近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
まずは近況をば。今月は全然書いてませんが、一応新プロジェクトを進めてまして、そっちにかかりっきりとなってます。来月には何とか目途をたてられそうです。

で、読売のWEBから2題。
旧日本軍将校ら、吉田首相暗殺を計画…CIA文書

旧日本軍の参謀本部作戦課長を務め、戦後は連合国軍総司令部(GHQ)の秘密工作に関与した服部卓四郎氏らが1952年7月、当時の吉田茂首相の暗殺を企てていたとする報告が解禁された米中央情報局(CIA)の文書から見つかった。

 同年10月31日付のCIA文書によると、服部氏ら旧日本軍将校を中心とする6人のグループは、吉田首相が公職から追放された者や国家主義者に敵対的だとして不満を募らせ、暗殺によって首相を鳩山一郎氏にすげ替える計画を立てた。

 しかし、戦時中からの盟友で、グループの表向きの代表になっていた元陸軍参謀の辻政信氏が「クーデターを起こす時ではない」「敵は保守の吉田ではなく、社会党だ」と説得し、思いとどまらせたという。

 CIA文書には、計画の具体的な内容は記されていない。

 一方、同年に衆議院議員に当選した辻氏は61年、ラオスで消息を絶つが、CIA文書は北ベトナムからラオスを経て中国に入り、63年、共産党当局に拘束された可能性を指摘している。中国で処刑されたとする未確認情報もあるという。


児玉氏・辻氏は使えず…米反共工作でCIA分析

 米国の情報機関が東西冷戦初期、日本の戦犯容疑者や右翼を使って進めようとした反共工作や情報収集について、米中央情報局(CIA)が役に立たないケースが多かったと分析していたことがわかった。

 AP通信が24日、米国立公文書館で2005~06年に解禁されたCIAの極秘文書をもとに伝えた。

 それによると、CIAなどの米国の情報機関は第2次世界大戦後、右翼の大物で後にロッキード事件の被告になった児玉誉士夫氏や戦犯容疑を免れた元陸軍参謀の辻政信氏らに接近した。

 しかし、CIAの文書は「彼らは自らの威信や利益のために情報をたびたび捏造(ねつぞう)した」「日本の戦後は、驚くべき数の、役立たずの情報提供者を生み出した」と指摘。工作資金を持ち逃げされたり、同じ情報が米国の複数の機関に売られたりした例もあったという。

 児玉氏の反共工作への関与の程度は不明だが、CIAは1953年の文書で、「情報要員としての価値は無きに等しい。彼はプロのうそつき、ギャング、ペテン師、大泥棒だ。もうけることにしか関心がない」と酷評。辻氏については、連合国軍総司令部(GHQ)の情報部門が対中工作を指揮させようとしたものの、逆に日本の再軍備のために米国を利用しようとしたと分析し、「第3次世界大戦さえ起こしかねない男」(54年の文書)と警告した。


二・二六事件から71年目の今日、こんなことを書くのは不謹慎ですが、辻氏幻想の高まる記事ですなあ。そういえば最近読んだ大野芳『革命』でも、辻は川南豊作からクーデター計画を打ち明けられているんですよ。結局その後ラオスへ旅立ち消息を絶つんですが。
それにしても吉田が服部グループを嫌い、再軍備に際して彼等をパージし辰巳栄一を起用したのは夙に知られる話ですが、ここまで深刻な対立があったとは。堀場西浦は知ってたんだろうか?気になる。


にほんブログ村 歴史ブログ
スポンサーサイト
今月の文藝春秋に二・二六事件に関する記事があった。例の元NHKによる。相も変わらずの告示午前説に栗原コミンテルン説と吐き気のするような内容。コヤツも大概だが聞き手の売文屋もひどい。書いてるだけで腹が立つのでこの件はこれくらいで。

大分前になるが、桜井徳太郎について書いてくれというようなコメントを頂いた。そこでふと考えたのだが、彼に関しては、軍人時代の話ならある程度資料も持っているが、戦後の話については全く無い。”戦後”というのは要するに三無事件のことである。そこで何か良い本ないかなと探して知ったのが大野芳著『革命』。分厚い本でまだ半分もいってないが、かなり面白い。本筋と関係ないが、伊藤佐又と岸信介が親類というのは知らなかった。

