近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
著者の有馬頼義は斎藤内府の縁者であったことから、二・二六事件を「強盗、強姦のたぐい」と怒りに任せて評したことがある。これに仏心会の河野司氏が反応して論争となった。この本は、河野氏への反論代わりに週刊新潮で連載されたもの。私は別に河野氏の論理に全面的に賛同はしないけど、この件に関しての有馬氏の書くことは粗雑に過ぎる。ちなみにこの連載を受けて、仏心会側では、再反論するかどうかのアドバイスを三島由紀夫と五味川純平に求めたところ、両氏とも無視したら良いとの返事であったそうだ。それでも一応、末松太平元大尉が代表として反論文を書いて、新潮社に持ち込んでいる。

さてこの本で唯一資料的に面白いのものは、真崎追い落としを画策したと称する某将軍の手記とやらの摘要である。長くなるが以下引用。

昭和八年夏の定期異動で私は独立混成第一四旅団長から大阪歩兵第七旅団長に転任を命じられ、部下の将兵を山海関に残し内地へ戻った。私は台湾軍参謀時代以後、渡辺大将の知遇を受け、胸襟をひらいて様々な教えを受けていたが、二・二六事件に関係し、お互いの運命を左右する結果になるとは想像もしていなかった。

昭和九年正月私は冬期休暇で牛込の自宅に帰省したが、そのとき、歩兵大尉香田清貞と栗原安秀の訪問を受けた。両人とも私の歩兵第一連隊長時代の部下で、当時香田は連隊旗手で常に私の側近にあり、栗原は、見習士官として士官学校から帰隊していた。栗原は士官として優秀であったが、士官学校卒業前、彼は稀にみる美男子で女性問題を起し卒業が危くなったことがある。幸いに士官学校生徒隊長が私の同期生であったので、私は栗原のために弁明し、彼を無事に卒業させることが出来た。その事件がなければ、栗原は恩賜の仲間にはいったかも知れない。この二人が六、七年の間に香田は大尉に、栗原は中尉として機関銃隊付に成長して突然私の前に姿を現わしたのであった。しかし彼等はその思想も著しく進歩し複雑特異の境地に立っているのを知って更に驚いた。彼等は世界の情勢をのべ、我国の政党や政府要人の不真面目で無気力なことを指摘し、日本の将来のため、彼等が満州駐屯前にクーデターを決行し、昭和維新招来の犠牲になる覚悟であることを熱心に説き、私に、その幹部の一人になることを要望したのである。しかしこれは一生の一大事で、秘中の秘であるから、返事を保留し、彼等が持ってきた『日本改造案原理大綱』を検討してみたが、これは明らかに暴力革命の一種であり、私には直ちに賛成は出来なかった。そして、私は、彼等と正反対の立場に立つ決心をした。それで二人の二度目の来訪の析、極力思いとどまるように説得しようとしたが、二人とも意志をかえなかった。要するに彼等の保持する思想は、荒木、真崎両将軍の強調する皇道主義を基調とし、それに北一輝の革命的思想や井上日召の宗教的思想が一体となったもので、一種の神がかりであった。

真崎将軍は教育総監の現職にあり、その実力は高く評価され、彼等の信望を集めていることがわかった。そこで、彼等の行動を阻止する策は、真崎将軍を教育総監の位置から後退させなければならないと考えた。私は渡辺将軍に相談した。丁度その年末に賀陽宮殿下が宇品運輪部視察の帰途、大阪の東久邇宮殿下御訪問のため立ち寄られた機会があり、私は賀陽宮殿下に香田、栗原の名前は出さなかったが青年将校の間に不穏な空気があることを言上し、閑院参謀総長宮殿下に私の具申を、おとりつぎ願ったのである。そのことがあってから約一週間後、私は突然賀陽宮殿下からの書簡を受けた。内容は、小田原に御避寒中の閑院宮殿下に面接、貴殿の意見を申し上げたが、殿下には、何分老齢故、約束は出来ないが努力しよう、と御返事になったということであった。私は感激したが、昭和十年春の陸軍異動で、退職させられてしまった。この退職と、私のしたこととの間に関係があったかどうか、その時はわからなかった。するとその年の七月になって真崎大将は勇退され、同年八月には永田軍務局長が相沢中佐に殺され、その軍事裁判が翌十一年二月二十五日に行われ、真崎大将が証人として法廷に立った。更に翌二十六日未明には、二・二六事件が勃発し、渡辺大将はその兇刃に倒れてしまった。私の蒔いた、打倒真崎の種は、妙なかたちで芽を出し、思わぬところで花が咲き、少しは自分がお役に立ったのだ、と私はそのとき思った。(中略)

