近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


南京攻略の戦車隊長として有名な藤田大佐は、終戦時第125師団の参謀長であった。8月16日、大佐は関東軍総司令部に電話をかけ、「軍命令は聞かない、玉砕あるのみ」と訴えた。が、応対に出た草地貞吾大佐に「軍命令を聞かないなら逮捕令を出しますぞ」と言われ、ようやく「では停戦命令があったということだけは師団に伝えよう」と言って電話を切っている。草地大佐は後に、このとき逮捕令を出していれば、あのような悲劇は防げたのではないかと回想している。

藤田大佐はその後、武装解除を待たず師団を離れ、身を窶し、家族を連れて通化を離れ、石人に落ち着いた。ソ聯と入れ替わりに通化に入った中国共産党は、通化省指導者の粛清を始めた。藤田は、もし自分の居所が露見した場合、匿ってくれた人々にも害が及ぶのではないかと考え、自ら竜泉ホテルの八路司令部に出頭した。八路側もこの藤田の率直な態度に好意を持ち、藤田はすぐに石人に帰ってきた。

当時の通化は、早々に中共に取り入った日本人から成る日解連が好き放題に振舞っており、居留民の反発を買っていた。また正規の八路の軍紀は厳しかったものの、金日成直系の李紅光に率いられた朝鮮人部隊(日本人は新八路と呼んだ)が、「36年の恨」を口にしながら、暴行、掠奪、処刑と残虐な所業で日本人を震え上がらせていた。このような状況下では、「関東軍の軍人が国府と組んで八路を追い出す」というようなデマに人々が飛びつくのも無理は無かった。日本人も国府系の中国人も、この噂を信じたがった。そして藤田大佐こそ、その関東軍の軍人であると考えた。

藤田は、このような考えは危険だとして、若い人たちを諌めると称し、11月頃、通化へ向かった。通化での居留民大会は、八路の劉司令出席の元にも関らず、日解連への非難大会となった(ちなみに、この大会で発言した日本人は、後に悉く処刑された)。宮城遥拝と天皇陛下万歳が叫ばれ、最後に藤田が壇上に立った。しかし藤田の演説は、八路との協力の必要性を訴える至極穏健なものであった。この大会の後、竜泉ホテルに呼ばれた藤田は、そのまま監禁されてしまう。これは1月5日頃のことであった。

1月10日、日解連の幹部を含む140名の日本人が八路に逮捕された。そのうちの一人、河内亮通化県副県長は、21日に人民裁判にかけられ、市中引き回しの末、銃殺された。さらに10数人が銃剣で刺したため、死骸は蜂の巣のようであった。通夜の席で、太田協和街班長が「河内君、この仇は、必ず討つぞ」と叫んだ。2月3日の蜂起の計画は、既にこの頃かなり進んでいたと思われる。後押ししていたのは、国民党のスパイであった。彼等は、監禁されている藤田大佐を奪還し、(藤田の意思に関らず)これをシンボルとして使うつもりであった。1月15日、藤田は竜泉ホテルの3階から脱出した。しかしこれは、蜂起に参加するためか、それとも止める為か判然としない。藤田は脱出時に怪我を負い、結局蜂起にはまったく加わらず、八路に逮捕されるまで、民家の押入れにずっと居た。

2月3日午前、電灯の点滅を合図に、一斉蜂起が起った。目的の中には、愛新覚羅溥傑の浩妃殿下救出もあった。しかしこの計画は、事前に完全に八路に漏れていた。当時の通化は国府、八路のスパイが入り乱れ、中には、少しでも日本人を救う為にと、二重スパイになった者も居た。その上、計画の首謀者の一人で大尉を自称していたAが八路に通じていた疑いすらある。そのような状況で、秘密が守られるはずは無かった。碌な武器を持たない日本人部隊は簡単に鎮圧され、苛烈な弾圧が始まった。この間藤田は、前述の通り、民家の押入れに居て、全く蜂起に加わっていない。

1月10日に逮捕された通化の有力者達が囚われていた獄舎を襲撃した佐藤少尉以下日本人は、入り口に据えられていた軽機に射すくめられ全員戦死した。八路はその後、軽機を獄舎に向け、140人全員を射殺した。夜が明けると、八路は各戸別に日本人を襲い、16歳から60歳までの男子を逮捕した。彼等は厳寒の中、狭い獄舎に押し込められ、一人ずつ呼び出されては拷問された。2月3日の蜂起で戦死した日本人はおよそ300人。事件後に殺された日本人は1000人に及ぶという。また女だけの留守宅は、朝鮮の新八路に襲われた(強姦され自決した女性もいた)。

