近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
昭和13年10月、蓮田は一度目の出征をしている。彼は戦場で大体次のような事を書いている。

”内地の子供たちから来る慰問文を読むと、「早く蒋介石を殺してください」というようなことが書いてあり、やむを得ないと思いながらもぞっとする。うちの息子は、戦地の父など思い出しもせず遊び呆け、たまにクレヨンで書いた絵を送ってくるくらいだが、私はこれにほっとする。もし私の息子が「蒋介石を殺してください」などと書いてきたら、堪らない気がする。”

また日本武尊の

倭は 国のまほろば 畳なづく 青垣山 こもれる 倭し うるはし

という歌の解説に際して、戦場で死に際に「お母さん」と言い残す兵士と通ずるものがあると書いている。よく、兵士たちは「天皇陛下万歳」ではなく「お母さん」と叫んで死ぬと、とくとくと語る人間がいるが、蓮田からすれば、これらみな同義語なのである。

復員してきた蓮田は、昭和16年9月の『文芸文化』に「花ざかりの森」を載せた。作者は当時16歳の三島由紀夫であった。蓮田は三島のことを「われわれ自身の年少者」と呼んだ。

昭和18年4月に軍人会館で行われた日本文学報国会において、蓮田は石川達三を激しく非難した。会で石川が、「われわれ文学者も国策に則って大いに活動しなければならない」と話した直後、登壇した蓮田は、石川を指差し、「石川さんの今の発言には賛同できない」と大喝した。蓮田は、このようなときだからこそ、須佐之男のような「青山は枯山と哭き枯らす」壮大な喚び泣きの文学、慟哭の文学を創造しなければならないと訴えた。その後蓮田は「神がかり」と呼ばれるようになった(この言葉にこめられたニュアンスについては改めて説明不要だろう)。

この年の10月、蓮田は二度目の召集を受けた。大阪で彼を迎えた伊東静雄はこう言った。
「丁度いいときでしたね」
蓮田は応えた。
「大へんなことでした」
今の価値観でいえば、蓮田はどうなるのだろう?狂信的国家主義者?右翼?ファシスト?しかし現実には、昭和18年の日本において、彼の居場所は無かったのだ。親友伊東はその蓮田の苦しみをよく理解していた。

蓮田についての話はここらで終わりにしたい。私自身まだよく考えが纏まらないので。彼について興味をお持ちになった方は、是非ご自分で読んで、そして考えて欲しい。

 


人気blogランキングへ
スポンサーサイト
前回

蓮田の国文学者としての大きな業績は、大津皇子の発見だそうだ。大津皇子は天武天皇の皇子で、天皇の死後、草壁皇子と対立し、謀反の咎で死を賜った人物だ。余談だが、古代史に無知な私は、よくこの人と有間皇子を混同してしまう。蓮田は『文芸文化』昭和13年11月号に発表した「青春の詩宗 - 大津皇子論」で、万葉集の大津皇子の歌について評論している。

蓮田は、大化の改新によって、曽我氏に代表される氏族的文化が滅亡して、嘗てなかった「論理」文化が台頭したと説く。そして、万葉集を年代順に見ると、氏族的類型的が続くが、大津皇子の歌に至って初めて大化の精神が匂ってくるという。大化の精神というのは、個性的現実的であることを指す。大津皇子はこういう大化的精神を持った最初の方の詩人であり、それ故に、古き伝統によって「犠牲」にされたという。

蓮田の大津皇子の歌に対する論評を、松本氏は「はっと息をのませるほどに鋭」いと書いているが、確かに歌心のない私でもなるほどなあと思う。蓮田は皇子の

足引の山の雫に妹待つと吾立ち沾れぬ山の雫に

という歌を引いて、次のように評している。
「足引の山の雫に」から「妹待つと」へは唐突である。経験的事実から云えば「妹待つと」が最初で、山の雫に濡れるのはその後の経験でなければならない。然るに作者は経験の中から既に、自らを冷たくぬらすものの存在を知っているのではないか。そしてその襲いかかってくる或るものに、鋭く身構えている。そして予想通り、その或るものは作者を冷たくぬらした。最後の「山の雫に」の繰り返しは、これに対する悲壮なまでの覚悟の表明である。己をぬらすものに対して(恋人ではなく)、強いて待ち、立ち濡れているかの如き気概を感じさせてくれる。それはもはや己に冷厳と襲いかかってくるものへの燃ゆる如き戦いである。

また

大船の津守の占に告らむとは正しに知りて我が二人宿し

については、
「大船の津守」は監視者、つまりかさにかかってくる旧世代を表しており、それに対して「正しに知りて我が二人宿し」は、凱歌である。監視者が見破ろうとするものは、もはや若い人々にとっては秘密でもなんでもないのだ。作者は己を滅ぼそうとするものに対して、恋の成就をうたう形で、「青春を蕩尽してやろうとした」(これは松本氏の言葉)のであるという。ちなみに皇子の恋の相手は石川郎女である。

さらに

百伝ふ磐余の池の鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠るなむ

という歌では、
若人は死に臨んで「生」と「死」を恐ろしいまでに識別している。この人以前にこれほどまでに「死」をリアリスティックに見つめた人はいない。この死に吾を死なしめている。この詩人は今日死ぬことが自分の文化であると知っていると、書いている。

蓮田は大津皇子を通して、転形期の若者の精神を発見した。転形期は若者に死を要求する。その死の上に新たな文化が生まれるのだ。蓮田は「私は、かかる時代の人は若くして死なねばならないのではないかと思ふ」と書いている。かかる時代の若者。それは蓮田自身のことだ。自分たちは「若くして死なねばならない」。蓮田は大津皇子の研究を通して、痛切にそのことを意識し始めた。