気の弱い陸軍大臣が、屈指の論客である、人一倍向う気の強い、荒木、真崎両将軍を向うヘまわしよくも堂々と渡り合い、最後まで強硬の態度をかえなかったのは、全く意外の感にうたれる。立野信之氏によれば、後援者として著名な顕官要人の名を列挙しているが、私は、同期生であり多年の盟友であった渡辺大将の力強いバックがあったからだと思っている。渡辺大将が私に、死を賭して陸軍のために最善の努力を傾けると明言された決意から、その裏を想像すると、閑院宮殿下が真崎大将の物々しい抗議に対し、静かに、それは軍の総意であるとして総監辞任を要望されたお言葉を吟味すると、私かかつて賀陽宮殿下を通じて参謀総長の宮殿下に意見を具申した内容と酷似していて、特に軍の総意という文句は、偶然かもしれないが、そのままそこで流用されていたので、私は心を打たれた。私の投じた一石は、必ずしも水泡に帰したのではないと感じられ、すくなからず責任を自覚した。これが想像でない理由は、私が宮様に言上したことは極秘の筈であったが、そのことがいつの間にか真崎教育総監の耳にはいり、教育総監部の某将軍は、真崎大将が激怒し『△△(この稿の筆者)はけしからん奴だ。若い宮殿下をそそのかして私を退職させようとした獅子身中の虫である。直ちにくびだ』と云ったそうである。次いで宇垣大将組閣の頃、最後まで孤軍奮闘された林弥三郎(※)中将から私は『君の退職の理由は聞いた。同情に堪えない』という話があった。私の真崎打倒の運動は数週の後には、関係者の間で知らない者がなくなったのである。しかし私は私の上司排撃の行為は、何と云っても軍紀上その罪は軽くない。私の退職は、当然であったと思う。

二・二六事件の朝、私は背広で、連絡に機関銃を据えている反乱軍の中を通過し、品川の北白川宮邸に伺候し、大妃殿下に拝謁御見舞を申しあげると共に、反乱軍の思想背景を御説明申し上げげ、若宮殿下の御行動には、この事件に関しては決してふるることなく一意軍務に御精励あらんことを祈願した。真崎、荒木等皇道派の巨頭も、この事件に責任ありと述べると、傍らの石川中将(※2)は極力その関係は皆無であると、私の意見の反駁に出たが、私は私の意見をまげなかった。大妃殿下は私の話を聴取されると、直ちに陛下の御見舞に参上された。これと前後して、鈴木侍従長夫人も参上されたようであった。夫人は、大将が襲撃を受けた現場の目撃者である。このお二人の言上された内容は勿論想 像を許さないが、青年将校たちを同情すべき蹶起部隊であるとは奏上されなかったことは確かである。

私は真崎将軍教育総監退職が、彼等青年将校達の不穏行動を阻止する最大の要素だと考え蔭ながら懸命に努力したつもりであったが、結果は逆効果になり、彼等の行動に火をつけた意外な結果になった。大地の覆える時、一木のよくささえ得るの難きことを痛感した。当時を回想すると、悪夢のような心地がする。


本書では敢えて名前は伏せてあるが、この将軍は15期の服部兵次郎少将。満洲事変では旅団長として名を馳せた人だが、必ずしも一介の武弁ではなかったようで、このような政治的立ち回りを見せていたとしてもおかしくは無い。彼には支那の軍閥がらみで何か逸話があったと思うが、思い出せない。また捜しときます。

