近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
日テレのニュースでもやってました。

比で旧日本兵2人生存か 大使館員が面会へ
 フィリピン南部ミンダナオ島に旧日本兵2人が生存しているとの情報があり、マニラの日本大使館員が27日、同島を訪れ、ジェネラルサントス市のホテルで面会する。日本政府筋が26日、明らかにした。
 2人は同市に近い山中に暮らしていて、旧日本兵の遺骨収集活動をしている日本人と出会ったという。この日本人の仲介で大使館員との面会が実現する。第2次大戦の終戦を知らずに過ごしていたかどうかや、現地で家族など生活の基盤を持っているかなど詳細は不明。
 日本政府筋によると、2人は旧日本兵であることを証明するものを所持しているとされ、漢字で書いた名前を示したという。大使館員が身元を含め事情を聴く。(共同)


ミンダナオ島というと第35軍の第30師団、第100師団(名古屋)や独立混成第54旅団(仙台)がいましたが、まあ必ずしも終戦時にミンダナオにいた部隊とは限らないですよね。
スポンサーサイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050526-00020344-jij-spo
「一軍戦力下さい」-。パ・リーグで最下位独走中の楽天が25日の実行委で11球団に選手供出の要請を行った。4月の実行委でも米田純球団社長が選手補強への協力を訴えたが、反応はなし。選手移籍期限の6月末まで1カ月余りとなり、「最後のお願い」に打って出た。
 楽天は同日の中日戦でようやく11勝目という惨状で、誰が見ても他球団との戦力差は著しい。それだけに井上智治球団取締役の「一軍戦力となる選手をトレードしていただきたい。今後個別に打診して交渉し、交流戦終了後に成立させられれば」と話す言葉にも力が入る。だが、相手にすれば得にならない話で、見通しは明るくない。


まあそらそうだわな。阪神から出すとすれば沖原、葛城あたりかなあ。佐久本とかは要らんだろうしなあ。ローソンの3人や喜田あたりも阪神にいる限りチャンスはなさそうだし、出してやっても良いと思うが、一軍戦力と呼べないしなあ。
私のお薦めは中村泰。140越える速球と無茶苦茶キレの良いスライダーをほうる20代のサウスポーだ。遠慮せず持っていくヨロシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。