近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
池谷薫『蟻の兵隊 日本兵2600人山西省残留の真相』新潮文庫

数年前に映画の方が少し話題になった『蟻の兵隊』が文庫で出た。数年たった今でもこの問題、つまり山西省残留日本兵への補償問題は全然解決していない。少しでもこの問題の周知に資するならと、取り上げる。

山西王とも言うべき閻錫山は、日本兵1万人は中国兵10万人に匹敵するという考えの持ち主だった。迫りくる中共軍を前に、己の弱卒をながめれば、日本兵の獲得は必須であった。

第一軍司令官澄田ライ四郎(ライは貝偏に来)はフランス駐在経験もある理性的な軍人で、北部仏印進駐の後始末を任されたこともあった。第一軍参謀長山岡道武は一貫してロシア畑を歩んだ人物で、ソ連がその身柄を欲していた。二人とも日本軍人であるから、赤化防止ということには一定の考えがあっただろうが、それにしても身命を賭してまで八路から山西を守ろうという信念はなかった。彼らが閻に協力したのは、一重に我が身かわいさからであった。

山西産業社長だった河本大作は、上記の二人よりはずっと積極的であった。彼の場合は、日本に帰っても身の置き場がないということもあっただろうが、結局脱出せず、落城まで太原に留まった。もっとも甥の平野零児は、彼が中共の虜囚となった後、収容所で「台湾侵攻作戦の手伝いをしたい」というような軽口を叩いているのを聞いている。軍人としての不完全燃焼感がこういう発言に繋がるのだろうか。

部隊長級で積極的に残留を推し進めたのが、元泉馨であった。彼については、交流のあった楳本捨三が評伝を書いているが、資料としてはちょっと使い難い。あの本がある程度核心を突いているとすれば、戦後の元泉はやや捨て鉢になってたような感じもするが。しかしそうであるなら、巻き込まれた兵隊はたまったものではない。後に敵の包囲下で負傷し、部下に自らを討たせた。

若手でありながら、重要な役割を果たしたのが、岩田清一と城野宏だった。岩田は職業軍人だったが、城野は素人だった。岩田は捕虜となり、収容所で病死したが、城野は長い抑留生活を生き抜き、帰国した。

上記の人々に比して、比較的好意的に描かれている人物もいる。後に十総隊司令となる今村方策である。彼については、オリンピックの乗馬の代表選手であったという記述があるが、これは今村安と取り違えている、と思う。どちらも今村均大将の弟であるが。今村は暖かい人柄で、指揮能力も高く、人望があったという。彼ほど高い地位にいた人物でも、手紙を検閲され、情報統制を受けていたことが、彼が妻へ送った手紙から伺える。統制をかけていたのは、澄田や山岡であった。太原陥落時に毒を呷った。最後に「閣下に騙された」と言い残したとも伝えられる。

第4章の主役は宮崎舜市中佐である。総軍から派遣された宮崎参謀は、閻錫山と第一軍の計画を見抜き、これを阻止しようと奮闘した。第一軍幹部との連絡会議に臨んだ宮崎は、全員の帰国を強く訴えた。それに対し山岡少将は、受降長官である閻錫山の命令がなければ動けないと言を左右にした。遂に堪忍袋の緒が切れた宮崎中佐は、「参謀長閣下、閣下は閻錫山が天皇を殺せと言えば殺すおつもりですか」と、激越な一言を放った。一座は粛然とした。澄田軍司令官はその間一言もなく、残留を主導していた岩田参謀もまた同じであった。連絡会議に出席した北支方面軍の笹井大佐は、「軍司令官が自ら決心して戦犯として残るという確固たる決心があれば、残留者は多くは出なかったろうと思われる」と書いている。会議の最後に宮崎は次のような演説をしたという。

いま、軍司令官以下第一軍首脳の最大の任務の一つは、隷下兵団を完全無欠の状態で速やかに復員させることである。これが陛下の赤子をお預かりし、必勝を信じて戦ってきた派遣軍の最後の務めであると信じている。言い換えれば、兵隊をその妻子親兄弟のもとに無事届けることである。もし、終戦後における中国の内乱の渦中に投じ、戦死者、戦病死者が出たような場合は、何と言ってお詫びしたらよいのか。
 部隊長が残留を希望するような場合には、その部下の大隊長、中隊長が義理で残留することになり、またその部下も義理を立てて残る。本当のところ帰りたいという兵隊まで残るということになるが、それは罪悪である。部隊長として残留を希望するならば天津まで部下を連れて出て、その部下が無事に復員船に乗船するのを見届けてから、再び山西に取って返し自分の志を果たすべきである。
 帰還に関する限り、軍司令官から一兵卒に至るまで、思想を統一して相手側と交渉すべきものと思う。このようにしなければ、到底順調な帰国はできないと信じる