さて手記の内容は、有馬氏も書いている通り、やや我田引水のきらいが強いが、これはしょうがない。勿論彼一人が真崎教育総監罷免の立役者ではないが、こういう動きが当時あったという例証に丁度良い。しかし林大将と渡辺大将が多年の盟友というのはどうだろうか。少なくとも事件の数年前までは、林は真崎、荒木の盟友であった人なわけだけど。ちなみに渡辺はかつて陸大校長を1年にも満たずに解任されているが、これは彼の”新思想”を、日露戦争を引きずる鈴木壮六総長、金谷範三次長(いずれも日露の第二軍参謀)が嫌ったせいであるという説がある(ただ渡辺は極端なドイツかぶれで、第七師団長時代も部下が随分困ったという話があるので、解任理由もそう単純なものではあるまいが)。このとき渡辺の後任に来たのが、日露戦争では一戸兵衛の副官であった林である。学生から見た林校長はかなり貧相で影が薄かったそうだが、本人も自覚があったようで、随分謙遜な態度であったそうだ。この林の後任校長が荒木で、就任の挨拶でただ一言「実行」と叫んで降壇したという話が残っている。

ついでに言うと、服部将軍の予備役入りは、本人は真崎総監解任運動のためと思いたがっているようだが、微妙なところだ。最終的なトリガーになった可能性は高いが、爆発的に将官のポストが増えた支那事変以降はともかく、この頃なら、これぐらいの経歴で、少将で予備となる例は無いことは無い。


※これは林弥三吉の間違い
※2これは北白川宮別当の石川漣平中将(10期)
にほんブログ村 歴史ブログ
スポンサーサイト
マヤノトップガンという馬は不思議な馬で、期待すると裏切り、もうだめかなと諦めかけるとすごい走りをした。この特性は産駒にもいかんなく受け継がれているようだ。しかし97年春の天皇賞の感動は田原の逮捕を経ても僕の中で薄れることは無い。血統の好みも、この馬の影響でロベルト系が好き。ロベルトの名前の由来である悲運の名選手ロベルト・クレメンテは、首位打者常連の巧打者だったそうだが、馬の方は一発長打が魅力の豪打者といった風情を感じる。ロベルト自身、一世一代の大駆けで無敗のブリガディアジェラードに唯一の黒星をつけているし、産駒もまたそういうタイプが目に付く。SSとは好一対じゃないか。
さてオーシャンエイプスであるが、不安なのだ。トップガンファンなら誰しもがそうだと思うが。大体トップガン産駒が武豊を背にクラシック路線の主役を張るなどありうるだろうか(いや無い!)。坂路の時計がすごいと言うが、やたら調教で時計を出す馬で、王道を歩んだチャンピオンホースなんていたっけ?ミホノブルボン?まあ、一応次負けたときの言い訳は用意してある。「スペシャルウィークも二戦目は負けた」ってこいつSSじゃん。はあ・・・とにかく今一番怖いのは怪我。時計なんていらんよ。メジロブライトで良いねん。とにかく怪我しないで。それだけ。

話は変わって、昨年末のダイナマイトの秋山問題。昨日ゴング格闘技(以下ゴン格)、今日格闘技通信(以下格通)を読んだが、ゴン格が神すぎるのか、格通が糞すぎるのかどっちだ?後者だな。あれで金とるの?
http://www.ns-p.com/gong-kaku/
ゴン格で山田トレーナーが証言している塗るタイミングや、和田トレーナー(レフェリー)が証言するところの塗った量からいって、秋山選手が桜庭選手のタックル対策でクリームを塗布したのは間違いない。乾燥肌対策では断じて無い。また、ルール違反と知らなかったとは言わせないとは和田さんの言うとおり。分かった上でやってる。もしばれてもテレビ局と主催者がもみ消してくれると考えたのだろうか?まあTBSとFEGの過去の所業を考えれば、クリームくらいもみ消してくれると秋山選手が考えたとしても無理からぬところだが。個人的に興味があるのは、彼がそんなことをする心理的背景。彼はこれが初犯ではない。アマチュア柔道選手時代もやってる。何が何でも勝ちたい、というより負けられないという脅迫観念から来るのか、それとも完全にモラルをどこかに置き忘れた人間なのか。僕としては前者であって欲しいが。谷川サダハルンバにこんなことは言うだけ無駄だろうが、秋山選手の無期限出場停止は、彼がタックル対策のため敢えてルール破りをしたということを認めて謝罪するまでは、解くべきではない。
さてこの問題に関して、前田日明の発言を望んでいる信者もいるようだが、彼がこの件に関して適切な(皆を満足させる)コメントを出すことは有り得ないだろう。彼もまた、背負ったものの重さから、真剣勝負に踏み出すことが出来なかった人間なのだから。
しかし、この問題を通して一番衝撃だったのは田村のブログですね。
http://ameblo.jp/tamura-blog/
ちょっと変な人というのは、前から感じてたけどね。でも田村が秋山とやったら燃えるなあ。秋山も打撃センスあるけど、田村も良いからなあ。桜庭は嫌がるだろうけどw
メイショウトウコンも勝ったしトップガンウィークだったな。



