近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
「後に続くものを信ず」という言葉は、大戦中、特にその前半に於いて、尤もマスコミを賑わせたフレーズの一つだろう。何せ長谷川一夫主演の映画までつくられたのだから。しかしこの言葉は、これだけ有名にも拘らず、紙では残っていない。それどころか、その出典すら曖昧である。上官の西山遼少佐によれば、ガダルカナル島での最後の別れに際して、中尉が言った言葉の中に

私も私の部下も後に続くものを信じます
死してなお必勝を信じます

という意味の言葉があったという。一方、海軍報道班員だった山形氏は、谷萩那華雄から、若林中尉の日記であるという冊子を示された。それはガ島へのネズミ輸送を行っていた潜水艦の下士官が持ち帰ったものであった。同氏は谷萩に勧められ、この戦場日記を『後に続くものを信ず』という題名で出版した。山形氏によれば、その日記の裏表紙に「私は後に続くものを信ず」と書いてあったという。しかしその日記もまた、その後どうなったかは判らない。とにかくこのフレーズは、時代にマッチし、独り歩きした。そしてその反動で、戦後は忘れ去られた。全く馬鹿げた話だ。

さて反対に戦後、ジャーナリズムに乗ったフレーズとしては、大田少将が打った訣別電「沖縄県民斯く戦えり~」が挙げられるだろう。この電報一つで大田少将はスターダムにのし上がった(上げられた)。性質の悪い表現をしてるとは、自分でも分かってるが、別に大田少将をどうこういうわけではない。マスコミの下らなさを指摘したいだけだ。訣別電に上下などあるわけが無い。ましてそこで散った人の命おや。

話の矛先を変えるが、訣別電というのはどれも悲しい。サイパン、グアム、硫黄島、ペリリューのサクラ連送。電文ではないが、私が印象深いのは、拉孟守備隊の真鍋大尉が、聯隊長に宛てた手紙。
「小雀がチューチュー鳴いて親雀の帰りを待っております。私共はどんなことがあっても聯隊の名を汚すようなことは致しません」
既に守備隊長金光少佐を失い、玉砕を前にして書かれたその手紙は、脱出を命ぜられた木下中尉によって届けられた。しかし聯隊長松井秀治少将にはどうすることもできなかった。松井少将自身、後にラングーン防衛司令官として、遁走した緬甸方面軍司令部の後始末に非常に苦しむ。戦後、訪ねてきた文春の記者?を前に松井将軍は、今でも雀の声を聞くと思い出す。インパール作戦をもっと早く切り上げておけば、死なせずにすんだものをと、涙に咽んだ。



にほんブログ村 歴史ブログ
スポンサーサイト
チモール島戡定作戦の後、若林中隊はアタンプアに駐屯した。若林東一中尉は、宣撫工作の一環として土地の領主であるラジャ・アチェに接近した。間もなくアチェは若林を非常に気に入る。アチェには二人の娘があった。上の娘はサイダといい、「原節子を少しばかり黒くしたような女性」であった。アチェは若林に、このサイダを嫁に貰って欲しいと懇請する。
「ワカバヤシ サイダ ハ キミガスキダ アイシテイル アナタサエ ヨカッタラ ケッコン シテクレナイカ コノアチエニハ モチロン イゾン ハ ナイ」
この申し出に若林は悩むが、もはや次の戦場へ立たねばならぬ身であるとして、謝絶した。中隊がセイロンへ旅立つ日、アチェとサイダはクーパンの港までやってきて、若林を見送った。

これは『栄光よ永遠に』のなかでも触れられている話である。兵隊から陸士に進み首席で卒業した立志伝中の人物であり、香港攻略の立役者。一方で女がらみの逸話も非常に多い人。しかし、いくらそんな若林中尉といえ、戦争で訪れた土地で王族に見初められ、娘を貰ってくれと望まれるなど、まるで梶原一騎の書くストーリーのようなことが有り得るだろうか。私はこの話に関しては結構眉唾であった。ところが、十全会編『後に続くものを信ず』によれば、二人は結婚式まで挙げているのだそうだ。結婚式は、仲人に中隊の大野准尉、部下50余人出席の下、整然と行われた。式は始めから延々とイスラム式で進んだため、押され気味と感じた大野准尉が、ここからは日本式で行うと高砂を謡って大見得を切り、結局朝まで続いたという。大野准尉は若林の命令で、ブーゲンビルに残ったため、命ながらえた。同書には、中尉とサイダが並んで写った写真まで載っている。以下は中尉が別れに際してつくった詩。

