近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
谷干城の夫人は非常にしっかりとした人で有名だった。西南の役で熊本城に籠城していたときには、鯉を釣ったら何十にも切り分けて部下に配ったし、自ら城外の空き家へ這い入り七輪や鍋をとってきて餅を焼いてはこれまた部下に配った。與倉智実夫人の分娩時には産婆をして娘を取り上げた。この娘が後に婿養子を貰ったが、それが與倉喜平中将である。

谷が農商務大臣のとき、官舎へ移れというものがあった。それを聞いた夫人は「山縣の不要になったものに谷が這入られぬ」と大憤激した。

以前三浦の回顧録のときにも取り上げたが、谷が高知県知事をすると言い出したときも、「如何に国の為とは言え、僅か一県の秩序回復のため、井上(馨)内相の下風に立ち、その節度を受けらるるとは、妾が生存中は断じて受け入れ難し」と頑張ったため、谷も遂にこの一件を思いとどまった。

谷の死後、故人を語るというような企画で一人だけ3回も登場している曽我祐準(出たがり)は、谷の病気が進んだのは、無理して伊藤博文の葬式に出たのもいけなかったが、前年に夫人を失ったのが大原因だと語っている。

ちなみにどうでもいい話だが、西南の役で西郷どんの首級を発見したのは千田登文という少尉とその従兵の前田だった。この千田翁は今村均の最初の奥さんの父だったが、西郷の首級の件はずっと黙っていた。というのも西郷の首を見た山縣が、ぼろぼろ涙をこぼしたのを見て「悪い事をした。見つけるべきではなかった。考えの足りないことをした」と反省したからだった。ところがずっと後に曽我(おしゃべり)が報知新聞で連載していた「西南戦記」の中で、「少尉千田某、遂にこれをさがしあてたり」とぽろっと書いたために、金沢ではちょっとした騒ぎになった。「千田のおじい。この新聞に載ってる少尉千田某というのはあんたじゃないのか」と人に聞かれてやっと「そうじゃ」と認めた。
スポンサーサイト
浅田信興という人は、当世風にいうとワイドショー向きらしく、当時のジャーナリストにもよく弄られている。尉官時代の彼は借金苦にあえいでおり、馬丁が雇えず妻に馬を洗わせていたとか、借金取りが来た時、押入れに隠れて「留守なり」と怒鳴ったとかいう話が残っている。西南の役では、これ以上借金に苦しめられるなら死んだほうがマシだと、命を捨てて奮戦し武名を挙げた。東京への凱旋時には一人だけ浮かない顔をしていたという。その後月曜会に関係して長岡外史らと共に一時左遷される。教導団の大隊長時代、練兵場で下肥をかついだ農夫と出会い、

おやじそこのけ!大隊止まれ!

という号令をかけ、これが名号令と評判になった。やがて川上操六に見出され清国に差遣される。日清戦争には、北海道の屯田兵参謀長をしていたため参加せず。川上が死ぬと長岡や寺内正毅との腐れ縁を使って長州に近づいた。こういった身の振り方が彼の評判を最悪にする。

小川又次と寺内正毅の最も悪点を搗交ぜたる如き人物なり

とか、地方に出張すると

其地方第一流の旅館にして而かも絶対相宿者なく、且夜具は絹夜具なることを

要求するとか、悪評頻々である。

ゴマすりが功を奏したのか、後に彼は陸軍最高峰たる三長官の一である教育総監となる。そして特命検閲で台湾に赴いた。時の台湾総督は長州の古参佐久間左馬太大将であった。この佐久間、浅田が来る前に下僚を集め、

浅田は近頃生意気だ。宴酣にして庭に引出し、俺があの橋の上から池につきおとすから、とめだて一切まかりならぬ

と宣言し、本当にそのとおりにやったというから、乱暴な話だ。南国とはいえ、宴会の最中に池にぶち込まれ、その後浅田がどういう風に引き下がったのか興味のあるところだ。本来なら血を見てもおかしくない仕打ちだと思うが。