信用していいの?ちょっと馬鹿っぽいところが気になるんだけど。ビッグ系の匂いがする。ビッグダンジグとか・・・しかも京都の千八というところが引っかかる。坂と距離はどうかな?クラシックで勝てるだけの底力あるだろうか?次が試金石だな。
ハロースピードは、まあサラトガビューティ級だと思って見てたから、現状文句は無いし、元々GⅠなど期待してないけど、こいつには夢を見たい。

~レース後のコメント~
1着 オーシャンエイプス(武豊騎手)
「折り合いは問題ありません。レースでは4コーナーで物見をしてスタンドを見ていたようです。勝ちっぷりが豪快ですね。ノーザンテーストの肌にマヤノトップガンという血統で、いい体をしています。乗りやすい馬です。全然追っていませんよ。この馬『飛ぶ』かな・・・?(笑)」
http://keiba.radionikkei.jp/news/20070120K16.html




「モチが粘っている」

若駒Sにはわらかしてもろた。おまけに2着がクルサードってw
「モチちょっと詰まった」とか実況に言われる日も近いな。
明治40年11月31日に行われた、ハワイより来日したセントルイス野球団と慶応義塾大学野球部の試合は、日本で始めての有料試合となった。チケットは大いに売れ、皇族から庶民まで1万人の観衆が球場に詰め掛けた。そんな中毎試合、ネット裏より観戦している目付きの悪い鋭い一人の海軍軍人がいた。その人物こそ、先年の日本海海戦で「舷々相摩す」の名文句で日本国民の血を湧かせた秋山真之将軍その人であった。将軍は試合に先立ち、慶応野球部に対し、「褌論」という文章を与えて之を激励している。曰く「とにかく緊褌一番をお試し被成候得ば必ず多少の効能は可有之。五十間飛ぶ球が六十間飛び五秒掛かる所を四秒に走り三度の過失が二度で済む位の事は確かに有之候」
将軍の激励を受けた慶応野球部は見事にセントルイス野球団から勝利を挙げた。将軍の論文(?)は大正14年に日本橋白木屋呉服店で行われた時事新報主催の早慶野球戦復活記念展覧会に出品された。



さて彼が早稲田でなく慶応を応援したのは慶応好きの兄好古の影響でせうか?まあそれはどうだか分かりませんが、野球好きの方は間違いなく”のぼさん”の影響です。上の褌論の中でも、大学予備門時代は随分野球にはまっていたことを告白しています。この真之の褌論に共鳴した山下亀三郎は、褌を大量に持って渡欧しましたが、さっぱり売れなかったそうです。

ちなみに岡村寧次大将もまた野球好きでしたが、こちらは早稲田中学に通っていた関係から早稲田びいきでした。また岡村のポン友の河本大作もかなりの野球ファンであったらしく、満鉄クラブの後援会長など務めています。このクラブには名投手浜崎真二がいました。
今発売中の野球小僧によれば、よっさん(吉田義男)は阪急に入団寸前だったそうです。ところが時の阪急二軍監督の浜崎が、自分のことを棚に上げ、「こんな小さいのはだめだ」と言ったことから、阪神が獲得することができたそうです(ちなみにWikiによれば浜崎は身長150cmちょい!)。逆に350勝の米田哲也は阪急が阪神から奪いました。ついでに言うと、317勝の草じゃなくて鈴木啓示は、ドラフトで何故か阪神がスルーしたため、近鉄に行きました。もしこの二人を阪神が取っていれば、小山、村山、米田、鈴木、江夏という凄まじい投手陣が形成されて、プロ野球の歴史も変わったでしょうね。

1月18日追記
タイムリーにもNHKの「坂の上の雲」の出演者が決まったそうだ。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/18/d20070118000144.html
全13回で3年って一回何時間?2時間やってくれるの?