スポンサーサイト
米濱泰英『日本軍「山西残留」国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後』オーラルヒストリー企画

夏からこちら忙しく、過去最悪レベルの積読状態の中、ようやく読み終えた一冊。Amazonのレビューに「本書によって山西残留事件は総括されたと言える。本書の登場で、山西残留事件は、今後、歴史として扱われるようになる。 」とあるが(このレビュアーは日華事変と山西省の管理人さんではないかと思う)、正にその評通り。山西残留問題というと、『無国籍兵団』と平野零児の著作を二冊ほど読んだぐらい、城野宏の本はずっと探しているが未だに入手できない当方にとって、この本はまさにかゆいところに手が届く内容だった。

特に私が嬉しかったのは、この件に関わった高級将校たちの人となりが、かなり詳しく描かれている点で、中でも今村方策への評価がかなり高いことには、なんともいえない感慨を抱いた。今村は太原陥落時に服毒自決したが、毒の効きが悪く苦しんでいたということを、確か平野が書いていたと思う。『無国籍兵団』の巻頭には、この「事件」を伝える当時の新聞の切り抜きの写真が載っているが、その中に、仙台在住の今村の実姉武田さんのコメントを伝える一紙がある。この方は均大将よりも上のお姉さんで、34期の武田功大佐のお母さんにあたる人(だと思う)。

それにしても宮崎中佐というと、岡村の身の回りの世話をしていた人ぐらいの認識しかなかったが、ここまでの人物だったとは。

とにかくもう少し踏み込んでみようと思い、『白狼の爪跡』を注文した。

    
国会議事録検索システムという便利なものがある。
これでキーワードを”小園”として検索してみた。⇒結果
小園安名大佐遺族への軍人恩給支給までの道のりが読める。
併せて小野田少尉の話も出ている。
サーバも軽くて使いやすいね。



ルーズベルトからの親電握りつぶしに関して、新史料発見と産経が報じている。記事はこちらにある。しかし正直どこら辺が新発見なのは分かりかねる。この話自体は昔から言われてたはずだが。まあこういう記事が出るということは、これを元にした本が出るんだろう。以上は余談。



これらも古本まつりの戦利品

『あゝ厚木航空隊』相良俊輔
『夏の空』相良俊輔
いずれも終戦直後の厚木航空隊の叛乱を描いた作品。内容もかぶっている部分が多いが、敢えて言えば前者は司令小園安名大佐の占める割合が大きいが、後者は小園が倒れた後も志を変えずに蹶起したガンルーム士官が占める割合が大きい。

台南空といえば、笹井醇一、坂井三郎、西澤広義、太田敏夫らを擁した日本最強部隊であるが、小園はその台南空の副長兼飛行長として大東亜戦争を迎えた。その後台南空が内地に帰還し二五一空となると、小園はその司令に補された。彼は早速愛弟子の遠藤幸男を呼び寄せ、また斜銃を案出した。試験的に斜銃が取り付けられた陸偵は、遠藤中尉、工藤重敏上飛曹らの操縦によって対B-17に威力を発揮し、制式化されて夜間戦闘機月光となった。後に遠藤はこの月光で、B-29撃墜王と呼ばれるようになる。しかし中央部は小園を、兵術思想を乱す輩として嫌った。横鎮附に左遷されラバウルから内地に帰還した小園の方でも、このようなデレスケデンな統帥では戦争に勝てないと、粛軍を考えていた。しかし既に理解者の山本五十六は無く、尊敬する小林省三郎中将もいない。そこで同郷の先輩である有馬正文少将に、自分を航空本部に入れてくれるように頼んだ。有馬も色々奔走したが、航本側の小園アレルギーが強く、彼の航本入りは失敗に終わった。その代わりに、首都防衛に任じる三〇二空司令に補された。ラバウルで負傷し、内地で療養していた遠藤も、腹に弾丸を入れたまま、厚木に馳せ参じた。赤松貞明もやって来た。赤松は雷電でP-51を撃墜したり、単機零戦で75機のP-51に殴りこみをかけて、1機を撃墜するなど様々な逸話を持つ剛勇であった。

ご多分にもれず?小園は古賀清志、中村義雄といった元革新将校と繋がりがあった。古賀たちのラインから大岸頼好、菅波三郎といった陸軍の元将校らも小園の元に顔を出していた。また戦備課長の佐藤裕雄大佐なども訪ねて来ていたらしい。ポツダム宣言の受諾を小園に知らせてきたのも、大岸頼好と明石寛二少佐であった。それを聞いた小園は早速横鎮司令長官戸塚道太郎中将のところに押しかけ徹底抗戦を説いたが、全く相手にされない。昨日までお前はおれの右腕だなど言っていたのに、その手のひらを返した態度に激怒した小園は、「今後、独自で行動します」と言い放ち、さっさと司令長官室を出た。第三航空艦隊司令長官寺岡謹平中将も、厚木までやってきて説得に当たったが、小園の意思を挫くことはできなかった。このとき小園が「この詔勅は陛下のお悩みの詔勅である」といったのを、寺岡が誤って、小園は陛下は御脳が悪いと言っていると報告したため、報告を受けた米内海相は激怒したという。頑強な小園に対し、戸塚は兵力の使用を主張したが、これは寺岡の反対にあった。