このように珍談奇談の多い彼であるが、軍人の表芸である戦争に関して、彼の能力にけちをつける人間はいないだろう。メッケルは彼を天性の参謀官であると評したらしい。日露戦争では当初近衛の旅団長、後に師団長として全戦役間に活躍した。彼は戦場から妻に

生きて帰れば男爵夫人、死ねば浮気の後家となれ

と書いて送った。面白い言葉ではあるが、乃木将軍などとは全く別の人種であったようだ。
正月用に買った『陸海軍人物史論』を読んでいます。本書における陸海の比率は4:6ぐらいでしょうか。陸軍軍人に関する部分だけ読了しました。鵜崎鷺城の『薩の海軍長の陸軍』や『陸軍の五大閥』とかぶる部分が多い、と言うか同じ人物(たち)を評しているのですから、あんまり違いがあるとそちらの方が困るんですがね。どうやって内容を纏めようか思案中です。とりあえず一番印象に残った話だけ先に書いておきます。

猫将軍
これ、薩摩出身の大寺安純将軍のあだ名なんです(リンク先に写真あり)。本文を口語訳すると大体次のようになります。

彼は、勇猛にして胆略あり、往々にして先輩にも傍若無人な態度をとるため、同じ薩摩の先輩たちも中々彼をうまく使うことができない。従って薩摩人でありながら昇進は遅い。わずかに山地元治(土佐人)だけが思うところあってか彼を帷幄に迎えた。長州の長谷川好道は彼のことをライバル視しており、彼が良い地位につくたびに「また猫にやられた、また猫にやられた」といって悔しがった。長州閥に対し薩摩の陸軍を代表して立つ人物は川上操六を除けば彼の外にはいない。それだけに日清戦争で威海衛攻撃時に敵弾により戦死したことは返す返すも残念だ。

確かに山地将軍が第1師団長のとき、大寺は第1師団参謀長となっています。また同い年の西寛二郎や年下の川上操六川村景明と比べても昇進は遅いようです。しかし長谷川は大寺が大尉のときにすでに大佐になっているのに(しかも自分の方が年下)、何をそんなにライバル視していたのかよくわかりませんね。

ちなみに第1師団参謀だった秋山好古が参謀長の大寺にいじめられて、フランスに逃げたという話があります。秋山はフランスに行く前、東京鎮台参謀の職にありました。東京鎮台は間もなく第1師団になるのでこれはいいとしても、大寺はそのとき歩兵第3聯隊長でした。ですので”参謀長だった大寺”にいじめれらたというのは間違いでしょうね。ただ歩兵第3聯隊は東京鎮台の隷下ですので二人が顔を合わすことは多かったと思います。この話は他の本(『陸軍の五大閥』)にも載っていますので、当時こういう噂があったのは間違いないようです。さてフランスから帰ってきた信三郎さんは古巣の騎兵第1大隊(第1師団隷下)の中隊長になります。すると1年もしないうちに大寺が参謀長として第1師団にやってきました。すかさず信三郎さんは騎兵監部へ逃げますが、半年で騎兵第1大隊長に栄転となります。結局二人は同じ師団で日清戦争に臨むこととなりました。信さんもまた山地将軍の引き立てであったようですが、将軍は二人の間柄をどう見ていたのでしょうか?