いよいよ明日はオーシャンエイプスがきさらぎ賞に出走する。久々に淀に行きたいけど先立つものも時間もない。どうも怪我が気になる。将来的には距離も壁になりそう。まあ心静かにテレビで応援することにする。それにしてもキングス、エイプス、マースにタイガースとスばっかりだな。”オーシャンはオーシャンでもクルーズの方だ”なんてことも競馬ではあるからなあ。

 
怖くて勘定できない数字ってありますよね。私もいろいろありますが、最近なら本代かな。渡邊錠太郎は給料の半分が丸善への支払いとかいわれた人ですが、元が高けりゃ問題ないですよね・・・

まあそれはそれとして、表題は9月7日の朝日新聞の朝刊、加藤千洋編集委員の記事。地域別でいうと欧州が17人、米加が15人、ロシア9人、アジア9人だそうです。カーネル・サンダース、ルソー、マルクス、エンゲルス、レーニン、スターリン、ニクソン、キッシンジャー。アンデルセン、イプセン、スピルバーグにMJなどなど。

日本からは6人。
・日清戦争を主導した伊藤博文。
・「中国」派遣軍司令官岡村寧次
・日本軍国主義の責任者昭和天皇
・「経営の神様」松下幸之助
・誠心誠意謝罪し日中国交正常化を実現した田中角栄
・著名な映画俳優高倉健
何処の国でも最初と最後やはり印象が強いですね。差し詰め日本ならペリーとマックでしょうか。岡村は最後の支那派遣軍総司令官です。さらに北支那方面軍司令官も務めてましたから、中国共産党としては恨み骨髄といったところでしょう。中国共産党は彼の首を欲しましたが、蒋介石がそれを助けました。しかし日本での知名度ではどうでしょうね。6人の中では段違いに低いんじゃないでしょうか。私のような趣味の人間から見れば超メジャーな人物ですがね。逆にペリーなんかもあんまり高くないんじゃないですかね。まあこれは想像で、未確認ですけど。

ちなみにチャンイーモウによれば、中国における健さんは、日本におけるペを何十倍何百倍にした人気だそうです。「君よ憤怒の河を渡れ」って私は見たこと無いんですが、これが逆に海外から日本への輸入物で、現代日本でヒットしたら、略されて「君憤」ですか。

にほんブログ村 歴史ブログ
http://www.sankei.co.jp/news/morning/27iti001.htm

発見された御二人は30Dの捜索聯隊のようですね。30Dといえば一部はレイテに派遣されましたが、主力はミンダナオで終戦を迎えてますから、辻褄は合いますね。
しかし政府はホントに誠意を以って対応すべきですよ。靖国参拝も良いですけど、残留日本人や遺骨問題はいつになったら本腰入れるんでせうか?

とにかくすべての方々の1日も早い帰国を願って止みません。
日テレのニュースでもやってました。

比で旧日本兵2人生存か 大使館員が面会へ
 フィリピン南部ミンダナオ島に旧日本兵2人が生存しているとの情報があり、マニラの日本大使館員が27日、同島を訪れ、ジェネラルサントス市のホテルで面会する。日本政府筋が26日、明らかにした。
 2人は同市に近い山中に暮らしていて、旧日本兵の遺骨収集活動をしている日本人と出会ったという。この日本人の仲介で大使館員との面会が実現する。第2次大戦の終戦を知らずに過ごしていたかどうかや、現地で家族など生活の基盤を持っているかなど詳細は不明。
 日本政府筋によると、2人は旧日本兵であることを証明するものを所持しているとされ、漢字で書いた名前を示したという。大使館員が身元を含め事情を聴く。(共同)


ミンダナオ島というと第35軍の第30師団、第100師団(名古屋)や独立混成第54旅団(仙台)がいましたが、まあ必ずしも終戦時にミンダナオにいた部隊とは限らないですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。