8月18日、小園はマラリヤを発症して倒れる。乗り込んできた寺岡中将らの協議によって21日、無理やり麻酔注射を打たれ軍病院に運び去られた。このとき小園はマラリヤ熱から発狂していたとも、いや発狂説は少しでも彼の罪を軽くするためのカムフラージュだとも言われている。司令が倒れ、副長、飛行長も抗戦意思を捨てた。しかし岩戸中尉以下のガンルーム士官たちは、初志を曲げようとはしなかった。副長らの必死の制止を振り切り、21機の零戦、6機の彗星、銀河、九九艦爆、彩雲、零式練習機各1機が厚木を飛び立った。彼らは陸軍の児玉基地、狭山基地に着陸したが、改田中尉の機は東京湾に突っ込んで自爆した。彼らの脱出を止められなかった山田飛行長は、妻とともに毒を呷って死んだ。山田は小園からの信頼も厚く、その後継者と目されていた人物であった。夫妻の飲んだ毒薬は、戸塚中将から、小園を殺すようにと渡されたものであった。

陸軍航空隊の方も、児玉基地の宇木少佐などは好意的に岩戸中尉らを迎えてくれたが、大勢は決していた。帰順を決めた岩戸中尉は、説得に来た三航艦の高橋参謀長に対し、自分の命と引き換えに60名の同志の恩赦を求めた。高橋大佐は、簡単な取調べがあるだけだと請合ったが、結局全員が東京警備隊と巣鴨刑務所に軟禁された。伊藤中尉ら狭山組は大津刑務所へ移送されたが、ここには小園司令も収監されていた。今月1日に逝去され、27日に偲ぶ会が催される元武蔵野市長の後藤喜八郎氏は、狭山組の一人で、自爆した改田中尉の親友であった。岩戸中尉は8年、他の16名は皆5年の禁固刑、狭山の伊藤中尉以下8名は皆4年、小園司令は無期禁固の判決であった。こうして厚木空の叛乱は収束したが、彼らの戦いはこれで終わりではなかった。

  



『北千島占守島五十年』池田誠編
占守島では1945年8月18日から20日にかけて我が軍とソ連軍の間に激しい戦闘があった。ソ連側の調査によれば、日本軍全体の死傷者は1018名、ソ連軍全体の死傷者は1567名であるという。編者は戦車第11聯隊長池田末男大佐の遺児。戦車11聯隊でも聯隊長以下96名が戦死した。この本は1995年に行われた占守島への慰霊の旅をまとめたもの。
ところで占守島といえば、去年ドキュメンタリー番組が放送され、当ブログでも紹介した。しかし池田氏の文章を読むと、氏ら遺族の一部の人々は、あの番組に出ていた武蔵氏ら戦友会の人々に対し、相当な不信感を抱いているようだ。氏も書いておられるとおり、遺族と(生き残った)戦友の関係というのは元よりセンシティブだ。しかしこの場合はもうちょっと色々あるようだ。ただしこの文章が書かれてから10年がたち、現在の彼等の関係がどうなっているかは窺い知ることが出来ない。池田氏が、本当に占守島にいたのかとまで疑っている武蔵氏も、相変わらず慰霊そのものは熱心に行っているようだし、他人があまり詮索することでもあるまいとは思う。ただ一つだけ。池田氏は、武蔵氏の慰霊文を読むときの格好や仕草を、オウム真理教とまで書いている。本を見る限り、武蔵氏の格好はこのときも去年も一緒だと思う。私もテレビを見て、一種独特なものを感じたが、オウムは言いすぎではないかと。いずれにせよ、北で起こった数々の悲劇が、南の悲劇より軽んじられて良い筈はない。
以前も触れましたが、これ中々良い本です。宮城事件だけではなく、水戸の航空通信師団の反乱にも詳しく触れています。私の知る限りでは一番詳しいんではないかな。この本読んでて色々と勉強になりましたが、個人的にホーっと思ったのが、佐藤好弘大尉のその後について。佐藤大尉は戦後、同期生の村上稔夫大尉の家に半年ほど居候し、その後北海道の薬局に入り婿したという。これを読んでアッと思った人は、村上兵衛マニヤだ。結構なことです。『馬のある風景』の矢藤大尉というのは、佐藤好弘大尉だったんだなあ。そう考えると感慨深い。