2月5日、藤田も逮捕された。そして処刑よりも惨い処罰を受ける。藤田は、国府のスパイ孫耕暁とともに、3日間に渡り百貨店のショーウィンドーに立たされた。藤田は痩せてやつれた体に中国服をまとい、風邪を引いているのか始終鼻水を垂らしながら「許してください。自分の不始末によって申し訳ないことをしてしまいました」と謝り続けた。心ある人たちは見るに忍びず、百貨店に背を向けた。その後間もなく、藤田は肺炎で急死した。彼の死後間もなく、中共は方針を転換し、寛大政策をとるようになり、通化の治安も劇的に良くなった。そして夏には遂に、日本人に帰国の許可が出た。

著者は、藤田が戦車第一聯隊長だったときに、偶然彼と知り合い、それが縁で永くこの通化事件について調べておられる。この本以前にも2冊ほど藤田大佐と事件に関する本を書いておられるが、その本を読んである女性が著者に連絡してきた。その女性こそ、藤田が竜泉ホテルを脱出してから八路に逮捕されるまで一緒に居た看護婦であった。彼女との出会いが結実したものが本書である。通化事件の決定版と言い得るか。

在りし日の藤田実彦大佐


スポンサーサイト
日本のマスコミというのは本当に不思議だ。
日本軍の与えた被害に関しては嬉々としてこれを報道するが、
逆に関しては、異常なほど抑制的だ。
原子爆弾ですら、ややもすると、早く降伏しなかった日本が悪いというような論調になる。
東京大空襲も、米軍による無差別虐殺であるという文脈でこれを捉える事は殆ど無い。
相手がソ聯や中国になると、この”自己規制”の度合いは一層酷くなる。
現在ロシア大統領が来日し、北方領土問題が話題となっているが、そもそも何故この”北方領土”なるものが生まれたのか、きちっとやるマスコミは全然無い。
北方領土占領は200パーセントソ聯による侵略である。
こんな当たり前のことがなぜ言えないのか。何を憚ることがあるのか。

本書は、8月15日のポツダム宣言受諾以降に起ったソ聯による千島樺太侵略と、制限された状況下でそれに抗した第五方面軍の奮闘を描いた良著である。戦争は8月15日でプツッと終わったわけではないということを、あらためて痛感させられる。


河辺虎四郎中将は富山出身の陸士24期。陸大は恩賜。支那事変勃発時の参本第二課長(戦争指導課長)であり、終戦時は参謀次長であった人物。ウ号作戦の河辺正三(まさかず)大将は実兄にあたる。

本書は、参謀次長時代の中将の日記と、その部分に対応した回想(戦後刊行された回想録より抜粋)を並べ、それに解説を加えるという構成になっている。

しかしこの解説が酷い。河邊虎四郎文書研究会には、軍事史家として名高い森松俊夫氏も名を連ねておられるのに、一体これはどうしたことだろう。私も、海軍の”良識派”やそれに追従する小説家が広めた海軍善玉・陸軍悪玉論は、全く噴飯ものだと思うが、しかし本書のようなピントはずれの批判もまたみっともないと思う。下手をすれば河辺中将を貶める結果となるのではないかとも心配する。ただ、本書に引用されている日記は防衛研究所所蔵で刊行されていないので、私にとっても有り難い。防衛研究所には、未刊行の(高級軍人たちの)日記類をぼちぼち吐き出していただきたいのだが・・・・


rollingstone

羊は再びブロードウェイに横たわるか?
長年、ジェネシスの元メンバー達は、「準備は出来ている、ピーターの気持ち次第で、オリジナルメンバーでの再結成は可能だ」と語っていました。そしてピーター・ガブリエルはそれを拒んでいました。今までは!「(ジェネシス再結成の見込みは)以前よりは高いよ」「我々は話し合うつもりだ」ピーター・ガブリエルが本誌に語りました。