にほんブログ村 歴史ブログ
今年はどういうわけかカレンダーの集まりが悪く、自分の部屋の分が足りない状態になってしまいました。かといって金出して買う気にもならないし。ということで自分で作ってみました。下がスクリーンショット。
























今回は舞暦 -Maica-というフリーソフトを使わせて貰いましたが、これはかなりの優れもの。印刷するときは同じく舞プリンを使用。予定欄に陸軍軍人の誕生日を入れてみました。何人かはスペースの関係で割愛させて貰いましたが、ご容赦を。欲しいという奇特な方は、まず上記の舞暦をインストールしてください。次にここからデータファイルを落として解凍し、Seal\Maica\Data\Files1の下に放り込んでください。データが上書きされると思います。DLKeywordは「cal」です。その後、舞暦を起動すればOKだと思います。

軍人を語る上で大事なのは陸士の期であって、年齢などあまり気にしたことなど無かった。ましてや誕生日などは、です。あの人とあの人は同じ日に生まれてた!とか結構あって、作ってて面白かったです。私のと同じ誕生日のこの人誰?とか思ったら、うちのサイトの下の方のサイト内検索を使ってみてください。経歴くらいは出てくるかも。まあ、ここで直接聞いてくださっても良いですが。私の場合は、えー、えー、殴る騎手は捕まりましたが(謎)



1月10日追記
文藝春秋の2月号に『散るぞ悲しき』の著者である梯久美子氏が「検証 栗林中将衝撃の最期」っつう記事を書いておられました。朝、新聞の下の広告欄を見て気になってたので、帰りに本屋で立ち読みしました。立ち読みなので細かいことは書きませんが、まず、例の降伏しようとして参謀に斬られたという異説について、この人が”知らなかった”と書いてるのには驚きましたw
ま、それはそれで良いとして、検証の中身ですが、肝心要の小田証言に余り触れずに、堀江参謀や小元副官の証言の食い違いやら何やらについて突っ込んでるあたり、率直に言って論点をずらして誤魔化そうとしてるようしかに思えませんでした。私自身相当バイアスがかかってるのは認めますが、この話の核は小田曹長の証言でしょう。堀江、小元両氏は硫黄島に居なかった上、それぞれの立場もあります。彼等の話が食い違ったりあやふやなのは、当たり前で、そんなところ、ぐちゃぐちゃ突っ込んだって大した意味は無いですよ。小田曹長が亡くなってるとしたら、せめて彼に電話で話を聞いている大野氏に取材くらいすべきでは?彼は生きておられますよ。最近も近衛秀麿の本を上梓されておられた。事情は一切知らない私の勝手な言い草なので、その辺はごめんなさいですけど。好きな人物であっても贔屓の引き倒しにせず検証する姿勢は素晴らしいですけど、掻痒感は拭えないですね。
以上この2ヶ月くらいはすっかり硫黄島三昧で楽しかったですが、これで通常業務(!?)に戻りますわ。

にほんブログ村 歴史ブログ
って泣きようもないですわ。公開されて無いんだもの。
Letters from Iwo Jimaを上演してるのは5箇所だけだそうだ。
全米で5箇所だけというのも逆に凄いような気が。
IMDbのボード読んでるけど結構面白い。
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/board/nest/61899688
アメリカ版ネット右翼みたいなのが、日本兵美化すんなやと叫んでる。アメリカのネトウヨと日本の進歩派というのは相性良いんだろうか?
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/board/nest/39731624
ここでは自称日本通が日本の犯罪を論ってる。アイヌとか持ち出すあたり面白すぎ。自分と違う意見をファシスト、レイシスト呼ばわりし、日本人の多くは自分の意見と同じだとか言うあたり、悲しいがまさに日本通外人の一典型であるなあ。

しかし我が身を振り返るとどうだろう。日本軍にもかつて支那通と呼ばれる人々がいた。しかし彼等の多くは支那人を蔑視し、時には、これを善導すると称して、彼等の政治に容喙した。支那人からすれば良い気がするはずはない。付き合いというのは難しいけど、自分がされて不快なことはしないが良い。他山の石、他山の石。

こっから本題。”硫黄島からの手紙”ネタバレあり。


しまったなあ。光秀のドラマ今日だったのか。
実は私は戦国武将では光秀が一番好きなんだよなあ。
しかし唐沢寿明と長澤まさみが夫婦というのはちょっとセンセ、どうなの。てっきり玉子だと思ってたよ。

なんだ?終わっちまったよ。左馬之助の湖水渡りは無しか?