もう一つ。黒崎貞明の『恋闕』にこういう一節がある。

”十三日、松浦少佐が大岸頼好、菅波三郎、末松太平の三人を連れてきた。
いずれも二・二六事件の先輩同志である。
聞けば、陸軍省の嘱託だといって門をくぐったそうだ。
この時期に旧同志の”揃い踏み”とはいささかできすぎた演出であった。
(中略)
このとき、松浦少佐は、いきなり私の拳銃を取って飛び出した。
何をするのだろうと呆気にとられていると、しばらくしてから悄然として帰ってきた。
「俺は二・二六事件でも死に損なった。あの失敗が支那事変を拡大し、そしてこの大戦となり、今、日本は無条件降伏を迎えようとしている。
われわれが倒そうとした軍閥がいま、このような形で倒れようとは思ってもみなかった。
俺は貴様ほど利口ではない。ただ死に場所を見つけたいと思った。俺が梅津総長と刺し違えれば、何か別の途が開けるかも知れないと思って、総長室に行って見たが、総長は宮中に行ったあとだった。俺はまた死に損なった」といってボロボロ涙を流している。”

迂闊といえば迂闊だが、これを読んだとき、私は特に何も思わなかった。ところが終戦秘史に、この松浦少佐のフルネームが載っており、それが松浦邁だという。松浦邁と聞いてアッと思う人は、これまた相当なマニヤだw そう。「現下青年将校の往くべき道」の執筆者である(現代史資料国家主義運動1に全文掲載)。まだ見習士官のときに書かれた同文書は、菅波たち先輩を大いに驚かせた。しかしその後、改造法案を巡る東京(西田)と和歌山(大岸)の確執に首を突っ込んで、西田を怒らせ、以降表舞台に名前が出ることは無いと思う。その人がここで出てきたわけだから感慨深い。また一つ勉強になりました。

改めて松浦少佐の経歴を調べると、長らく病気を患い、昭和19年に依願退役している。終戦時は在郷軍人会の仕事をしていたようだ。しかし梅津という人はもっと暗殺対象になっていいはずの人だと思うが、真面目に彼を殺そうとした話は寡聞にして知らない(松浦少佐が不真面目というのじゃないが、もっと計画立ててという意味)。あるいは阿南の抑止力が働いていたのだろうか。

追記
末松大尉の『私の昭和史』繰ったら松浦少佐に関してちゃんと載ってた。

”彼はしかし二・二六事件にも連累しなかった。終戦のころは戦地で得た病気がもとで現役を退き東京にいたが、いよいよ日本の敗戦が決定的となたっとき「僕は五・一五でも二・二六でもなにもしなかった。こんどこそ僕の番です」といって、倒れんとする大廈を支える一木たらんとして、懸命に奔走を続けたのだった。”

にほんブログ村 歴史ブログ
0時50分より
よみうりテレビで
八月十八日の奇襲 千島列島・占守島の戦い
という番組をやるようです。
見れる環境にある人はぜひ見てください。




<内容>
慰霊会の武蔵さんが占守島をめぐるという話。
武蔵さんには当時のソ連兵と会い、どうしても聞きたいことがあった。
・ソ連兵は日本の降伏を知っていたのか?
・日本兵の遺骨はどうなったのか?
武蔵さんと会った3名の元ソ連兵の答えは
・日本の降伏は知らなかった。
・遺骨がどうなったかも知らない。
<感想>
日本降伏の件は予想通り。まあ知らしむべしの体質は、日本もあまり人のことを言えないが。最初は硬い表情をしていた元ソ連兵が最後は武蔵さんに握手を求め一生懸命名前を聞きとり、そのうちの一人は、自宅に武蔵さんを招待した。

<内容>
ヘリで占守島に向かう武蔵さん。ヒグマが川で魚を獲ってる。
占守島を開拓したのは幸田露伴の兄郡司成忠。
武蔵さん戦跡を歩く。灯台を管理するロシア人夫妻と再会。
今も四嶺山に残る野砲。ロパトカ岬を向いている。終戦と同時に緒元を焼いてしまっていたので、本来は使えなかった。しかし奇跡的に、小隊長が個人のメモ帳に角度や炸薬量を書いていた。それがなければ、多くの日本人がやられていた。
<感想>
野砲の話は初めて聞く話。日本兵の遺骨はどうせ適当に始末してしまったんだろうな。まあこれも日本はあまり人のこと言えないが。

<内容>
アライト富士が美しく見える今井崎に移動。
武蔵さんたった一人の慰霊会。慰霊文を読み上げるが涙に詰まる。
<感想>
軍事的な話が出るかな?堤師団長や池田聯隊長が出てくるかな?と期待してみてたけど、そういう方面の収穫は無し。
しかし、武蔵さんの御人柄もあって、良い番組だった。
見て良かった。よみうりGJ。
(師団は本部じゃなくて司令部というべきだけどな)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。