近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
今月は最後まで酷い月だった。不注意にひいた夏風邪をこじらせ、気管支炎になってしまった。夜になると激しく咳が出て、寝ることすらままならない。喘息の人のつらさがちょっとわかったな。

トム・クルーズがシュタウフェンベルクを演じる「Valkyrie」という映画が現在撮影されている。この前、そのトム・クルーズのドイツ国内での撮影を認めるかどうかで一悶着あったようだが、結局どうなったんだろう。しかし彼がカルト信者かどうかは置いておいても、アメリカ人がドイツ国防軍将校をやるというのは、日本人から見ても変な気分がする。
ところでベックやヴィッツレーベンやスパイデルやカナリスは誰が演じるんだろう?ちょっと検索してみたけどよくわからん。出てこないということは無いだろうね?ちなみにトレスコウはケネス・ブラナーがやるらしい。

val1_910.jpg


8月1日追記
フェルギーベル大将はEddie Izzardという人がやるらしい。
シュタウフェンベルクはパニくったフロムに銃殺されるわけだけど、それは幸運なことだったのかも知れないね。裁判にかけられたヴィッツレーベンたちは、ピアノ線で吊り上げるという滅茶苦茶残忍なやり方で処刑されたのだから。



もう一つ映画について。迂遠なことに、今日はじめて知ったのだけども、岡田資中将を主人公にした映画が撮られているとのことだ。「明日への遺言」というタイトルで、藤田まことが岡田将軍を演じる。岡田将軍といえば、罪を一身に背負って”法戦”を戦い、巣鴨で一番立派な人物だと笹川良一に言わしめた人であり、一方熱心な法華信者で、処刑される直前まで、勧誘活動に精を出していたという。遺著の『毒箭』を読んでも相当強烈な人物である。T條とかは全然思い入れが無いので、どうでも良かったが、岡田将軍は好きな将軍の一人なので、嬉しさよりも不安が先に立ちます。




スポンサーサイト
昨日は宴会だった。僕は酒に弱い。劇的に弱い。福島安正も弱かったと紹介したが、僕もまったく引けをとらない。吐くたびにタイムリープする能力でもあれば、いくらでも飲むんだけどなw
というわけで1週間連続更新の野望は昨日で絶たれてしまった。
さて、買い物ウィークのとりをかざるのがDSLite。

ささやかながら茄子が出たので。8月からは電車通勤の時間も延びそうなのでね。液晶も欲しいし、ビデオカードも欲しいんだけど。まあきりが無いね。
今月は呪われてる。通勤中に手提げカバンの紐が切れた。水筒に折り畳みの傘、これだけでもちょっと重いなと思えるところに、『鈴木貫太郎自伝』。間違いなくコヤツのせいだな。貫太郎めヽ(`Д´)ノ
しょうがない。明日からはまた重たいPCのキャリングバッグに戻すか。
ところで貫太郎自伝に、”佐藤は片目だが我輩は両目だ”みたいな言葉が出てくるが、サトテツ(NOT 佐藤哲三 BUT 佐藤鐡太郎)は片目だったのだろうか?
ついでに、今月の文藝春秋は、(先月の陸軍に続き)海軍特集だったが、やはり先月同様ちっとも面白くなかった。それより中央公論の三笠宮殿下のインタビュー?の方が心引かれた。終戦前の阿南陸相の話も興味深いが、個人的に一番興味があるのは、東條英機暗殺計画。今度出る本は貞明皇太后についての本らしいので、その辺に触れられることは無いでしょうけどね。


今月は本当に物入りな月。殆どは自業自得?なんだけど、これだけは僕は悪くない。炊飯器が壊れた。尤も20年ぐらい前の三洋のジャーだから、もう十分買い替え時ではあった。何にしようかなといろいろ調べ、一応”ZOJIRUSHI IH炊飯ジャー極め炊き NP-HB10-XA”に決定して、アマゾンのwishlistにも入れておいて、帰宅。メールを見るとヨドバシの数量限定セールのメールが入っていた。
”マイコン炊飯器(5.5合炊き) KS-F105-W(ホワイト)が3980円”
もうなんつうか、これでいいかと注文してしまった。まあそんなに拘る気持ちも無いしね。ただIHで炊くご飯がどういうものかというのには少し興味があったけど。


ついでに
昨日入れたNOD32はやはり軽い。インストールからして異常に早かった。メールチェックとかホントにしてんのか疑わしく思えるほど早い。たださすがにブロードバンドスピードテストだけは早くならなかった。まあAntiVirusからAntiVirusへの乗り換えだから当たり前だけどね。
我が家のメインPCのセキュリティソフトNorton AntiVirus2006の期限が切れた。親が使っているサブPCは無料のAVGを入れているが、メインの方はなんとなくそれだと心許ない気がして、何を入れようかなと物色していたところ、Norton Internet Security2007が妙に安い値段で売られてるのを知った。NISには悪夢のような思い出しかないのだが、NAVより安い価格で売られているのを見ると、そこは貧乏根性が発動し、買わないと損のような気になる。しかしここは一歩引いて、まず体験版を入れることにした。PCのスペック自体は昔よりアップしており、重くて動けないというほどのことはないけど、やっぱりだめだわ。僕は体質的にNISが合わない。FWを手動にしてると、ひっきりなしに何だかんだと聞いてくるし、断続的にHDをゴリゴリやってるし。なんかウィルスよりコイツにPC壊されそうな気すらしてくる。というわけで、早々にリムーヴァルツールで削除した。
とりあえず現在、軽いと評判のNOD32の体験版を入れてみた。暫く使ってみて良さそうなら購入する。丁度来週から3200円に値下げするそうだし。

録画したのを改めて見ながら書いてます。
遂にゴリさんも伊庭三尉も殉職とあいなりましたなあ。平蔵はレゴラスと化してるし。
冷静になってみると、相当無理のあるシナリオに思えるのですが、何となく許せてしまうのは、これまでの積み重ねのお陰でせうか。ああ、それにしてもこの番組見てると、真田主人公の大河が見たくなる。昔やったらしいけど、もう一回やってもいいんでないの?
しかし晴信様は今後ずっとあんなしゃべり方なんでしょうか?さすがに少々疲れるんですが。
早いものでもう7月も半ばですね。僕は今月何にも良いことが無い。当然金も無い。ので、台風を口実にこの休みは引篭もってます。んでまあ、しこしこと蔵書をデータベース化しておりました。
とにかく最近記憶力がマジにヤバイ。人の名前とか出てこない。本にしてもそう。エピソードそのものは薄っすらと覚えていても、それが何に載ってたか思い出せません。既に持っている本をもう一度買うというチホウ症みたいな真似をやらかす日もそう遠くはない、との危機感から一念発起して、下記のサイトを作った訳です。
http://www.rikugun.org/lib/main.php
名前はまだ無いですが、一応右のリンクのところにも入り口を置いておきます。
現時点で手元にある陸軍絡みの本は殆ど登録終わりました。それ以外にジャンルも追々のっけていきますけど。しかし改めてみると結構買ってます。小遣いも本棚のスペースも無くなるはずです。一番多いのは芙蓉書房で60冊超えてますね(芙蓉で検索)。それから光人社と原書房が続くという典型的な軍オタの棚です。芙蓉書房さんには”何かおくれ”と言いたいところですが、よく考えたら殆どが古書ですわ。頑張ってほしい出版社ですが、全然貢献できてないですね、申し訳ない。
でもWAMP(LAMPでも良いけど)は覚えたらホントに便利。新規登録フォームや各アイテムに対するコメント入力欄も設けておりますので、使ってみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。