同じく昭和31年まで抑留されました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。