1982年の一回限りのコンサートは別として、1975年5月にザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ・ツアーが終わって以降、ピーターがジェネシスのオリジナルメンバーとステージに立つ事はありませんでした。1976年からピーターの跡を継いでヴォーカリストとなったフィル・コリンズは、バンドを世界的スタジアムバンドに引き上げました。そのフィルも1992年のウィ・キャント・ダンス・ツアーを最後に、ソロに専念するためにバンドを抜けました。残されたメンバーは、レイ・ウィルソンをヴォーカリストに迎えアルバムを出しましたが、全く売れず、バンドは1998年に終焉を迎えました。

しかしそれ以降も、熱狂的ファン(特にピーター時代の)は、ジェネシスの炎を守り続けてきました。フィルは最近ジュネーブで、ピーター時代のジェネシスを恐ろしい精度で再現するトリビュートバンドと共演しています。今週の始め、フィルはテルアビブのプレスに、「”本物”のためにドラムをやりたい」と再び断言しました。ギタリストのスティーブ・ハケットは先月、シカゴサンタイムスに、「ジェネシスのマネージメントから電話があった」「再結成の機運が高まってる」「恐らく再結成はあるだろう」と語っています。

名高い完璧主義者のピーターは、どんなリユニオンコンサートでも、非常な準備時間を必要とすると警告します。「82年のときは、我々はろくなリハーサルもしなかったと思う」「リハーサルをするためには、もっと長い時間が必要なんだ」

リユニオンの状況について聞かれると彼は、遠慮がちに「私はまだそれの成功を確信していない」と語りました。

ピンクフロイドに続いて・・・・

   
闘魂硫黄島


著者は陸士48期。船舶参謀として、陸軍軍人でありながら海上護衛隊に勤務し、大井中佐らと机を並べていた人物だけに、本書序盤では、その頃の話にページを割いている。船舶司令官として著者の上司であった鈴木宗作中将の直話など、興味深い。

その後、東條の逆鱗に触れてサイパンにとばされる塚本清彦少佐と共に第三十一軍に赴任するはずが、飛行機に乗り損ね、取り残される。長勇少将と、サイパン奪回計画を練るよう命じられるが、これも中止となり、小笠原の第百九師団参謀を命ぜられた。

硫黄島で初めて会った栗林忠道中将は、陸大出の著者を気に入り、二人の間ではかなり込み入った話がなされる。が、日本の将来を悲観しながらも、鉄の意志で地下要塞をつくり米軍の足止めをと考える中将と、そこまでの情勢認識の無い他の参謀の間はしっくりいかない。結局参謀長以下更迭となり、後任に、歩兵戦術の大家である高石参謀長、中根参謀、千田旅団長がやってきて、中将を補佐し、あの激戦を貫徹せしめた。

著者は、硫黄島への輸送業務のため、父島に留まっており、命を拾う。著者が描く栗林中将、西中佐をはじめとした陸海軍軍人の横顔は、なかなか貴重である。本書には著者の回想の他に、実際に硫黄島で戦い捕虜となった工兵隊長の手記なども収録されている。

ちなみに、著者はぼかして書いているが、父島でも大事件があったのだ。有名な人肉食事件である。立花芳夫旅団長以下数名の将校がB級戦犯として処刑されたこの事件、著者はむしろ米軍捕虜をかばった(自分の英語教師にすることで助けようとした)ことで起訴を免れ、その縁からか、戦後、在日米空軍に勤務する傍ら、メリーランド大学極東部で教鞭を振るった。




その他のお薦め硫黄島関連本
散るぞ悲しき 硫黄島 硫黄島新装版 硫黄島の星条旗 「玉砕総指揮官」の絵手紙
undercover.com
November 7 2005

日本の魅力的なギターポップグループ「少年ナイフ」の(元)ドラマー、西浦“チャイナ”真奈さんが「DMBQ」のアメリカツアーの最中に、三台の自動車による事故によって、悲劇的な死を遂げました。

彼女の乗っていたバンは他の車にクリップされ、制御不能となり、堤防の下に転げ落ちました。西浦さんは車から放り出され、その場で亡くなりました。バンドの残りのメンバーとツアーマネージャーは、大怪我を負いましたが、命に別状は有りません。

西浦さんは2000年から2003年まで「少年ナイフ」に在籍し、日本のロックシーンのキイプレーヤーであり、多くの人から惜しまれるでしょう。


RIP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。