近衛読書中隊

挙措において簡素 言語において細心 熱狂において慎重 絶望において堅忍  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

  • Bruce Springsteenの新譜が売れまくってるらしい
  • ブレンダン・オブライエンプロデュースのボスのニューアルバム”Magic”が世界中ですごいチャートアクションを見せているらしい。今私も聞いてるが、確かにかっこいい。ただ1曲目のRadio Nowhereのフックが強すぎて、後の曲が地味に聞こえてしまうのが難点か。アルバムの全てを味わうには時間がかかりそう。



  • 図書出版社の戦記が光人社NF文庫で再販されている
  • 図書出版社の戦記ものといえば支那戦線が中心で、執筆者は前線の将校下士官だった人が多く、古本屋では大体1000円~1500円くらいで売られている。その図書出版社の本が最近、光人社NF文庫から出ている。『大本営報道部』、『長沙作戦』、『通信隊戦記』などに続き今月は『華中作戦』が出版された。まだ10冊はあるはずだから、これからもどんどん出版されることを期待する。
      


  • 3歳クラシック2着馬に外れは少ない?
  • 今年の菊花賞を制したのはダービーでウオッカの2着だったアサクサキングス。ダービーで2着した馬はダンスインザダークのような本命サイドやライスシャワーのような穴馬を問わず、成績を残す馬が多い。それでは強い馬が勝つと言われる菊花賞の2着馬はというと、これも近年はなかなか好成績だ。皐月賞2着はやや落ちる感じがするが、やはりクラシックの2着馬というのはそれなりに力があるといえるだろう。これが3着になると、3強とか言われていた年を除くとやや落ちる。皐月賞、ダービーと3着、3着だったメイショウジェニエなんかも結局オープンで勝てなかった。

スポンサーサイト
クリスとデイブ、なぜ差がついたか...慢心、環境の違い

イヤイヤイヤイヤ、冗談ですよ。クリスも大好きでしたよ。Sweet75も結構好きだし。
それにしても「慢心 環境」でググッた結果、クソワロタ。
フーファイってもう6枚目になるんですねえ。
彼らには常に一味足りない感じを抱いていた私的には、今作が一番です。
それでも星4つって感じですが。

この連休は祭りという地区が多かったのではないでしょうか。
私は四天王寺の古本祭りに行くかどうか迷ったんですが、結局止めました。
先立つものも無いし。来月頭の百万遍の方に行くつもりです。

  



ブライアン・セッツァー・オーケストラの新譜。ウルフギャングというところからもわかる通り、クラシックの名曲をアレンジしたもの。

1.Take The 5th
  ベートーヴェン/「交響曲第5番 運命」  
2.One More Night With You
  グリーグ/「ペールギュント 第1組曲 山の魔王の宮殿にて」
3.Wolfgang's Big Night Out
  モーツァルト/「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
4.Honey Man
  リムスキー=コルサコフ/「熊蜂の飛行」
5.Yes We Can Can
  オッフェンバック/「天国と地獄」より“カンカン”
6.Swingin' Willie
  ロッシーニ/歌劇「ウィリアム・テル」序曲
7.Sabre Dance
  ハチャトゥリアン/「剣の舞」
8.For Lisa
  ベートーヴェン/「エリーゼのために」
9.Here Comes The Broad
  ワーグナー「ローエングリン」&メンデルスゾーン「結婚行進曲」
10.1812 Overdrive
  チャイコフスキー/序曲「1812年」
11.Some River In Europe
  J.シュトラウスⅡ/「美しく青きドナウに」
12.Take A Break Guys
  「世の人忘るな」

Track2と4以外はインストです(ブライアン・セッツァーが歌ってんのはFMで流れてる2だけ)。この辺が引っかかるという人もいるでしょうから、念のため。
センセ、運動会にどうでしか?


ついでに。本題とは関係ないけど、火狐&Winampユーザなんで、Foxy Tuneというアドオンを使い始めた。これ結構便利っすよ。
http://d.hatena.ne.jp/hmiyaza1/20070430/1177905009
いや、まあ本人が出す言うてはるんで。タイトルはやっぱり『チャイニーズデモクラシー』みたいだ。アルバムを完璧にするためにUSツアーの一部がキャンセルされることが同時に発表されたが、こちらの方は確実
http://www.nme.com/news/guns-n-roses/25496

"Rather than delay the album yet again, all involved have decided to remove these shows from GNR's schedule."

まだ遅れるだろ、コレ。

しかしえらいタイトル選んだもんだよなあ。中国の民主化はまだ当分ないと思うが。『ノースコリアンニュークリアー』とかにしとけばよかったのに。
帰ってきてテレビつけたら、マーティ・フリードマンが喋ってた。

日本語で。

やっぱやばいねこの人。

ところでデイブ・ムステインって今何してんのかね?

アリスにはアフロが入ったらしいし、もう最近の音楽シーンさっぱりわからん。



しかし中日が負けると、律儀に負けるね。付き合いの良いこって。

しかしこの時期に桧山とか使うのは犯罪ですよ。
最近はやってますね、you tube
何気に検索してたら見つけました、Wallflowers

one headlightは個人的には90年代ベスト3に入る名曲です。何気に一番成功してる二世じゃないですかね、ジェイブ・ディランって。まあ私自身彼をボブの息子という目ではまったく見てませんが。

メガヒットしたセカンドアルバム。
グラミー親子同時受賞。
1曲目のイントロ2秒でイカレました。
奇跡の名盤。
one headlight
↑you tubeで見っけた↓必見
Wallflowers & Bruce Springsteen - One Headlight (Live)



これまた大ヒットアルバム。
アルバム全体のレベルは前作を凌ぐんじゃないですかね。
Sleepwalker

↑you tubeで見っけたPV↓
Letters From The Wasteland



前二作ほどのヒットはしなかったが、
個人的にはかなり好きです。


ブレンダン・オブライエンプロデュースの最新作。
遅効性、じわじわくる。



これはゴジラのサントラに提供したボウイのカバー -> Heroes

こんなのもあった。 Jeff Buckley - Grace なんか泣けてしょうがない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。