猫将軍というあだ名がいつからのものなのかは分かりませんが、彼が本物の将軍になるのは日清戦争の最中です。そして少将任官の僅か2ヵ月後には戦死します(これは日清戦争で唯一の将官の戦死)。戦後男爵が贈られました。そういえば三浦観樹も大寺は生きていれば大将になったと書いていましたねえ。
バルトの楽園という映画が公開中だ。私は未見なのだが、第一次世界大戦のドイツ人捕虜収容所を舞台にした映画で、主人公は松江豊樹大佐のようだ。会津出身ということから早速星亮一氏が本を書いてる。ただマツケンはどうも苦手だ。何かコスプレに見えてしょうがない。

ところでバルトというのは髭を意味するそうだ。おいらが何の疑いも無くバルト海だと思い込んでたのは内緒。

 


チンタオ陥落で捕虜となったドイツ人を収容する捕虜収容所は、この徳島以外にも10箇所以上あった。所長にも後の大将真崎甚三郎松木直亮といったドイツ駐在経験のある人々が充てられた。福岡収容所所長を務めた白石通則は後に中将となった。終戦時の宮城事件で義兄の近衛師団長森赳と共に、畑中少佐らに斬殺された白石通教中佐は、この人の次男にあたる(森の妹が白石に嫁いでいた)。

習志野(最初は浅草にあった)収容所の所長を務めたのは、西郷隆盛の嗣子、侯爵西郷寅太郎大佐であった。父西郷は西南の役で賊徒となったが、明治帝の西郷への愛情は変わることが無く、寅太郎は明治帝特別の思し召しにより、18歳のときドイツへ留学した。

ドイツでプロシア陸軍の士官学校を卒業し少尉に任官された寅太郎は、帰国後、帝國陸軍の歩兵少尉に任官された。こういう経歴の持ち主は後にも先にも彼一人である。明治35年、侯爵受爵が伝えられると、彼が母と2人で暮らす借家に、徳川慶喜が馬車で乗りつけ祝福した。

彼が歩一の大隊長時代、同じく歩一に勤務していた樋口季一郎の回想に、第一師団の秋季演習時の面白い話が載っている。富士の裾野で行われた演習の初期、第一旅団長統裁の南北支隊対抗演習が行われた。西郷は南軍の支隊長を務めた。ところが夕食に一本付けさせた西郷支隊長は、一本が二本になり三本になり遂に眠り込んでしまった。前線からは引きも切らさず情報は入ってくる。副官たちはてんてこ舞いだ。そんな時、審判官である歩兵第一聯隊長がやってきた。聯隊長はひっくり返っている西郷を見て驚き、「西郷君、西郷君」と体を揺すったが、先生一向に起きる気配が無い。そこで腹をくくった聯隊長は、自分が西郷の代わりを務めることにした。日付が変わってようやく目を覚ました西郷は、各隊の命令受領者を集めると、副官の捧げる支隊命令を躊躇無く読み上げた。それが、直属の上官であり、この演習の審判官でもある聯隊長の書いたものであるとは露知らず。

ドイツに長くいた彼は当然ドイツ語が堪能であった。時々兵隊にドイツ語で号令をかけたというが、これは嫌味でやってるのではなく、自分では日本語で言ってるつもりが自然にドイツ語になったという(そういえば先日お亡くなりになった吉村昭先生の『長英逃亡』という小説で、高野長英が階段から突き落とされたとき、「危ない」とオランダ語で叫んだというエピソードがあったのを思い出した)。こんな彼であるから、ドイツ人相手の捕虜収容所長は打ってつけの仕事である。着任した彼は「戦争は政治的関係で、人民其の者に対しては何等の敵意がない」との訓示を下した。日本にソーセージの製法を伝えたのは、この習志野収容所に収容されていた職人さんであった。しかし、大正8年1月、世界的に大流行したスペイン風邪に罹って、西郷寅太郎大佐は、命を落とした。享年54歳。


にほんブログ村 歴史ブログ
三浦観樹の回想録読んでからこちら、すっかり明治ずいてる。
ただこの時代を扱う本となると、どうしても古い物が多く、手に入れ辛い。芙蓉書房さんやってくれんかな?再刊。