春日の局の親父は出た?

しかし光秀一党は実にエピソード豊富。山内一豊みたいに無理しなくても良い。大河ドラマにぴったりでっせ、NHKさん。原作は是非三浦綾子「細川ガラシヤ夫人」でお願い。夫婦もの大好きでしょ。「国盗り物語」も良いけど、あれは昔やってるみたいなんでね。光秀が死んで終わりか、玉子が死んで終わりかで、どっちにしてもバッドエンドに変わりは無いが、別にバッドエンドな大河でも良いじゃねえか!まあ天海という奥の手もあるけど。今年玉子演じたのは長谷川京子でしたよね。実は2年?前の正月ドラマ、向田邦子の「冬の運動会」以来好きなんで、も一回彼女でも良いよ。光秀役で印象深いのは村上弘明かなあ。

話は今年の大河に移る。井上靖はすごい好きな小説家なので、「風林火山」は楽しみなんだけど、勘助が男前では話が根本からワヤクチャではないかと思うんだがのう。でも初めて嵌った大河が藤原正彦氏の親父殿原作の「武田信玄」だっただけに、あれ以来の武田家メインの大河はワクワクするね。やっぱりガキの頃に受けた印象というのは不滅で、北条氏康といえば杉良太郎、武田信虎といえば平幹二郎だもんね、私なんか。”旗盾無しご照覧あれ”とか意味も分からんのに、覚えてた。
書いてたらどんどん思い出してきた。菅原文太の板垣信方、橋爪功の真田幸隆、宍戸錠の原虎胤、村上弘明の高坂弾正etc・・・実に素晴らしかったなあ。
これが今年のキャスト
http://www3.nhk.or.jp/drama/html_news_fuurin.html
うーん・・・
小山田信有が、役者を見る限り、結構出番有りそうなのは新鮮かな。
おけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

大晦日はダイナマイトとガキ見ながらすごしました。やはり曙さんの勇姿を見ないと年は越せません。所さんも非常によかった。勝村選手もひざ使ってましたが、二人で考えてたんでしょうかね。サダハルンバは永田が70kgの選手とかほざいてたが、冗談ではない。舩木も言ってたが、全然体格が違う。何度も言うが、そのうちえらいことになるぞ。メインのぬるぬるに関しては、ガキ見てたんで何とも言えないけど、しょうもないことしなくても、今の秋山なら確実に桜庭には勝てるはずなのになあ。その辺の考えがよく判らん。

元旦は、朝一で青山へ、一部で話題騒然のギガビートを買いに行きました。¥9800のところを、商品券とポイントを使うことで、500円玉でお釣りが来る値段で買うことができました。商品券はカードの年会費代わりだし、ポイントはそれだけ買い物をしているということなので、長い目で見れば滅茶苦茶徳ということもないんだが、それでも嬉しい。晩は、これまた極極一部で話題騒然の、藤○和雄調教師に激似の漁師さんが出てくるテロ朝の番組を見る。去年も見たけどやっぱり面白い。笑ったら悪いんだけど。

二日は初詣に行く。福袋は迷ったが結局買わず。生まれて始めて南海電車に乗って、住吉大社へ。例年を知らないので人出が多いのか少ないのかは良く判らない。


太鼓橋をゆっくり渡る。雨で濡れているのであぶない。


おみくじは大吉。一回200円というのはどうなんかのう?



買ったばかりのgigabeatS30を持って周ったんだけど、バッテリーがやや問題だな。動画を見るとあっという間に無くなる。もう1万積んでVの方買った方がよかったかなあ。まだ青山では売るそうなので、これから買う方はその辺考えて買ってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。