にほんブログ村 歴史ブログ
前回

松本氏の本は、小高根氏の本の批判から入っている。しかし私は未だに小高根本を読んでいないので、この点はただそのまま承るしかない。

小高根本によれば、殺された中条大佐は対馬出身で、金という別姓を持っていて、副官の鳥越大尉に対して「自分宛の郵便物に金某という名でくるものがるが、これは少し訳があるのだから諒解してもらいたい」と云ったという。この言葉から鳥越は、中条が実は日本の家に養子に入った朝鮮人ではないかと推察した。さて蓮田が中条大佐を殺害した理由だが、大佐の敗戦に際しての訓示に、「敗戦の責任を天皇に帰し、皇軍の前途を誹謗し、日本精神の壊滅を説く」言辞があったという。さらに大佐は戦況が不利になるにつれ通敵行為を行い、自己の保全だけに務めたという。蓮田はこういった聯隊長の態度に怒って、これを射殺した後、自らも自決したというのだ。こういった情報は大体聯隊副官であった鳥越大尉からのものであり、他にこれといった傍証があるわけでもなかった。小高根氏自身、後に鳥越大尉の人間性に疑いを抱きはじめたにも拘らず、本の内容は一人歩きし、蓮田未亡人も、殺された聯隊長が朝鮮人であったと信じていたという。

これを聞いて、一度自分で調べる必要があるなと感じた松本氏が対馬尋ねると、中条大佐の家は簡単に見つかり、真実が明らかとなった。中条大佐の子息によれば、確かに大佐は養子であるが、実家は”金”ではなく”陳”という大分の農家で、戸籍を見ても正真正銘の日本人であった。しかし確かに陳というのは珍しい苗字である。恐らく大佐は、変な誤解を避けるために予め副官に告げたのだろう。それを副官は、陳と金を聞き間違え、対馬と併せて、大佐は朝鮮人に仕立て上げられてしまった。大佐は典型的な職業軍人で、指揮官としては、少しでも兵隊の損害を減らそうと考えるタイプ。そのため旧部下からは中々慕われていたという。国体に悖る演説や通敵行為などとても想像できない人柄であった。

『帝国陸軍編制総覧』によれば、第46師団隷下の歩兵第123聯隊長中條豊馬大佐は昭和20年7月6日に着任した陸士29期。ところが『陸海軍将官人事総覧』の方の29期の項を見ても、中條(中条)大佐の名前は無い。29期は生きて中将を出した最後の期であるが、この本には相当数の大佐の経歴も収録されている。その中から戦死して進級した人物を除いても、まだ大分いる。そしてそれらの多くは聯隊長である。しかし中条大佐の名前は無い。29期で終戦時に聯隊長であった人物で、この本に載らなかった人が、中条大佐以外にいるかどうかまでは、さすがに調べる気にならないが、どうも何ならかの意図を持って省かれた気が、私はする。

ところで松本氏は、対馬での取材を終え、中条大佐が通敵行為を行うような卑劣漢ではなかったと考え、ほっとする。蓮田はそのような小さな理由で、聯隊長を殺したのではないのだと。


にほんブログ村 歴史ブログ

気になっていた人物がいる。蓮田善明。日本陸海軍総合事典でその経歴を見て以来ずっと。この本は、有名無名を問わず将官級の人物の経歴を片っ端から羅列した陸海軍将官人事総覧と違って、何か事件や戦争において名前を残している軍人なら、階級を問わずにその任官以来の全経歴を載せている。その日本陸海軍総合事典によれば、

蓮田善明(はすだぜんめい)[熊本]明37・7・28~昭20・8・19
真宗金蓮寺住職・蓮田慈善の三男
済々黌を経て広島高師卒
昭2・4 歩兵第45聯隊附(幹部候補生)
 3・1 除隊
 3・4 岐阜二中教員
 4・4 諏訪中学教員
 7・4 広島文理大卒
 10・3 卒
 10・4 台中商業教員
 13・2 成城学園教員
 13・10 召集・歩兵第13聯隊附(任歩兵少尉)
 14・4~
 15・12 中支出征
 18・10 召集・歩兵第123聯隊附
 18・11 南方派遣
 20・8 迫撃砲大隊中隊長
 20・8 聯隊長中条豊馬大佐を殺害したのち自決
小高根二郎『蓮田善明とその死』(筑摩書房、昭45)がある

上官殺害というのは日本軍の歴史において絶無ではない。有名なところでは相沢中佐による永田鉄山軍務局長殺害、2.26事件(渡邊教育総監殺害)、終戦時の畑中少佐、椎崎中佐らによる森赳近衛師団長殺害が挙げられる。しかしいずれも直属の上官というわけではない。相沢中佐は台湾の歩兵聯隊附であったし、畑中少佐らは陸軍省課員であった。近衛師団参謀だった古賀少佐(東条英機の女婿)は直接殺害には参加していないはずだし、歩兵大隊長だった村上少佐は、古賀少佐から師団長殺害を持ちかけられて、「直属の上官は殺せません」と言って難を?逃れている。大正年間には福知山の聯隊で大隊長殺害があったらしいが、それでもやはり中隊長による聯隊長殺害というのは、そうそうはないだろう。図書館には小高根二郎氏の本もあったのだが、ついつい忘れて借りそびれていた。ところが最近、松本健一氏の『蓮田善明日本伝説』を入手した。


にほんブログ村 歴史ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。