これは西南の役の終結後、宮中に参内したときの諸将。
山田顕義(市ィ)がどれかは説明なしでも分かるでしょう。
山田の後ろは、顔見たら分かると思いますが、大山弥助
山田の右の目つきの悪いのが三浦梧楼です。
その横の髭はどっかで見た記憶があるんですが、思い出せない(谷かなあ?)。
それにしても、30台でこの童顔。そらこの10年前の戊辰の役のとき、西郷どんが、こんな子供に任せて大丈夫かと心配したのもわかるちゅうはなしですわ。





これは、四将軍とか呼ばれながら、三浦の回顧録に最後まで名前の出てこなかった曽我祐準。中々の美形では?
坂本竜馬暗殺の直後に、それとは知らずに、竜馬の下宿を訪ねたそうだ。彼の自叙伝は、解説も含めて中々勉強になる。故司馬遼太郎さんの小説で出てくるネタも散見する。司馬さんもこれ読んだんかなあ?





おまけ。日露の諸将。ひじ付いてタバコの児玉がダンディ。

今日はセンター試験ですね。筆者も8年か9年前に受けました。その年は問題が異様に簡単で9割近く取れた記憶があります。まあとにかく試験というのは終わった事を後に引き摺らないことです。ポジティブ思考で頑張ってください。

さて昨日に引続き100年前の話ですが、多大な損害を出しながらやっとの思いで旅順を落とした乃木将軍の第三軍は、1月13日の入城式、翌日の慰霊祭を終え、休む間もなく北上を開始しました。旅順攻略と乃木将軍の統帥に関しては、既に多くの本が出版され、その議論はいつ果てるとも知れません。現在もっとも有名な乃木将軍像といえば『坂の上の雲』におけるそれでしょう。何といっても国民作家とまで言われる方の著作ですから、その影響力は計り知れません。一方この司馬氏の愚将乃木像に対抗して、新たな乃木名将論も勃興してるようです。この問題はデリケートで、多分に感情論に陥りやすく、非常に扱いづらい問題なんですが、こういう場合はまず基本に立ち返る事が大事。というわけで今日紹介する本は、谷寿夫著『機密日露戦史』です。
この本は昭和41年に原書房から出版され、大きな話題を呼びました。司馬氏にも大きな影響を与えたと思われます。去年再版されましたので、名前は聞いた事があるという人も多いでしょう。

まずこの本の来歴ですが、著者の谷寿夫氏は陸士15期を卒業した陸軍軍人で、陸大では恩賜の軍刀を賜り、最終的には陸軍中将となった方です。この本は谷中将が陸大の兵学教官を務めていたとき(大正13年2月~昭和2年3月)、専攻科学生に対する講述で使用したテキストです(陸大や専攻科学生にかんしてはここを参照してください)。谷大佐の講述は一口で言えば日露戦争における政戦両略を論じた「戦争指導史」であり、その内容は終戦まで部外秘とされたそうです。”世上は日露戦争を世紀の大勝利としているが、内実は大本営も軍司令部も多くの錯誤を犯しており、その勝利は薄氷を踏むようなものであった。我々軍人は勝利の美々しさに惑わされる事なく、むしろ失敗点を研究反省し、次の戦争に生かさなければならない”というのが、谷大佐の授業の要旨ではなかったかと私は愚考します。
勿論”これ一冊で日露戦争はOK”などとは言えませんが、しかし日露戦争を知る上で絶対に欠かせない本であることは間違いありません。せっかく再版されたことですし、是非手にとって見てください。

さて・・・・一部でですが、この谷戦史はアンチ長州閥の意向を受けたもので、乃木将軍をいたずらに誹謗するものである、という様な事を言う人がいます。中には今村均大将の回顧録まで引き出して。私はこういう人たちにかける言葉を知りません。陸軍の派閥史をここでだらだら書く気はありませんので、この問題はこれ以上深入りしませんが、この本は決して乃木将軍を貶めるようなものではないです。乃木愚将像は、この本を読んだ作家が勝手にひねり出したもので、私はあれを全否定するわけではありませんが、やはりフェアとは言えないと思ってます。まあとにかく、この本は無罪です。変な先入観は持たずに読んでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。