スラバヤの別離
九月二十七日 忘れ得ぬ日なり   其の日は晴れて暑かりき
大日丸は岸壁に着き         新興丸は岸壁を出ず
大日丸にてアチエは着けり      サイダも其の一族も
新興丸にわれ乗船す         「ソロモン」に戦ひに征くなり
アチエ一族と縁を結びて       サイダとチモールに語れるは
一朝の夢と化して空し   われ   偽れるか 決して さにあらず
単なる○○の対象として  われ   イスラムとなりたるにあらず
この新興民族の息吹きを       我が逞しき力もて 更に強め
血は水よりも濃き 大東亜を     結成せんと 誓ひしなり
今 軍令の 厳として横たわり    締約 たちまち破れて 海
船倉を訪へば アチエありき     サイダはインコを肩にして
あどけなき顔して 我れを喜べり   わがスマトラに行けざるを云へば
蒼白となりて 又 言はず       愛らしき弟妹も 又 声をのむ
言いたきことも 云へず        周囲に 兵あればなり
全身の力もて アチエとサイダ    サイダの母の手を握りて
後も向かず われは去れり      船は魔物の如くありき
船出して今なにをか思ふ        思ひても又施すすべなし
戦の庭に立つ男の子          又何を思ふの用ある
唯なすべきことあらば         ”忘れる”ことならむ





にほんブログ村 歴史ブログ
『栄光よ永遠に~ 人間若林大尉の生涯~ 』読了。
陸軍人国記若林大尉の頁できるだけ早く完成させます。

ついでなので今日は”軍神”について少し書いてみます。
軍神という言葉を日本軍では、戦功を建てて戦死した軍人にたいして奉る一種の称号のように使ってました。現代の人が思い浮かべる軍神というと誰でしょう?
やはり某小説に大々的に取り上げられた広瀬武夫少佐でしょうか?それとも敷島隊の関行男大尉でしょうか?或いは真珠湾の九軍神山本五十六大将も一応軍神ですな。
どうもこうなると陸軍は分が悪いですね。橘周太少佐も、広瀬少佐と並び、戦前は知らぬもの無い軍神でしたが、戦後は跡形も無く消えましたし。やはり某小説に出てこなかったのが原因か?石光真清の手記ではアピール不足か?西住小次郎中尉若林東一中尉も映画化までされたんですが、今では知名度さっぱりです。義烈空挺隊の奥山道郎大尉なんか、その任務の凄絶さでは並ぶものが無いと思いますが、知られてませんねえ。かろうじて加藤隼戦闘隊の加藤建夫中佐あたりが残ってるかな?

さて、大東亜戦争後半、孤島の玉砕戦や特攻隊で次々と量産された軍神ですが、ではそのはしりとなると誰になるのでしょう?
時代を遡り日露戦争では、上記の広瀬・橘両少佐の他、松井石根大尉(当時)が深い感銘を受けた市川紀元二中尉や奉天で戦死した吉岡友愛大佐が銅像となりました。軍神とは少し違いますが、常陸丸の須知源次郎中佐も国民に強い印象を与えました。輸送船が沈められるなど、大東亜戦争では日常茶飯事ですが、まだこの当時は物凄い衝撃だったんでしょう。
更に遡り日清戦争では、勇敢な水兵三浦虎次郎、死んでもラッパを離さなかった木口小平、戦死はしなかったが、玄武門一番乗りの原田重吉といった兵卒が騒がれました。
ではそれ以前は?というと・・・私も西南戦争の谷村計介しか思い浮かびませんが、このあたりが軍神のはしりと考えていいのでしょうか?

と、まあ一口に軍神といっても、時代によって色々違うものですね。
すんません。自分でも何を書きたいのかさっぱりわかりません。頭が混乱してまとまりがつかないので、とりあえず今日はこれで終わります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。